fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

<   2017年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

111 阿漕駅 (JR東海)

a0057057_19272871.jpg

a0057057_19314062.png

所在地:三重県津市大倉12-24
所属・路線:東海旅客鉄道株式会社・紀勢本線
電報略号/事務管コード:アコ/622004
キロ程:19.3km(亀山起点)

歴史:
かつては付近に紡績工場があり、比較的大きな貨物駅であったため、津駅よりもにぎわっていたという。また国鉄駅からやや離れた所には、明治42(1909)年から昭和17(1942)年にかけて中勢鐵道の阿漕驛が存在した。駅の南東のヤード跡は現在シーテックの三重支社が建っている。
明治26(1893)年12月31日 - 参宮鐵道が津 - 相可(現・多気) - 宮川間で開業した際に設置。
明治40(1907)年10月1日 - 国有化。
明治42(1909)年10月12日 - 線路名称制定。參宮線の所属となる。
昭和34(1959)年7月15日 - 線路名称改定。当駅を含む参宮線亀山 - 多気間が紀勢本線に編入される。
昭和58(1983)年12月21日 - 無人化。
昭和62(1987)年4月1日 - 国鉄分割民営化により東海旅客鉄道が承継。
平成27(2015)年3月2日 - 新駅舎竣工。
a0057057_19483533.png
駅構造:
単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合わせて2面3線を有し、単式ホームに接して駅舎のある地上駅。二つのホームは跨線橋で結ばれている。2・3番線はワンマン列車の乗降口が上屋の外になるため荒天時の乗降は厳しい。一線スルー配線となっているため、行き違いがない場合、通過列車は上下とも2番線を通過するが、停車列車については原則として下り列車は1番線、上り列車は2番線を使用する。
津駅管理の無人駅。

a0057057_19275861.png平成26(2014)年9月30日より駅舎建替工事が行われ、平成27(2015)年3月2日に竣工した。規模は非常に縮小され、トイレも撤去された。 改築前は、大きな木造駅舎(右写真)があったが、荒れた状態となっていた。個室トイレはくみ取り式であった(駅舎は平成26年中に取り壊わされた)。

のりば:
1番線 紀勢本線 下り 松阪・伊勢市方面
2・3番線 紀勢本線 上り 亀山・名古屋方面

バス路線:
三重交通の阿漕駅口バス停が駅前ロータリーより100メートルほど離れた右手の道路上に置かれ、以下の路線バスが発着する。
 15-0系統 津駅(三重会館経由)
 15-1系統 榊原温泉口駅(青谷・久居駅・下村経由)
 15-1系統 榊原車庫前(青谷・久居駅・下村経由)
 16-0系統 津駅(三重会館経由)
 16-1系統 榊原車庫前(青谷・久居駅・いなば経由)

出典・参考:Wikipedia「阿漕駅」(最終更新:2017年3月28日)
現地取材:
記事投稿:27.4.22
  調整:29.12.31

[PR]
by fbox12 | 2017-12-31 23:19 | 鉄道・バス

238 新羽島駅 (名鉄)

a0057057_22570143.png

a0057057_22572309.pnga0057057_22580024.png
a0057057_22592607.pngしんはしま

所在地:岐阜県羽島市舟橋町宮北一丁目1番地1
所属・路線:名古屋鉄道株式会社・羽島線
駅番号:TH09
キロ程:1.3km(江吉良起点)
乗換:JR東海・東海道新幹線(岐阜羽島駅)

概要:
当初、当駅は岐阜市から東海道新幹線岐阜羽島駅へのアクセス路線として開業した。しかし、名鉄岐阜駅から当駅までの乗車時間は20分以上かかり、岐阜からはJR東海の快速や名鉄の特急で名古屋駅(名鉄名古屋駅)までの所要時間とあまり変わらない上に停車する列車の本数の差も大きい(新幹線は一部の「ひかり」号(名古屋以西が各駅停車のもの(博多・広島行きを除く。毎時1本))と「こだま」号しか停車しない)ため、岐阜市内からの新幹線アクセスについては名古屋駅への東海道本線や名鉄本線の利用も多く、羽島線は地元高校生の岐阜市内へ通学や、岐阜県立看護大学の学生の通学等に主に利用されている。名鉄の全ての駅の中で最も西にある。

歴史:
昭和57(1982)年12月11日 - 開業。a0057057_23060358.png
平成14(2002)年1月3日 - 羽島市役所前発新羽島行きの普通列車が雪でスリップし車止めに衝突する事故が発生(名鉄新羽島駅電車衝突事故)。この影響でホーム長を短縮。4両編成の場合は後部2両をドアカットする(事故から1年以上経ち、安全が確認されたとして、停車位置を事故以前の10メートルほど笠松寄りとしたが、ドアカットはなくなった)。
平成19(2007)年11月20日 - 無人化。
 12月14日 - トランパス導入。
平成23(2011)年2月11日 - ICカード乗車券「manaca」の利用が可能となる。
平成24(2012)年2月29日 - トランパスの使用が終了。

駅構造:
a0057057_23052308.png駅集中管理システム導入済の無人駅(名鉄岐阜駅管理)。4両編成まで対応の単式1面1線ホームを持つ高架駅であるが、エレベーターもエスカレーターもない。ホームへの移動は車いす対応チェアメイトが必要である(前日18時までに名鉄岐阜駅まで連絡して使用)。なお、将来の1面2線に対応する準備もされてい。便所は1階にあり、水洗式。ホーム上には待合室がある。ホームと駅舎は若干離れており、屋根付きの連絡通路で繋がっている。

のりば:
羽島線 竹鼻・笠松・岐阜方面

出典・参考:Wikipedia「新羽島駅」(最終更新:2017年4月15日)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%BE%BD%E5%B3%B6%E9%A7%85

現地取材:29.9.16 / 29.11.19
記事投稿:29.12.25

[PR]
by fbox12 | 2017-12-29 22:25 | 鉄道・バス

第佰拾壱 三浦三太夫霊神 神奈川県小田原市鎮座

a0057057_10262754.png

鎮座地:神奈川県小田原市入生田127
祭神:

概要:
以前には、「前田の稲荷」 と呼ばれ、箱根登山鉄道の線路を正面にして石鳥居と石洞、五輪塔がある。登山鉄道の電車の安全を祈念したという話も残る。
40 年ほど前から「三浦三太夫霊神」として祭られるようになった。
近くに小田原市指定天然記念物「入生田のカゴノキ」(指定:昭和56(1981)年3月30日)がある。

注、現在箱根登山鉄道の小田原 - 箱根湯本間は小田急車両のみの運行になっているが、入生田(の小田原寄り)にある箱根登山鉄道の入生田検車区に箱根登山の電車が入出庫するため、入生田 - 箱根湯本間(正確には、入生田の小田原寄りと箱根湯本の入生田寄り)は3線軌条となっている(箱根登山 1,435mm、小田急車 1,067mmで軌間が異なるため)。
入生田駅付近では2番線(上り、小田原方面:写真の手前に見える線路)のみが3線軌条となっている。

神社最寄の駅・バス停:
 箱根登山鉄道 入生田駅
 箱根登山バス / 伊豆箱根バス 入生田(停)

参考:Wikipedia「入生田駅」(最終更新:2017年12月8日)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A5%E7%94%9F%E7%94%B0%E9%A7%85

現地取材:
記事投稿:29.12.25

[PR]
by fbox12 | 2017-12-25 11:47 | 神社

237 竹鼻駅 (名鉄)

a0057057_10075533.png

a0057057_10001428.pnga0057057_10034923.pnga0057057_10085151.png
所在地:岐阜県羽島市竹鼻町狐穴栄町3305
所属・路線:名古屋鉄道株式会社・竹鼻線
駅番号:TH06
キロ程:8.6km(笠松起点)

概要:
駅舎に向かって左側には隣接して旧竹鼻鐵道の本社(木造2階建)があった。名古屋鉄道へ合併後も倉庫などとして建物を利用していたが、昭和55(1980)年頃に老朽化のため取壊し、跡地を月極駐車場に転用している。また、竹鼻線開通当初からホームと反対側に検車庫も併設されていた。検車設備は昇圧(昭和37(1962)年)後に撤去されたが、その後も暫く側線として車輌の一時留置や軌道改良の資材置場などに使用していた(タイトル写真電車左側:昭和55(1980)年頃に沿道を拡幅するため用地を羽島市へ売却)。
第2回「中部の駅百選」選定駅。

歴史:
大正10(1921)年6月25日 - 竹鼻鐵道の竹鼻驛として開業。
昭和4(1929)年2月19日 - 栄町驛に改称。
昭和18(1943)年3月1日 - 合併により名古屋鐵道の駅となる。
昭和26(1951)年1月1日 - 竹鼻駅に改称。
昭和57(1982)年12月11日 - 羽島新線開通に伴うダイヤ改正で急行停車駅となる。(平成13(2001)年ダイヤ改正で急行運転消滅)
平成19(2007)年11月20日 - 無人化。
 12月14日 - トランパス導入。
平成23(2011)年2月11日 - ICカード乗車券「manaca」供用開始。
平成24(2012)年2月29日 - トランパス供用終了。

駅構造:a0057057_10505338.png
単式1面1線ホームを持つ地上駅。駅集中管理システム(名鉄岐阜駅管理)導入済の無人駅である。ホームに隣接してあった旧荷物取扱所を改造し、自転車駐輪場を併設している。以前はこの駐輪場の入口が改札口(駅員が管理)となっていたため、ホームの中へ自転車を持って入る珍しい光景が見られたが、無人駅(駅集中管理)化による工事に伴い、駐輪場の場所はそのままで改札内から切離し、道路側(駅舎外)から駐輪場へ直接入るように変更された(写真青屋根の部分)。
また、同じく無人駅化の工事に伴い駅舎の窓がふさがれ、車椅子対応のスロープが設置されるなど、外観が変化した。


a0057057_10562283.pngのりば:
竹鼻線 下り 新羽島方面 / 上り笠松・名鉄岐阜方面


出典・参考:Wikipedia「竹鼻駅」(最終更新:2017年4月15日)

現地取材:29.11.19
記事投稿:29.12.25

[PR]
by fbox12 | 2017-12-25 11:46 | 鉄道・バス

236 羽島市役所前駅(名鉄)

a0057057_21390238.png

a0057057_21530950.pnga0057057_21535230.pnga0057057_21542540.png
a0057057_21552782.pngはしましやくしょまえ

所在地:岐阜県羽島市竹鼻町宮町761
所属・路線:名古屋鉄道株式会社・竹鼻線
駅番号/旧事務管コード:TH07/6752792
キロ程:9.6km(笠松起点)

歴史:
昭和4(1929)年4月1日 - 竹鼻驛として開業(同時に現在の竹鼻駅は栄町驛に改称)。
昭和26(1951)年1月1日 - 西竹鼻駅に改称(同時に栄町駅から現在の竹鼻駅に改称)。
a0057057_22362957.png
昭和34(1959)年4月1日 - 羽島駅に改称。
昭和57(1982)年12月11日 - 羽島市役所前駅に改称。
平成7(1995)年10月 - 駅舎改築。
平成17(2005)年10月30日 - 当駅 - 江吉良間の高架化によりホーム位置が東へ移動(右写真:江吉良方からの笠松行き。高架を下りて来るのがわかる)。
平成19(2007)年11月12日 - 自動改札機導入。
 12月14日 - トランパス導入。
平成23(2011)年2月11日 - ICカード乗車券「manaca」供用開始。
平成24(2012)年2月29日 - トランパス供用終了。

駅構造:
島式1面2線ホームを持つ地上駅。名古屋本線と接続する笠松駅を除くと、竹鼻線・羽島線では唯一の有人駅である。駅舎とホームとは構内踏切で連絡している。この先の江吉良駅・新羽島駅とも交換設備がなく、1列車しか入線できないため、当駅で上下列車の交換を行う。
始発・最終列車などは当駅 - 笠松方面間の運転である。原則左側通行であるが、当駅折り返し列車があるため、双方の線路共両方向に出発信号機を備えている(タイトル写真は新羽島方の出発信号機が写っている)。夜間には2編成が停泊し、乗務員の宿泊施設も存在する。
a0057057_22361011.png大須方面の路線があった頃は隣の江吉良駅を約半数の普通列車も通過していたため、当駅が乗り換え駅であった。また、江吉良駅にあった大須・新羽島方面の分岐点の操作を、大須方面廃止まで当駅から遠隔で行っていた。

のりば:
1番線 竹鼻線下り 新羽島方面(写真左側)
2番線 竹鼻線 上り 笠松・名鉄岐阜方面
(写真列車が入線している側)

バス路線:
羽島市コミュニティバス南部線(大須方面行き)
名鉄竹鼻線廃止区間(江吉良駅 - 大須駅)に沿って走るバス。なお、江吉良駅には止まらない。

出典参考:Wikipedia「羽島市役所前駅」(最終更新:2017年4月15日)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E5%B3%B6%E5%B8%82%E5%BD%B9%E6%89%80%E5%89%8D%E9%A7%85

現地取材:29.11.19
記事投稿:29.12.24

[PR]
by fbox12 | 2017-12-24 21:57 | 鉄道・バス

第九佰壱 NTT西日本八ツ寺ビル前の小詞 岐阜県岐阜市

a0057057_15542618.png

所在地:岐阜県岐阜市八ツ寺町一丁目15番地先
祭神:

道路上にある小詞。

現地参拝:29.11.19
記事投稿:29.12.22

[PR]
by fbox12 | 2017-12-22 16:12 | 神社

7-274 裾野御宿郵便局 静岡県裾野市御宿

a0057057_10155638.pngすそのみしゅく*

所在地:静岡県足裾野市御宿689-5
店番:23247
局種:無集配の直営局

最寄駅・バス停:
JR御殿場線・裾野駅から富士急シティバス 御宿(停)

貯金取扱:29.12.12
記事投稿:29.12.22

[PR]
by fbox12 | 2017-12-22 10:58 | 郵便局・銀行

235 裾野駅(JR東海)

a0057057_14561733.png
a0057057_15075754.pnga0057057_15082757.pnga0057057_15303885.png
a0057057_15303835.pngすその

所在地:静岡県裾野市平松378-1
所属・路線:東海旅客鉄道株式会社・御殿場線
電報略号:スソ
キロ程:50.7km(国府津起点)

概要:
裾野市の中心市街地に位置する市の代表駅である。国府津駅から御殿場駅を経由し沼津駅へと向かう御殿場線の中間駅であり、かつては普通列車に加え新宿駅と沼津駅を結ぶ特急「あさぎり」が停車していた。駅の開業は明治22(1889)年で、昭和9(1934)年まで東海道本線の一部であった御殿場線の開通と同時に開設された、御殿場線で最も古い駅の一つである。開業当時の駅名は、地名に由来する佐野(さの)驛であった。大正4(1915)年に、大阪府にある佐野驛(昭和23(1948)年以降は泉佐野驛)や栃木県にある佐野駅と紛らわしい、という理由で現在の裾野驛に改称した。改称時に「裾野」を名乗る市町村はなく、富士山の裾野にあるから、あるいは箱根山・愛鷹山の山間にあるから「裾野」と名付けられたと言われる。周囲の町が裾野町(裾野市の前身)となったのは駅名改称の後の昭和27(1952)年のことであり、町名の「裾野」は駅名に由来していると言われる。

歴史:
明治22(1889)年2月1日 : 官設鉄道(当時は内閣鐵道局)の佐野驛として、國府津 - 靜岡間の開通時に開業。旅客・貨物営業を開始。
明治42(1909)年10月12日 - 線路名称制定、当駅を通る路線を東海道本線と命名。
大正4(1915)年7月15日 - 裾野驛に改称。
昭和9(1934)年12月1日 - 熱海 - 沼津間開通に伴い、東海道本線國府津 - 裾野 - 沼津間は御殿場線に改称。
昭和43(1968)年7月1日 - 御殿場線御殿場 - 沼津間電化(タイトル写真は、電化開業前日のもの)。
昭和49(1974)年5月10日 - 貨物の取扱いを廃止(タイトル写真に貨物ホームが写っている)。
昭和59(1984)年2月1日 - 荷物の取扱いを廃止。
昭和62(1987)年4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東海が継承。
平成22(2010)年3月13日 - ICカードTOICAの利用が可能となる。
平成24(2012)年3月17日 - 特急「あさぎり」号の運行区間が(小田急)新宿駅 - 御殿場駅に短縮されたことにより当駅乗り入れ廃止。
平成29(2017)年2月25日 - エレベーター設置。始発列車から利用開始。

駅構造:
当駅は、ホームが地面に接する地上駅で、島式1面2線ホームがある。
ホームのある線路の他、保線車両の留置に使用されるホームのない側線が上下線の外側に1本ずつある。

のりば:
1番線 御殿場線上り 御殿場・国府津方面
2番線 御殿場線下り 沼津方面

1番線には下り列車のための出発信号機が設置されており、当駅で折り返す下り列車の設定が可能である。

駅舎・設備:
駅舎および改札口は、構内西側と東側の2か所にある。構内西側にある駅舎が駅本屋で、ホームから1番線を跨ぐ跨線橋を渡った先に設置されている。駅本屋内にはみどりの窓口や自動券売機、キヨスクがある。構内東側、ホームから構内踏切で2番線を渡った先にある駅舎にも駅員が配置されており、内部には自動券売機が設置されている。平成29(2017)年2月25日からエレベーターが設置され、西側改札口からエレベーターで通行が可能となった。当駅はJR東海の駅長・駅員配置駅(直営駅)で、管理駅として、裾野市・長泉町・沼津市にある御殿場線の4駅(岩波駅・長泉なめり駅・下土狩駅・大岡駅)を管理している。

バス路線:
駅の西口側に「裾野駅」という名称のバス停留所(バス停)が設置されている(取材時駅前整備中)。このバス停には、富士急シティバスの路線バスと、裾野市内を循環するコミュニティバス「すそのーる」が発着している。裾野駅バス停に発着するバスは以下の通りである。

富士急シティバス
 下和田上行
 須山行(下和田上・裾野バスストップ経由)
 十里木行(須山経由、冬季以外の運行)
 ぐりんぱ行(須山・富士サファリパーク経由、冬季以外の運行)
 イエティ行(富士サファリパーク・ぐりんぱ経由、冬季のみ運行)
 東急千福ヶ丘行
 青葉台団地行
 長泉なめり駅行
 三島駅行
a0057057_21280292.png

「すそのーる」(循環バス、全便当駅発当駅行:富士急シティバスが受託運行)
 富沢・桃園循環
 茶畑・平松循環
 富岡・深良循環

出典参考:Wikipedia「裾野駅」(最終更新 2017年12月15日)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%BE%E9%87%8E%E9%A7%85

現地取材:43.6.30
     29.12.12
記事投稿:29.12.17

[PR]
by fbox12 | 2017-12-21 21:35 | 鉄道・バス

第佰拾 御宿八幡宮 静岡県裾野市鎮座

a0057057_16192019.png

a0057057_16200161.pnga0057057_16263029.pnga0057057_16452119.pnga0057057_16521052.png
みしゅくはちまんぐう

鎮座地:静岡県裾野市御宿27
祭神:

a0057057_16580519.pnga0057057_17002641.pnga0057057_17032219.pnga0057057_17041777.jpg
a0057057_17065850.png

この神社最寄の駅・バス停:
JR御殿場線・裾野駅から
裾野市コミュニティバス「すそのーる」
 富岡・深良循環(東回り/西回り) 御宿八幡宮前
http://www.city.susono.shizuoka.jp/kanko/2/5/3519.html

現地参拝:29.12.12
記事投稿:29.12.21

[PR]
by fbox12 | 2017-12-21 21:14 | 神社