fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

第九拾參 根津神社 東京都文京区鎮座

a0057057_1814342.png

a0057057_1871461.pnga0057057_1875281.png

a0057057_18132384.pnga0057057_1814074.png

a0057057_21462955.png
a0057057_20454047.png

鎮座地:東京都文京区根津一丁目28番9号
主祭神:須佐之男命(すさのおのみこと)
    大山咋命(おおやまくいのみこと)
    誉田別命(ほんだわけのみこと)
相殿: 大国主命 (おおくにぬしのみこと)
    菅原道真公 (すがわらのみちざねこう)
社格等:旧府社、元准勅祭社、東京十社
本殿の様式:権現造

由緒、概要:
a0057057_21411416.png日本武尊が1900年近く前に創祀したと伝える古社で、東京十社の一社に数えられている。
文明年間(1469年-1486年)には太田道灌により社殿が造られた。
万治年間(1658年-1661年)に同所が太田氏の屋敷地となったため東方に移り、のちさらに団子坂上(現 文京区立本郷図書館周辺:元根津)に遷座した。
宝永2(1705)年、江戸幕府第五代将軍徳川綱吉が兄綱重の子・綱豊(甲府藩主。のちの第六代将軍・家宣)を養嗣子に定めた。綱豊が江戸城に移ると、当社が家宣の産土神とされていたことから、綱豊の屋敷地(旧 甲府藩邸:現在地)を当社に献納して普請(「天下普請」と言われる大工事)を開始した。社殿は宝永3(1706)年に完成し、同年遷座した。権現造(本殿、幣殿、拝殿を構造的に一体に造る)の傑作とされていて、現在社殿7棟が国の重要文化財に指定されている。
a0057057_21441041.png古くは「根津権現」とも称されたが、「権現」の称は明治初期の神仏分離の際に一時期禁止されたために衰退したが、地元では現在も使われる場合がある。単に「権現様」とも称される。文学作品では「根津権現」として出てくることが多い。森鴎外や夏目漱石といった日本を代表する文豪が近辺に住居を構えていたこともあり、これらの文豪に因んだ旧跡も残されている。
東京大学の移転にともない、門前に形成されていた根津遊郭は廃され、江東区の州崎遊郭へと移転した。境内はツツジの名所として知られている。

摂末社:
乙女稲荷神社
a0057057_2120378.pnga0057057_21203696.png

祭神:倉稲魂命

駒込稲荷神社
a0057057_21232956.png 祭神:伊弉諾命、伊弉冊命、倉稲魂命、級長津彦命、級長戸辺命


この神社最寄の駅、バス停:
a0057057_21372797.png 東京メトロ千代田線 根津駅/千駄木駅
 東京メトロ南北線 東大前駅)
 都営地下鉄三田線 白山駅
 都営バス 向丘二丁目
 文京区コミュニティバス(B-ぐる)日本医大前

参考資料:Wikipedia(2016年12月2日)
記事:
 取材:28.12.11
 投稿:29.3.-7
[PR]
# by fbox12 | 2017-03-07 21:49 | 神社

マージョンDX3000αゼロ

a0057057_22342867.pngミニチュアボトルコレクション1020

品名:第二類医薬品
原材料:インヨウカク流エキス・ゴオウ浸出液・ローヤルゼリーチンキ・チアミン硝化物・リポフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2リン酸エステル)・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ニコチン酸アミド・無水カフェイン・タウリン・カルニチン塩化物他添加物
容量:100ml
製造元:株式会社廣貫堂(富山県富山市梅沢町二丁目9-1)
販売元:株式会社NYグローバル(富山県富山市東中野町一丁目1-1)
[PR]
# by fbox12 | 2017-03-05 22:54 | コレクション

スチルカメラ(フィルムカメラ)

概要(略史):
レンズと鏡を用いた携帯式カメラ・オブスキュラ。これがのちの写真機の原型になった
カメラの原理は、写真術の発明以前から知られていた。窓のない暗黒の部屋の壁面に小さな穴を空けると、反対側の壁面に外の景色が映し出される。これを応用して、日食の観察を行ったり、絵画の下絵を描く目的に使われた道具が、カメラ・オブスキュラである。16世紀には、小穴の代わりにレンズを用いて、より鮮明な像が得られるようになり、反射鏡によって箱の上面に像を結ばせるようにした小型のカメラ・オブスキュラが作られた。これは絵画における遠近画法の確立に寄与したと言われている。
1824年、ニセフォール・ニエプスが世界初の写真である「ヘリオグラフィ」を発明、携帯型カメラ・オブスキュラの画像が定着できるようになった。1839年8月19日にはルイ・ジャック・マンデ・ダゲールが初の実用的写真術「ダゲレオタイプ」を発表。その後のカメラは、写真とともに発展していった。
19世紀末までに、記録媒体として写真フィルムが普及し、コンパクトで手軽に写真が撮影できるカメラが大衆化する。1950年代まではイギリスやドイツ、アメリカ合衆国が世界市場を牽引していたが、1970年代以降は、日本製のカメラが世界市場を席巻する。1963(昭和38)年には、露出を自動化したAEカメラが現れた。さらに1977(昭和52)年には、オートフォーカス機構が実用化され、構図を決めてシャッターを押すだけで写真が撮れるのが当たり前の時代になった。
2000(平成12)年ごろから、撮影した画像を従来の銀塩フィルムによる化学反応ではなく、デジタルデータとして記憶素子に記録するデジタルカメラが一般に登場する。その後、デジタルカメラは徐々に勢力を伸ばし、ついには従来のフィルムカメラを駆逐する勢いとなっており、フィルムカメラ関連の事業が縮小していった。
その銀塩フィルムを用いたカメラは、デジタルカメラと区別のため「スチルカメラ」、「フィルムカメラ」、「銀塩カメラ」と呼ばれることもあり、上記の自動露出及びAF機構を持った小型カメラを「コンパクトカメラ」通称「○カ○ョンカメラ」(差別用語が含まれるためあえて伏字とする)、「単焦点カメラ」、「オートフォーカスコンパクトカメラ」などと称した。

参考資料:Wikipedia(2016年1月6日)


Canon Autoboy 2(私的文化遺産整理番号60)
a0057057_21172315.png大ヒットしたオートボーイの後継機として昭和58(1983)年4月に登場したオートフォーカスコンパクトカメラ。初代のオートボーイは昭和54(1979)年11月の発売のため約4年の歳月を経て登場したことになる。その間オートボーイスーパーという機種が昭和56(1981)年7月に発売されている、オートボーイスーパーは上級者向けと言うことでなんと40mm f1.9 という大口径単焦点レンズが付いていたが、定価も47,800円と高額で、果たして売れたのかどうかは不明で、中古市場でもほとんど見当たらない。

[PR]
# by fbox12 | 2017-03-04 21:56 | 私的文化遺産

(カセットテープ)FUJI FILM

(私的文化遺産整理番号57-6)

Pure-Ferrix FX C-80(私的文化遺産整理番号57-6-1)
a0057057_20533422.pnga0057057_1872898.png

富士フイルムのLHタイプカセット。FMシリーズの後継として発売された。
磁性体にはガンマ・ヘマタイト(磁性酸化鉄)を超微粒子化し粒子を均一化した「ピュア・フェリックス」を採用。MOL(最大無歪出力)を+4dB改善するとともに周波数特性も向上させた。
また、テープの走行安定性を確保するためにカセットハーフの精度を上げるなど製品全体に高性能化が図られている。
パッケージデザインは、力強さを表すためか、従来品とは異なり黒地に大きく太字の製品名ロゴをあしらったものとなった。
写真は、昭和50(1975)年に追加発売された、独自のテープ長の「C-80」。
1970年代中盤における各メーカーの音楽用カセット高性能化競争の一翼を担った製品である。

記事:
 投稿:29.2.-9
 調整:29.3.-4
[PR]
# by fbox12 | 2017-03-04 18:09 | コレクション

201 浜松駅 (JR東海)

a0057057_21264632.pnga0057057_2156797.png

a0057057_21565753.png所在地:静岡県浜松市中区砂山町6-2
所属・路線:東海旅客鉄道株式会社・東海道本線
駅名かな(電報略号/事務管コード):はままつ(ハツ/520127)
キロ程:(東京起点)257.1km

概要:
静岡県の西部の政令指定都市である浜松市の中心駅であり、東海道新幹線と在来線の東海道本線が乗り入れている。近隣にある遠州鉄道の新浜松駅と合わせて、県西部(遠州地域)の拠点駅としても機能している。
新幹線は、東京 - 岡山間(一部、東京 - 名古屋・新大阪間)の「ひかり」が毎時1本と、各駅停車の「こだま」が毎時2本停車する。また朝・夜に当駅発着の「こだま」が1.5往復(上り2本、下り1本)設定されている(平成26(2014)年3月15日現在)。「のぞみ」は停車しない。一部の「ひかり」は上下とも当駅で「のぞみ」の通過待ちをする。
在来線は、日中は静岡方面が毎時4本(掛川行1本、静岡以東行3本)、豊橋方面が毎時3本運転されている。また通勤客向けに当駅と静岡・沼津間を結ぶホームライナーが設定されている。特急列車は、寝台特急の「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の下り列車が停車するのみである。

歴史:
明治21(1888)年9月1日 - 内閣鐡道局(のちの国鉄)による濱松 - 大府間の官設鉄道線開通により、その終端駅として開業
明治22(1889)年4月16日 - 官設鉄道東側が静岡まで延伸し、新橋までの既存線と直結。途中駅となる。
明治28(1895)年4月1日 - 線路名称制定。東海道線(明治42(1909)年に東海道本線に改称)の所属となる。
大正15(1926)年12月12日 - 駅舎を洋風の近代的建物に改築(二代目)
昭和20(1945)年6月10日 - 空襲により二代目駅舎焼失
昭和23(1948)年10月15日 - 木造2階建の三代目駅舎完成
昭和39(1964)年10月1日 - 東海道新幹線開業。乗換駅となる。
昭和46(1971)年4月26日 - 貨物取扱業務の一部を新設の西浜松駅に移管
昭和51(1976)年10月1日 - 貨物取扱全廃
昭和54(1979)年10月15日 - 東海道本線の高架化完成。これにより駅は東海道線から離れて設置された新幹線ホームと一体化し、利便性が向上
昭和55(1980)年10月1日 - 新幹線「ひかり」の一部が初めて停車
昭和62(1987)年4月1日 - 国鉄分割民営化により東海旅客鉄道(JR東海)が承継
昭和63(1988)年5月1日 - 浜松駅ビル「MayOne(メイワン)」開業
平成4(1992)年11月14日 - 在来線改札口に自動改札機導入
平成10(1998)年11月7日 - 新幹線改札口に自動改札機導入
平成17(2005)年4月 - 構内の耐震補強および改良工事に着手
平成18(2006)年11月11日 - 構内商業施設「メイワン エキマチ・ウエスト」開業。なおこれにより構内の構成(切符売場・旅行センター・売店・トイレ等の位置)が大きく変更になった。
平成19(2007)年3月15日 - 構内商業施設「メイワン エキマチ・イースト」開業
 6月 - 耐震補強および構内改良工事完工
平成20(2008)年2月 - 連動装置の電子化が完了(浜松運輸区も同時に電子化)。これをもってJR東海の主要駅・車両基地などの電子連動化計画が完了した。
 3月1日 - 東海道本線でICカード「TOICA」の利用が可能となる。
 10月31日 - 1・2番線ホーム上キヨスク(浜松在来上りホーム27号)閉店
 11月20日 - 駅西側高架下にビックカメラを核とした商業施設開業
平成24(2012)年6月11日 - 在来線改札口にTOICA専用自動改札機を2レーン導入

駅構造:
新幹線・在来線ともに高架駅である。

在来線
島式ホーム2面4線を有する。4番線(下り本線)の外側に通過線(下り1番線)を持つ。両方向には2本ずつ電留線が配置されており、当駅で始発・終着となる列車の組成や簡単な整備などが行われている。
また西側の電留線から上り本線を介し、浜松運輸区や西浜松駅への引き上げ線が分岐する。
優等列車は、西日本方面への寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲(下りのみ、上りは運転停車で客扱いなし)」・臨時快速「ムーンライトながら」が停車する。
普通列車の多くが当駅で乗り換えとなる。しかし、下り(上り)列車が上り(下り)ホームに到着して折り返す場合があるため、構造が似て見える静岡駅と異なり、常に同じホームで乗換えができるとは限らない。
在来線の優等列車で唯一停車する、下りの寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」は4番線から発車する。
平成26(2014)年3月改正以降の定期ダイヤでは下り列車は上りホームから発車しないが、臨時列車や非常時には設定される場合がある。同改正以降の定期ダイヤでは静岡・沼津方面から豊橋・名古屋方面への直通またはその逆の際、下り(上り)列車が上り(下り)ホームへ入線・発車の設定はない。
駅長・駅員配置駅(直営駅)である。管理駅として、東海道本線の天竜川駅・高塚駅・舞阪駅の3駅を管理している。
軌道道床にスラブ軌道を広範囲に使用していることが特徴である。同駅より先に高架化を果たした静岡駅は極僅かな区間に限られている。

在来線ホームの使用状況
1・2番線 東海道本線 上り 静岡・沼津方面(当駅始発の一部は3・4番線)
3・4番線 東海道本線 下り 豊橋・名古屋方面

新幹線
a0057057_2163810.png相対式ホーム2面2線を有する。中央の2線は通過線(本線)となっており、西側から浜松工場への引き上げ線が分岐している。上下ホームとも、両端に各車系ごとの停車位置表示がある。
ホームの発車標はソラリー式が使用されていたが、平成22(2010)年11月におよそ1ヶ月間の試用期間を経てLED式に変更され、同時に自動放送も変更された。

新幹線ホームの使用状況
5番線 東海道新幹線 上り 新横浜・東京方面
6番線 東海道新幹線 下り 名古屋・新大阪方面
コンコースは大小2つの展示場として、浜松に拠点を構える河合楽器製作所(KAWAI)・ヤマハ・スズキの3社が、昭和63(1988)年から持ち回りで自社製品の展示会を行う。以下はその展示品。
KAWAI:グランドピアノ「Shigeru Kawaiシリーズ」・クリスタル・ピアノ「CR-40A」、及び、そのピアノに縁のあるアーティストの紹介(前者はミハイル・プレトニョフ、後者はYOSHIKI(X JAPAN))
ヤマハ:ピアノ・シンセサイザー・電子ドラム等の楽器や、音声合成技術、及びその応用製品(VOCALOID等)。
スズキ:ワゴンRシリーズ・ハスラー等の自社生産軽自動車及びSV650等のバイク。

東改札口(メイワン・アクトシティ連絡)
新幹線在来線乗り換えコンコースの在来線側に設置されており、駅ビル「メイワン」を経てアクトシティ浜松の連絡通路へつながっている。利用できる時間は7:40から21:15までで、近距離用の自動券売機が設置されている。
自動改札機のみで有人通路はないが、駅係員がいることが多く非自動化券を持っている場合は業務用通路から出場の便宜を図ってもらえることがある。いったん「メイワン」の2階に入る構造になっているが、メイワン営業時間外でも改札口の利用時間であれば利用できる。

その他:
機関車交換駅時代
昭和24(1949)年5月20日に東海道本線静岡 - 浜松間の電化が完成すると、浜松駅は電化区間の境界となり、東京方面の電気機関車と名古屋方面の蒸気機関車との付け換えが行われるようになった(戦前では沼津駅でのそれが知られる)。これに伴う長い停車時間は、浜松駅に以下のような「名物」を生むことになった。
乗客の気分転換を目的としたホーム上でのラジオ体操。
日本楽器製造(現 ヤマハ)によるハーモニカの立ち売り「ハモニカ娘」の登場(昭和26(1951)年から)。
昭和28(1953)年7月21日に浜松 - 名古屋間の電化が完成すると機関車交換駅の役割は終わりを告げた。ただし、「ハモニカ娘」はその後も駅の名物として昭和44(1969)年まで営業を続け、乗客に親しまれた。なお、楽曲や映画でも『僕は特急の機関士で』の「東海道の巻」や『喜劇 駅前弁当』などで「ハモニカ娘」が取り上げられている。

新幹線駅併設
東海道新幹線の計画段階では、新幹線の浜松駅を在来線の浜松駅ではなく、国鉄浜松工場付近に新駅として設置し、市南部を通過する予定であった(南線案)。しかし、浜松市議会等から猛反対を受け実現不可能となり、駅は浜松駅併設とし、浜名湖の中間を渡る対案(北線案)を市は要望した。駅併設は決まったものの、この対案も通過地域からの反発や、浜名湖の漁業補償がより増大すること等により断念し、結局その中間となる現状のルートとなった。しかし、併設としたことで商店の密集する地域を通過することから、用地買収が非常に難航した。また駅前広場の設置についても、市や地権者と国鉄側で協議が難航し、決着までにかなりの時間を要した。

東京 - 浜松間の普通列車
国鉄時代は東京 - 浜松間の普通列車が1日に何本か設定されていたが、JR化後の昭和63(1988)年に消滅した。昭和47(1972)年から63(1988)年まで、当駅は東海道本線で東京から発着する昼行普通列車の最西端駅だった(いわゆる「大垣夜行」(現「ムーンライトながら」)は除く。昭和47(1972)年以前は昼行でも東京 - 大垣間などの普通列車があった)。
現在では高速バスがこれらの普通列車に取って代わる存在となっており、東海道上り方面では、東名ハイウェイバス(昼行便)の東京駅行き「東名ライナー」の他、平成17(2005)年12月に運行を開始した夜行便の「ドリーム静岡・浜松号」を皮切りに、渋谷マークシティ・新宿高速バスターミナル行きの「渋谷・新宿ライナー浜松号 / 渋谷・新宿イーライナー」や横浜駅YCAT方面行きの「イーライナー横浜線」など、各方面への高速バスが運行されている。

参考資料:Wikipedia(2017年1月7日)
記事:
 取材:28.12.28
 投稿:29.3.-3
[PR]
# by fbox12 | 2017-03-03 20:59 | 鉄道・バス

アリナミンZERO7(通常品 / サンプル)

a0057057_21154141.pngミニチュアボトルコレクション1011(通常品)/ 1911(サンプル)

a0057057_20502325.png品名:指定医薬部外品
原材料:フルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)・リポフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2リン酸エステル)・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ニコチン酸アミド・L-アスパラギン酸ナトリウム・タウリン・無水カフェイン・イノシトール他添加物
容量:100ml
製造販売元:武田薬品工業株式会社(大阪府大阪市中央区道修町四丁目1番1号)

[PR]
# by fbox12 | 2017-02-28 21:02 | コレクション

ファンテユンケル3Bドリンク(試供品)

a0057057_21525396.png


a0057057_228959.pngミニチュアボトルコレクション1930
品名:第3類医薬品
原材料:ビタミンB1硝酸塩・ビタミンB2リン酸エステル・ビタミンB6・コンドロイチン硫酸エステルナトリュウム・パンテノール他添加物
容量:100ml
製造販売元:佐藤製薬株式会社(東京都港区元赤坂1丁目5番27号)

[PR]
# by fbox12 | 2017-02-28 20:56 | コレクション