fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

2017年 12月 29日 ( 1 )

238 新羽島駅 (名鉄)

a0057057_22570143.png

a0057057_22572309.pnga0057057_22580024.png
a0057057_22592607.pngしんはしま

所在地:岐阜県羽島市舟橋町宮北一丁目1番地1
所属・路線:名古屋鉄道株式会社・羽島線
駅番号:TH09
キロ程:1.3km(江吉良起点)
乗換:JR東海・東海道新幹線(岐阜羽島駅)

概要:
当初、当駅は岐阜市から東海道新幹線岐阜羽島駅へのアクセス路線として開業した。しかし、名鉄岐阜駅から当駅までの乗車時間は20分以上かかり、岐阜からはJR東海の快速や名鉄の特急で名古屋駅(名鉄名古屋駅)までの所要時間とあまり変わらない上に停車する列車の本数の差も大きい(新幹線は一部の「ひかり」号(名古屋以西が各駅停車のもの(博多・広島行きを除く。毎時1本))と「こだま」号しか停車しない)ため、岐阜市内からの新幹線アクセスについては名古屋駅への東海道本線や名鉄本線の利用も多く、羽島線は地元高校生の岐阜市内へ通学や、岐阜県立看護大学の学生の通学等に主に利用されている。名鉄の全ての駅の中で最も西にある。

歴史:
昭和57(1982)年12月11日 - 開業。a0057057_23060358.png
平成14(2002)年1月3日 - 羽島市役所前発新羽島行きの普通列車が雪でスリップし車止めに衝突する事故が発生(名鉄新羽島駅電車衝突事故)。この影響でホーム長を短縮。4両編成の場合は後部2両をドアカットする(事故から1年以上経ち、安全が確認されたとして、停車位置を事故以前の10メートルほど笠松寄りとしたが、ドアカットはなくなった)。
平成19(2007)年11月20日 - 無人化。
 12月14日 - トランパス導入。
平成23(2011)年2月11日 - ICカード乗車券「manaca」の利用が可能となる。
平成24(2012)年2月29日 - トランパスの使用が終了。

駅構造:
a0057057_23052308.png駅集中管理システム導入済の無人駅(名鉄岐阜駅管理)。4両編成まで対応の単式1面1線ホームを持つ高架駅であるが、エレベーターもエスカレーターもない。ホームへの移動は車いす対応チェアメイトが必要である(前日18時までに名鉄岐阜駅まで連絡して使用)。なお、将来の1面2線に対応する準備もされてい。便所は1階にあり、水洗式。ホーム上には待合室がある。ホームと駅舎は若干離れており、屋根付きの連絡通路で繋がっている。

のりば:
羽島線 竹鼻・笠松・岐阜方面

出典・参考:Wikipedia「新羽島駅」(最終更新:2017年4月15日)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%BE%BD%E5%B3%B6%E9%A7%85

現地取材:29.9.16 / 29.11.19
記事投稿:29.12.25

[PR]
by fbox12 | 2017-12-29 22:25 | 鉄道・バス