fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

名鉄デキ100(名古屋鉄道株式会社デキ100形電気機関車)

概要:
名古屋鉄道デキ100形電気機関車は、名古屋鉄道(現、名鉄)の前身である旧・名古屋鐵道が新製した直流用電気機関車で、4両(101~104)が存在した。

名古屋電車製作所で新製された直流600V用凸字形電気機関車である。大正13(1924)年に2両(デキ101・102)、大正15(1926)年に2両 (デキ103・104)が製造され、製造年により寸法や台車、主電動機が異なる。車体の中央にある扉は荷物用のドアであり、電動貨車的な使われ方もされていたが、1500V用に改造された際、荷物室に抵抗器、コンプレッサーなどを設置したため、荷物運搬は行われなくなった。
101・102は昭和40(1965)年、103は昭和41(1966)年、104は昭和42(1967)年に廃車。台車は3730系電車に流用された。


a0057057_21322531.png模型:
形式:名古屋鉄道デキ100
車号:101
仕様:鉄道コレクション(第1弾)
製造:TOMYTEC(中古)
改造整備:動力化(TOMYTEC・TM-03・・新規)
 パンタ交換(GM・PS13)・・岳南鉄道1103から
 連結器交換(SHINKYO連結器 (黒)・・新規)
 ボンネット交換・・同形式別車両から
 トラス棒取付

このデキ100形は、TOMYTECの鉄道コレクション第1弾で出たもので、当時、鉄コレでの機関車はこの形式だけだった(鉄コレでは104号機も模型化されている)。
動力ユニットの関係で、いくらか全長が長い。写真の台車は104号機用。
[PR]
by fbox12 | 2011-05-14 23:19 | 鉄道・バス