fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

2018年 01月 31日 ( 1 )

245 春日駅 (都営地下鉄)

a0057057_10003881.pnga0057057_10341074.pnga0057057_10350335.png


















かすが

所在地:東京都文京区本郷四丁目15-16(三田線)
    東京都文京区春日一丁目16-17(大江戸線)

所属・路線:東京都交通局
電報略号:春(駅名略称)
乗入路線:(都営地下鉄)三田線
 駅番号:I12
  キロ程:11.3km(目黒起点)


(都営地下鉄)大江戸線
副駅名:文京シビックセンター前
 駅番号:E07
 キロ程:6.8km(都庁前起点)

乗換:後楽園駅(東京地下鉄丸ノ内線・南北線)

概要:
春日の地名は江戸時代、春日局の領地だったことに由来する。駅名は町名から付けられたものだが、計画時の仮称は「春日町」であった。
三田線と大江戸線が乗り入れており、東京地下鉄(東京メトロ)後楽園駅に連絡改札口(東京都交通局の管理)を介してつながっており、同社の丸ノ内線と南北線に乗り換えができる。連絡改札口は大江戸線ホーム中央の階段を下りた所に設置されている。平成25(2013)年3月16日より、この連絡改札口を経由して後楽園駅の駅構内を通過できる、駅構内通過サービスが導入された。
大江戸線側(連絡改札口を含む)は直営駅、三田線側は東京都営交通協力会が受託する業務委託駅になっている。

歴史:
昭和47(1972)年6月30日 - 都営地下鉄6号線、日比谷~巣鴨間開業と共に開業。
昭和53(1978)7月1日 - 都営地下鉄6号線を「三田線」に改称。
平成12(2000)年7月 - 三田線ホームにホームドアを設置。
 12月12日 - 都営大江戸線国立競技場~清澄白河~都庁前間全線開業により乗換駅になる。同時に営団地下鉄(現・東京メトロ)と乗換業務を開始(接続:後楽園駅)。
平成24(2012)年5月13日 - 大江戸線ホームにホームドアを設置。
 6月23日 - 大江戸線ホームのホームドア稼動開始。
平成25(2013)年3月16日 - 駅構内通過サービス導入。(春日駅⇔後楽園駅)
平成27(2015)年4月1日 - 三田線業務が日比谷駅務管理所水道橋駅務区から上野御徒町駅務管理所上野御徒町駅務区に移管される。

駅構造:
三田線は相対式ホーム2面2線の地下駅で、ホームは地下1階に、大江戸線は島式ホーム1面2線の地下駅で、ホームは地下3階にある。

のりば:
a0057057_17260115.pnga0057057_17265013.png
都営三田線ホーム(地下2階)
1番線 都営三田線 日比谷・白金高輪・目黒・東急線方面(目黒駅から東急目黒線へ直通)
2番線 都営三田線 巣鴨・高島平・西高島平方面都営大江戸線ホーム(地下4階)
3番線 都営大江戸線 飯田橋・新宿西口・都庁前方面
4番線 都営大江戸線 上野御徒町・両国・大門方面

出典:Wikipedia「春日駅(東京都)」(最終更新:2018年1月27日)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E6%97%A5%E9%A7%85_(%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD)

現地取材:26.3.22/30.1.13他
記事投稿:30.1.31

[PR]
by fbox12 | 2018-01-31 18:07 | 鉄道・バス