fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

『三冷』免状到着。『特一圧作業主任者』手続き開始

a0057057_16233171.jpg予定通り『高圧ガス製造保安責任者(第三種冷凍機械)』の免状が届きました。
朝出勤してきた、静岡県で受験した会社の同僚のものを見せてもらいましたが、まったく同じ体裁のものでした。
東京都は、都の環境局環境改善部環境保安課防災調整係の交付ですが、都庁に居た受付のオジさん達は、どうも高圧ガス保安協会の人間らしく、免状の調整もこのオジさん達の仕事の様です。
(ちなみに、静岡県の受験合格者は、東京の保安協会へ郵送で手続きをし、東京から送られています。)
ソレはともかく、コレが今年の国家資格ゲット第1号。久しぶりの計算・・・・。
(資格証そのものは『鉛作業主任者』が今年初めて来ています。これは18年分が遅れてきたものです。)

 コレで総数【77】。目標まであと【23】です。

会社からの帰り、労働基準監督署に寄り、『特定第一種圧力容器作業主任者免許』の申請書(いわゆるフツーの安衛法の免許申請書です。)を貰ってきました。
労基署でも個人でこの免許の申請はする事例がないらしく、窓口の若い担当官は奥に居るオッサンに振っていました。
このオッサンも規定集を片手に、
「一応条件として、電気事業法、ガス事業法、高圧ガス保安法の資格があれば無条件で・・・・。」の講釈から始まり、
「写真、収入印紙、上記資格の原本とコピーと今の免許証、430円の切手を貼った封筒(労基署の名前の入ったものをくれました。)を持って、本人確認があるからもう一度来てください。」とのことでした。
本人確認は、今の免許証があるので必要ないですが、資格の証明(今回の場合は『三冷』の免状)のコピーは原本の確認をしなければならないため、どっちにしてももう1度行かなければならないです。
準備が整い次第もう1度行って来ます。
[PR]
by fbox12 | 2007-01-26 16:40 | 免許・資格