fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

265 弘前駅 (JR東日本/JR貨物/弘南鉄道)

a0057057_23110464.png
a0057057_23252148.png
a0057057_23112173.png

ひろさき

所在地:青森県弘前市大字表町
所属事業者:東日本旅客鉄道(JR東日本)
      日本貨物鉄道(JR貨物)
      弘南鉄道
乗り入れ路線:
JR東日本・JR貨物の奥羽本線(JR東日本が第一種鉄道事業者、JR貨物が第二種鉄道事業者)と、弘南鉄道の弘南線が乗り入れる。弘南線は当駅が起点である。JR東日本については、奥羽本線川部駅を起点とする五能線の全列車が当駅発着で運行されており、事実上2路線3方向の列車が利用できる。

歴史:
1894年(明治27年)12月1日 - 官設鉄道(逓信省鐵道局)の弘前驛(旅客駅)が中津軽郡和徳村に開業。
 12月11日 - 貨物の取扱を開始(一般駅となる)。
1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定、奥羽本線所属駅となる。
1927年(昭和2年)9月7日 - 弘南鐵道の弘南弘前驛開業。
1929年(昭和4年)12月- 2代目駅舎供用開始。
1949年(昭和24年)4月1日 - 鉄道公安室設置。
1971年(昭和46年)12月20日 - 弘前駅旅行センター開業。
1973年(昭和48年)6月13日 - 弘南弘前駅に自動券売機を2台設置。
1980年(昭和55年)11月1日 - 弘南弘前駅の出改札業務を委託化。
1981年(昭和56年)4月24日 - 3代目駅舎供用開始。
1982年(昭和57年)4月23日 - 駅ビル「アプリーズ」開業。
1986年(昭和61年)4月1日 - 弘南弘前駅が弘前駅に改称。
 11月1日 - 国鉄駅での荷物の取扱を廃止。
1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、国鉄の駅は東日本旅客鉄道・日本貨物鉄道の駅となる。
1993年(平成5年)4月1日 - 「びゅうプラザ弘前」開業。
2002年(平成14年) - 東北の駅百選に選定される。
2004年(平成16年)12月12日 - 4代目駅舎供用開始、東西自由通路開通。発車メロディーに「津軽じょんから節」を採用。
2006年(平成18年) - JR弘前駅2番線・3番線の大鰐寄りホーム上にエアコン付待合室設置。
2008年(平成20年)3月22日 - JR弘前駅に自動改札機と指定席券売機設置。
2010年(平成22年)4月1日 - 大釈迦駅 - 津軽新城駅間各駅の管理が浪岡駅から当駅に変更となる。
2017年(平成29年)4月1日 - 浪岡駅の業務委託化に伴い同駅が管理下になる。

JR東日本

a0057057_23115118.pnga0057057_23124576.png
a0057057_23133594.png所在地:青森県弘前市大字表町1-1
所属路線:奥羽本線
キロ程:447.1km(福島起点)
電報略号/事務管コード:ヒロ/220884
駅形態:直営駅(管理駅)


a0057057_23150228.pnga0057057_23303134.png
駅構造:
a0057057_23331153.pnga0057057_23525869.png
a0057057_23532729.png
単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを有する地上駅。構内西側にある単式ホームが1番線(上写真左:列車停車中)、構内東側にある島式ホームの内側が2番線(上写真右:列車停車中)、島式ホーム外側が3番線である。1番線と2番線の間にホームのない線路(下り本線)がある。上り本線は3番線(右写真:列車停車中)で、1番線は下り1番線、2番線は中線となっている。また、多数の側線がある。
橋上駅舎を有する(上写真に見える)。改札口は2階にあり、駅の東西を結ぶ自由通路「あずましろ〜ど」に面している。
駅舎内には駅事務室、みどりの窓口(営業時間:5時30分-22時00分)、びゅうプラザ(営業時間:平日10時30分-18時00分、土休日10時30分-17時00分)、タッチパネル式自動券売機3台、指定席券売機2台、待合所、売店(キオスク)自動改札機がある。
直営駅である。管理駅として、奥羽本線の津軽湯の沢駅 - 津軽新城駅間の各駅を管理している。
津軽地方の中心駅であり、青森県内の秋田支社管内駅を統括している。
中央口側1階には弘前市観光案内所・そば屋(キオスク)がある。2代目駅舎時代までは1番線ホーム上にそば屋(キオスク)・売店(キオスク)が、3代目駅舎時代までは2・3番線ホーム上にそば屋(伯養軒)・売店(伯養軒・旧キヨスク)があったが、現在はいずれのホームにも無い。また、3代目駅舎時代の待合室内では伯養軒が軽食コーナーや和食処を営業していた。
発車メロディは2004年12月12日より『津軽じょんから節』になった。なお、発車メロディは車掌操作となるため、ワンマン列車の場合は鳴らない。
接近放送は4点チャイムの後に接近案内放送が入る。列車到着時の駅名連呼は女性声で放送される。
電光掲示板はATOSエリアで使用されているものと同型のものが取り付けられているが、フォントはゴシック体である。

のりば:1・2・3番線 奥羽本線 下り 浪岡・新青森方面
                上り 大館・秋田方面
           五能線 五所川原・鰺ケ沢方面
1番線は奥羽本線下り列車、2番線は折り返し列車と五能線、3番線は奥羽本線上り列車が主に発着する。特急列車は青森方面行が1番線、秋田方面行が3番線となっている。
(写真参照:写真はすべて青森方から秋田方を捉えたもの)

弘南鉄道
a0057057_23522553.pnga0057057_23562605.pnga0057057_23524326.png
a0057057_23555115.png


所在地:
青森県弘前市大字表町2-68
所属路線:弘南線
キロ程:0.0km(弘前起点)

駅構造:
頭端式ホーム1面2線を有する地上駅。ホームは1番線と2番線があるが、列車は主に1番線から発車する。
また、1番線には奥羽線からの非電化の渡り線があるため、購入した車両を搬入する際に使用される。
城東口側1階に自動券売機2台、出札窓口、改札口(有人)、事務室がある。
窓口では定期券・回数券・往復乗車券・硬券入場券を発売している。
改札は上り電車の到着後、乗客の降車が終了次第開始する。
3代目駅舎時代までは改札口は独立していたが跨線橋はJRと共用で、ホームの名称も4・5番線とJRからの続き番号だった。なお、以前は常時改札を行っており、ホーム上には待合室と売店・立ち食いそばおよび汲み取り式のトイレがあった。

のりば:
a0057057_23560488.png
1・2番線 弘南線 平賀・黒石方面
同じ弘南鉄道の路線である大鰐線中央弘前駅とは1km強離れており、バスや徒歩などでの連絡が必要となる。
また、上記駅名標はJR仕様のものだが、隣駅表示が「黒石」になっている。これは、「黒石方面」の意で、隣の駅は「弘前東高前」である。

貨物駅
JR貨物の駅は、旅客駅中央口北側にある。1面2線のコンテナホーム(ヤード)が設置されているほか、数本の留置線が敷設されている。
荷役線は、駅の着発線からいったん青森駅方面の西側へ伸びる引上げ線に入り、駅方向へ戻るように分岐している。
営業窓口のJR貨物弘前営業所が置かれている。なお駅業務・構内入換作業は八戸臨海鉄道に委託されている。
貨物列車は、1日1往復の高速貨物列車が青森信号場方面との間で運行されている。大館駅方面へ向かう列車や、専用貨物列車の発着はない。

取扱う貨物の種類:
コンテナ貨物 - 12ftコンテナのみを取り扱う。産業廃棄物・特別管理産業廃棄物の取扱許可を得ている。
1995年12月8日のダイヤ改正以前は車扱貨物も取り扱っていた。

参考資料:Wikipedia「弘前駅」(最終更新:2018年4月7日)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%98%E5%89%8D%E9%A7%85閲覧:2018.5.-5現地取材:2017.6.25記事投稿:2018.5-5


[PR]
by fbox12 | 2018-05-05 22:22 | 鉄道・バス