fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

第佰拾九 岩木山神社 青森県弘前市鎮座

a0057057_10103080.png

a0057057_10180674.pnga0057057_10484559.pnga0057057_10281599.pnga0057057_13431134.pnga0057057_10323755.pnga0057057_13283384.png
a0057057_14560639.pnga0057057_14571715.pnga0057057_13300180.png
いわきやま じんじゃ

鎮座地:青森県弘前市百沢字寺沢27
主祭神:顕国魂神(うつしくにたまのかみ)-大国主神
    多都比姫神(たつびひめのかみ)
    宇賀能売神(うかのめのかみ)
    大山祇神(おおやまつみのかみ)
    坂上刈田麿命(さかのうえのかりたまろのみこと)
 以上をまとめて岩木山大神(いわきやまおおかみ)と称する。

社格等:旧国幣小社、神社本庁別表神社、津軽国一宮(新一宮)
本殿様式:三間社流造銅瓦葺
別称:「お岩木さま」、「お山」、「奥日光」

a0057057_13252372.pnga0057057_13261108.png
概要:
昔から農漁業の守護神として、津軽の開拓の神として、地元の人々の祖霊の鎮まるところとして、親しまれてきた。なお神社の参道は岩木山の登山道の一つとなっていることでも知られており、この神社の奥宮は岩木山の山頂付近にある。
社殿は、神仏習合の時代の名残りをとどめ、鎌倉時代以後の密教寺院の構造がみられる中に、桃山時代の様式を思わせる色とりどりの絵様彫刻がみられ、そうした外観が日光の東照宮を思わせるとして、「奥日光」と呼ばれるに至った。


a0057057_10573937.pnga0057057_11261251.png
歴史:
創建については諸説があるが、最も古い説では、宝亀11年(780年)、岩木山の山頂に社殿を造営したのが起源とされる。延暦19年(800年)、岩木山大神の加護によって東北平定を為し得たとして、坂上田村麻呂が山頂に社殿を再建し、その後、十腰内地区に下居宮(おりいのみや=麓宮、現在の厳鬼山神社)が建立され、山頂の社は奥宮とされた。
また、田村麻呂は、父の刈田麿も合祀したとされる。寛治5年(1091年)、神宣により、下居宮を十腰内地区から岩木山東南麓の百沢地区に遷座し、百沢寺(ひゃくたくじ)と称したのが現在の岩木山神社となっている。
岩木山の山頂に阿弥陀・薬師・観音の3つの堂があり、真言宗百沢寺岩木山三所大権現と称して、付近の地頭や領主らに広く信仰された。
a0057057_10250918.png天正17年(1589年)、岩木山の噴火により、当時の百沢寺は全焼することとなり、以後、再建が進められることとなった。
江戸時代には津軽藩の総鎮守とされ、津軽為信・信牧・信義・信政らの寄進により社殿等の造営が進んだ。
特に、信義、信政のときに、現在の拝殿(当時は百沢寺の本堂とされた)や本殿(当時の下居宮)が再建された。
明治の神仏分離により寺院を廃止、津軽総鎮守・岩木山神社とされ、明治6年(1873年)、国幣小社に列格された。

境内:
現存する社殿や楼門は江戸時代初期から元禄時代にかけて代々の弘前藩主が造営・寄進したもので、本殿・拝殿・奥門・楼門等が重要文化財に指定されている。

a0057057_14034973.png本殿 - 三間社流造銅瓦葺。全面黒漆塗とする。元禄7年(1694年)建立。(写真:タイトルを含め5段目)
拝殿 - 桁行5間、梁間5間、入母屋造平入、とち葺形銅板葺。寛永17年(1640年)、神仏習合の時代に、百沢寺の本堂として建立された。(写真:タイトルを含め4段目右)
 天正17年(1589年)の岩木山の噴火により焼失したが、慶長8年(1603年)に津軽為信により再建が始まり、寛永17年(1640年)、津軽信義のときに現在のものが完成した。
楼門 - 寛永5年(1628年)、津軽信枚(のぶひら)により、百沢寺の山門として建立された。上層に十一面観音、五百羅漢像が祀られていたが、神仏分離による廃寺の際にそれらは姿を消し、階下に随神像を祀ることとなった。(写真:タイトルを含め2段目右)

摂社・末社:

白雲大龍神社
a0057057_13334406.pnga0057057_13353027.png

a0057057_13474740.png稲荷社

a0057057_10362498.png出雲神社

a0057057_10454109.pnga0057057_10391171.png

白龍神a0057057_10414341.png

この神社最寄りの駅・バス停:
a0057057_11224312.pnga0057057_10110252.png
JR東日本・奥羽本線弘前駅(中央口)、弘南バス弘前バスターミナルより弘南バス枯木平行にて約40分、岩木山神社バス停下車。

参考資料:Wikipedia「岩木山神社」(最終更新:2018年3月3日)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E6%9C%A8%E5%B1%B1%E7%A5%9E%E7%A4%BE
  閲覧:2018.5.-2

現地参拝:29.6.25
記事投稿:30.5.-2



[PR]
by fbox12 | 2018-05-02 15:00 | 神社