fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

2018年 01月 21日 ( 2 )

244 仲御徒町駅 (東京メトロ)

a0057057_21375580.pnga0057057_21410009.pnga0057057_21272096.png
なかおかちまち

所在地:東京都台東区上野五丁目24-12
所属・路線:東京地下鉄株式会社・日比谷線
電報略号/駅番号/旧事務管コード:カチ/H16/6321515
キロ程:5.8km(北千住起点)
乗換:上野広小路駅(銀座線)上野御徒町駅(都営大江戸線)御徒町駅(京浜東北線・山手線)

概要:上記乗換駅の3つは、いずれも同一駅とみなされる。このうち、日比谷線と大江戸線との乗り換えには乗継割引が適用される。平成21(2009)年3月16日には仲御徒町・上野広小路・上野御徒町の各駅と京成上野駅・上野駅とを接続する地下通路が開通したが、これら二駅は同一駅としては扱っていない。

歴史:
昭和36(1961)年3月28日 - 帝都高速度交通営団(営団地下鉄)日比谷線の駅として開業。
平成6(1994)年3月 - コンコース拡幅、乗換連絡通路新設等の駅改良工事に着手。総工費約62億円。
平成12(2000)年12月12日 - 都営大江戸線上野御徒町駅開業に伴い、同駅および上野広小路駅との乗り換え業務を開始。
平成16(2004)年4月1日 - 営団地下鉄の民営化により、当駅は東京地下鉄(東京メトロ)の駅となる。

駅構造:
島式ホーム1面2線を有する地下駅。昭和通り(国道4号)の真下に位置する。
銀座線との乗り換えは時間がかかるため、隣の上野駅および銀座駅が便利である。
大江戸線連絡に伴う改良工事に伴い、上野寄り改札への階段の増設とエスカレーターの新設、コンコースの拡幅および天井・床面・壁面が改装された。ホームの側壁にはイラストが描かれているが、日比谷線では秋葉原駅に次ぐ例である。
トイレは上野寄り改札内にあり、男性用・女性用トイレは地下中2階、多機能トイレは地下1階と、それぞれ離れた場所に設置されている。
3番出口の反対側には、自転車駐輪場に直結する出入口が設置されている。
当駅にはエレベーターが設置されていない。北千住側にA線(中目黒方面)からB線(北千住方面)に転線する非常用の片渡り線がある。

のりば:
1番線 日比谷線 銀座・六本木・中目黒方面
2番線 日比谷線 上野・北千住・南栗橋方面

出典・参考:Wikipedia「仲御徒町駅」(最終更新:2017年12月16日)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%B2%E5%BE%A1%E5%BE%92%E7%94%BA%E9%A7%85

現地取材:17.3.-5
記事投稿:30.1.21
  調整:30.1.23
[PR]
by fbox12 | 2018-01-21 23:09 | 鉄道・バス

243 上野御徒町駅 (都営地下鉄)

a0057057_23133275.png

a0057057_23272310.pnga0057057_23290158.pnga0057057_23323513.png
a0057057_21185804.pngうえのおかちまち

所在地:東京都台東区上野五丁目26-6
所属・路線:東京都交通局・(都営地下鉄)大江戸線
電報略号/駅番号:上(駅名略称)/E09
キロ程:8.7km(都庁前起点)
乗換:
 上野広小路駅(東京メトロ・銀座線)
 仲御徒町駅( 東京メトロ・日比谷線)
 御徒町駅(JR京浜東北線・山手線)

概要:
駅名は、隣接する「上野」と「御徒町」を組み合わせたものである。開業前の仮名称は「上野広小路」で、銀座線の接続駅と同じ駅名になる予定だった。開業時は副名称に「上野松坂屋前」を表記していたが、平成20(2008)年頃に駅名標下の副名称プレートが撤去された。また、案内放送でも「上野松坂屋前」を流していたが、平成21(2009)年初頭の案内放送更新時に流れなくなった。当駅からは改札外通路で以下の3駅と接続しており、これらの駅とは同一駅として扱われている。
 東京地下鉄(東京メトロ・銀座線)上野広小路駅
 東京地下鉄(東京メトロ・日比谷線)仲御徒町駅
 東日本旅客鉄道(JR東日本・京浜東北線、山手線)御徒町駅
上記のうち、銀座線・日比谷線との乗り換えには乗り継ぎ割引が適用される。
平成21(2009)年3月16日には上野御徒町駅と京成上野駅を接続する地下通路(上野中央通り地下歩道)が開通した(これによって仲御徒町・上野広小路駅からJR・東京メトロ上野駅とも接続された)が、京成・JR・メトロ上野駅は同一駅としては扱っていない。なお、近在の東京メトロ千代田線湯島駅は、計画時に12号線(大江戸線)との連絡を考慮して建設されていたが、現在乗り換え扱いを行っていない。将来的に乗り換え駅とするか検討されていたものの、見送られている。

歴史:
平成12(2000)年12月12日 - 開業。同時に上野広小路・仲御徒町・御徒町の各駅との接続業務を開始。
平成24(2012)年 - ホームドア稼働開始。
平成27(2015)年4月1日 - 上野御徒町駅務区が管理していた大江戸線蔵前駅の新橋駅務管理所浅草橋駅務区に移管する。また三田線春日駅を巣鴨駅務管理所巣鴨駅務区から移管される。
平成28(2016)年4月1日 - 上野御徒町駅務管理所を廃止し、巣鴨駅務管区に移管。同時に上野御徒町駅務区の範囲が春日駅 - 両国駅間から牛込神楽坂駅 - 新御徒町駅間に変更。

駅構造:
島式ホーム1面2線を有する地下駅。ホームと改札内コンコースの間にはエスカレーターやエレベーターが設置されている。上野広小路・仲御徒町両駅への連絡通路やA6出口にはエスカレーターが、A1・A6出口にはエレベーターがそれぞれ設置されている。トイレは改札内にあり、「だれでもトイレ」を併設している。巣鴨駅務管区上野御徒町駅務区として、牛込神楽坂駅 - 新御徒町駅間を管理する。

のりば:
a0057057_21360895.png1番線 都営大江戸線 飯田橋・新宿西口・都庁前方面
2番線 両国・門前仲町・大門方面(写真)

出典・参考:Wikipedia「上野御徒町駅」(最終更新:2017年12月4日)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E9%87%8E%E5%BE%A1%E5%BE%92%E7%94%BA%E9%A7%85

現地取材:17.3.-5/30.1.13
記事投稿:30.1.20
  調整:30.1.21

[PR]
by fbox12 | 2018-01-21 21:36 | 鉄道・バス