fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

257 大隅横川駅 (JR九州)

a0057057_16450586.png

a0057057_16465115.pnga0057057_16503703.png
おおすみよこがわ


所在地:鹿児島県霧島市横川町中ノ39-1
所属・路線:九州旅客鉄道株式会社・肥薩線
キロ程:100.8km(八代起点)
電報略号/事務管コード:ヨコ/940203

概要:
a0057057_16574971.pnga0057057_16540596.png
a0057057_17011872.png旧 横川町の中心駅だが、完全な無人駅である。駅舎は開業時からのもので、鹿児島県では嘉例川駅のものと並び最古である。無人駅であるが駅舎はきれいに保たれており出札口なども完全にその姿を残している。駅舎は2006(平成18)年10月、100年以上前の姿を残し当時の建築構造を伝える重要な建造物として国の登録有形文化財に登録された。ホーム上の柱に機銃掃射で撃ち抜かれた痕跡が残っている。また島式ホームにはタブレット受けが残されている(右写真)。年末は夜間、駅舎にイルミネーションが飾り付けられる。

歴史:
1903(明治36)年1月15日 - 横川驛として鉄道院が開設
1920(大正9)年9月1日 - 名称を大隅横川驛に変更
1945(昭和20)年7月30日 - 空襲を受けて駅舎周辺が焼け野原になる。
1971(昭和46)年2月1日 - 貨物営業廃止
1986(昭和61)年11月1日 - 肥薩線八代 - 隼人間電子閉塞導入により無人化
1987(昭和62)年4月1日 - 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が継承
2007(平成19)年11月30日 - 南九州近代化産業遺産群の物資輸送関連遺産の1つとして選ばれる。
2009(平成21)年11月22日 - 駅脇に平和公園が完成、面積1,281 平方メートル、事業費約4800万円

駅構造:
a0057057_17073717.png単式ホーム2面2線を有する地上駅。元は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線を有したが、中央の1線を撤去して2面2線の構造となった(写真の柵の部分)。

のりば:
a0057057_17191365.png1番のりば 肥薩線 上り 吉松・都城方面(上記駅舎写真)
2番のりば 肥薩線 下り 隼人・鹿児島中央方面(右写真)

出典参考:Wikipedia「大隅横川駅」(最終更新:2017年5月25日)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%9A%85%E6%A8%AA%E5%B7%9D%E9%A7%85

現地取材:2018.3.14
記事投稿:2018.4.14


[PR]
by fbox12 | 2018-04-14 17:30 | 鉄道・バス