fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

<   2016年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

61 春日大社 奈良県奈良市鎮座

a0057057_2020032.png
a0057057_1637383.pnga0057057_20281038.png
上の御朱印は、第六十次式年造替の外遷宮を記念して、御假殿参拝用として謹製されたもの。
円形、「春日大社」の周りにゆかりの深い藤巴紋、更にその外側に「第六十次式年造替 拝御假殿」と巡らせている特別なもの。
平成28年11月6日の本殿遷座祭までの期間限定。

a0057057_20401162.png鎮座地:奈良県奈良市春日野町160
社名よみ:かすがたいしゃ
祭神:春日神(武甕槌命、経津主命、天児屋根命、比売神の総称)
社格等:式内社(名神大)、二十二社(上七社)、旧官幣大社、勅祭社、神社本庁別表神社

a0057057_15521581.png由緒:
春日大社は、中臣氏(のちの藤原氏)の氏神を祀るために768年に創設され、旧称は春日神社。神紋は「下がり藤」。
全国に約千社ある春日神社の総本社である。武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使とする。ユネスコの世界遺産に「古都奈良の文化財」の一つとして登録されている。

歴史:
奈良・平城京に遷都された和銅三(710)年、藤原不比等が藤原氏の氏神である鹿島神(武甕槌命)を春日の御蓋山(みかさやま)に遷して祀り、春日神と称したのに始まるとする説もあるが、社伝では、神護景雲二(768)年に藤原永手が鹿島の武甕槌命、香取の経津主命と、枚岡神社に祀られていた天児屋根命・比売神を併せ、御蓋山の麓の四殿の社殿を造営したのをもって創祀としている。ただし、近年の境内の発掘調査により、神護景雲以前よりこの地で祭祀が行われていた可能性も出てきている。
藤原氏の隆盛とともに当社も隆盛した。平安時代初期には官祭が行われるようになった。当社の例祭である春日祭は、賀茂神社の葵祭、石清水八幡宮の石清水祭とともに三勅祭の一つとされる。嘉祥三(850)年には武甕槌命・経津主命が、天慶三(940)年には、朝廷から天児屋根命が最高位である正一位の神階を授かった。『延喜式神名帳』には「大和国添上郡 春日祭神四座」と記載され、名神大社に列し、月次・新嘗の幣帛に預ると記されている。
藤原氏の氏神・氏寺の関係から興福寺との関係が深く、弘仁四(813)年、藤原冬嗣が興福寺南円堂を建立した際、その本尊の不空絹索観音が、当社の祭神・武甕槌命の本地仏とされた。神仏習合が進むにつれ、春日大社と興福寺は一体のものとなっていった。十一世紀末から興福寺衆徒らによる強訴がたびたび行われるようになったが、その手段として、春日大社の神霊を移した榊の木(神木)を奉じて上洛する「神木動座」があった。
明治四(1871)年に春日神社に改称し、官幣大社に列した。昭和二一(1946)年十二月に現在の春日大社に改称した。

境内:
a0057057_20355269.png本殿は春日造で四棟並んで立っており、第一殿に武甕槌命、第二殿に経津主命、第三殿に天児屋根命、第四殿に比売神が祀られている。拝殿はなく、一般の参拝者は幣殿の前にて、初穂料を納めて特別拝観を申し込んだ場合は本殿前の中門から参拝することになる。

a0057057_21134813.png摂末社:広大な境内には多数の摂末社がある。以下に挙げるのは代表的なもの。

若宮神社
 祭神:天押雲根命(比売神の御子神)
 本殿の東側に所在。
十二社
 若宮神社・夫婦大国社を始めとし、本殿東側に所在。「福の神十二社めぐり」として古来より崇敬を集める
榎本神社
 祭神:猿田彦大神 - 祭神は当地の地主神であり、元々この地で祀られていた神であるとされる。中世までは巨勢姫明神とされていた。
 式内社。本殿廻廊の西南隅に所在。
祓戸神社
 祭神:瀬織津姫
 貮之鳥居横に所在。参拝者はここでまず身を清めてから参拝するのが習わしとなっている。『南安曇郡誌』の記述などから、本殿第四殿に祀られている比売神とは、もともとは瀬織津姫のことであったとする説もある
一言主神社
 祭神:一言主大神
 本殿の西南側に所在。平安時代初期に興福寺境内に創建されたものを遷す。
金龍神社
 祭神:金龍大神
 本殿の東側に所在。後醍醐天皇ゆかりの神社であり、「禁裡殿」とも呼ばれる。
a0057057_2164521.png総宮神社
 祈禱所の駐車場側に所在。

a0057057_17271235.pngこの神社最寄の駅・バス停:
近鉄奈良およびJR奈良駅から奈良交通バス「春日大社本殿」行き終点「春日大社本殿」
奈良交通バス(市内循環外回り)「春日大社表参道」下車、徒歩約10分。

参考資料:Wikipedia(2016年3月9日)
記事:
 取材:28.3.-6/-7
 投稿:28.3.11
 調整:28.11.30

境外末社
a0057057_16482055.png61-12 手力雄神社

鎮座地:奈良県奈良市橋本町39
社名よみ:たじからおじんじゃ
祭神:手力雄命(たじからおうのみこと)

由緒・歴史:
古くはこの地に楊柳の大木があったと伝わり、奈良坊目拙解には以下のように記されている。

有楊柳大木手力雄社内 枝葉繁茂而覆道路 謂手力雄柳 近世大風折損過半 今僅存株餘焉

奈良三条通北側東端築地の上にあり、後方は築地塀を挟んで興福寺会館となる。
明治28(1895)年6月、三条通の拡幅時に、奥行き一間六分が切り縮められ道路に編入された。同年8月、石壇整備などを進め、社殿も少々移転した。

参考資料:Wikipedia(2016年8月2日)
記事:
 取材:28.3.-7
 投稿:28.11.30
[PR]
by fbox12 | 2016-11-30 15:56 | 神社

懐かしの熱海駅とその周辺

41-90 旧貨物線:現伊東線ホーム1番線
a0057057_17142625.png現在の熱海駅1番線は、貨物線を転用した(上りホームにあった5番線を廃止し、海側へ一番ずつずらした)。
写真の左奥に見えるのは貨物ホーム。日通(日本通運)の施設があり、荷扱いを行っていた。
写真は、元熱海鉄道同好会々長K氏(故人)のネガを昭和43(1968)年頃本人から直接借りたもの。写っている機関車は昭和33(1958)年頃まで沼津機関区に配置されていたEF56型。この頃は普通列車を主に牽引していたと思われるが、写真の前面扉が開いているのを見ると(夏の暑い時期)貨物の入換をしていたのかもしれない。

駅前にはビル屋上の星形電飾看板(ナショナル?・蛍光灯)があり、右側の垂れ幕は救世熱海美術館(現MOA美術館の前身)の案内。書かれている文字は「夏期休舘中 熱海美術館」。

撮影日:昭和32(1957)年もしくは33(1958)年の夏

41-91 旧5番線:現4番線の一部
a0057057_1734569.png41-90 にあるとおり、貨物線が新1番線となったとき、海側へホームの番線数が1番ずつずらされた。
それは、旧伊東線用5番線が上りホームの神戸方海側を欠き取った終端型ホーム(写真、80系電車が停車中)だったものを廃止(後に現4番線ホームを拡幅した形)として調整した。写真の撮影時は既に新幹線が出来ていた(一番手前が新幹線線路)。在来線の続き番号だった新幹線の番線番号は、番線数が従来と変わらないためそのまま現在まで変更はない(下り6番線、上り7番線)。
写真の80系電車は、急行「伊豆」号などに使用されていたいわゆる湘南電車。撮影当時、既に「伊豆」号は157系、その他は153系電車になっていて普通列車用だった。
伊東線には80系の通勤型70系電車が配備されていた(横須賀線と共用)が、写真の頃には既に撤退していたため80系が充てられていたものと思われる。

写真の左右には、駅前の「清酒 大関」及び「志ほみや」のネオンサインが見える。
「大関」のネオンサインは、平和通り入口の丸福名産店の上にあった。「志ほみや」は、現在の「懐かしの熱海 湯宿一番地」(静岡県熱海市春日町1番2号)である。

撮影日:昭和42(1967)年頃

41-92 東海道線・伊東線
a0057057_13431760.png写真は、41-91 よりさらに右側を写したもの。
157系電車急行「伊豆」号が走行しているのが東海道線・伊東線の下り線で、この頃は野中山トンネル(現伊東線)の先まで両線が線路を共用していた。
当時の下りホームは41-90 のEF56型の左横が1番線(現2番線)。その向かい(写真、157系が出発した線)が2番線(現中線の3番線)だった。
今と違うのは、当時の2番線が本線で、特急などの優等列車はこちらを使用。海側の1番線は待避線だった。

写真に見える屋上ネオン看板は「静岡銀行」。下のビルが静銀のビルで、「熱海駅支店」があった。
同支店は、後に規模縮小で出張所になり、最終的には銀座の熱海支店に統合されてしまったが、今回熱海駅の改築により「熱海駅[店舗外ATM(しずぎんクイックコーナー)]」として復活した。
看板の後ろは熱海城。熱海城の下、白く見えるのがこの頃既に開業していた、熱海後楽園(昭和40(1965)年8月1日開業)だが、遊園地の観覧車はまだない。

撮影日:41-91 と同日

41-93 東海道線・伊東線Ⅱ
a0057057_13313678.png写真は、41-92 のさらに右側。
まず、電車は、41-91 の80系。走ってきたのは、東海道・伊東線共用の上り線。80系はそのまま旧5番線に入線する(写真、41-91)。
当時、下り線の2番線(現3番線)が本線であったように、上り線は3番線(現4番線)が本線であった。ただ、下り線とは少し事情が異なっていて、この写真側からホームを見た場合、海側から3番線、5番線、4番線の順の配線で、3番線は5番線に5両分程度の有効長を取られているため、東京方が若干延長されているとはいえ、本線でありながら15両編成の列車などは有効長が足りずドアを締め切り扱いとしていた。
また、伊東線は東海道線の線路を共用としていたことから、一番山側の4番線(現5番線)へも入線が可能だった(現在では配線の都合上、伊東線からの列車は5番線へ入線することはできない)。

写真に見える看板は、「赤尾ホテル」。今の(錦ヶ浦)ホテルニューアカオの前身である。
また、一番右側の山には山肌に張り付くように旅館「常盤館」があった(現熱海咲見町ハイツ)。どの部屋からも海が見えるよう、山肌に沿う形で建てられた旅館だったが、昭和30年代頃に廃業となりしばらくはそのままにされていた。

撮影日:41-91 と同日

41-94 下り本線2番線(現、3番線)の「ひので」号
a0057057_14285436.png41-92・93 にあるように、伊東線新ホーム(現、1番線)が出来る前の東海道線は、いわゆる(現在の)中線(2・3番線・・現、3・4番線)が本線だった。
写真は、その下り本線、2番線に停車している修学旅行用(修学旅行のための団体専用列車・・列車としては、急行扱い)155系電車「ひので」号。
昭和34(1959)年から製造され、修学旅行用としては昭和46(1971)年10月まで使用された。

駅前には第一ビルが建っている(ビルは、昭和42(1967)年3月31日完成)。中棟屋上のネオン看板は駿河銀行(現、スルガ銀行)。当時、このビルに同行熱海駅支店があったが、ビル入居前は現在の共同浴場「田原湯」(通称、「駅前温泉」)のあたりにあった。

撮影日:昭和42年〜45年頃



41-94-2 下り本線2番線(現、3番線)の客車急行(?)
a0057057_14562363.png41-94「ひので」号写真と同じ2番線の写真。
位置は、「ひので」号よりホーム中ほどのところで、写っているのは「急行」のサボ(種別札)がないが、右側の客車が車掌室付きであることから、客車急行の「霧島・高千穂」号と思われる。
急行「霧島・高千穂」号だとすれば、東京駅を11時過ぎに出て、熱海には13時過ぎ到着。門司で分割され「霧島」は鹿児島本線経由、「高千穂」は日豊本線経由でどちらも西鹿児島(現、鹿児島中央)まで運行された列車である。
当初、「霧島」には寝台車が連結されていたが、昭和43(1968)年10月のダイヤ改正時廃止された。

撮影日:昭和42年〜45年頃

これからあと、駅舎改築まで・・

記事:
 投稿:28.2.-6
 調整:随時
[PR]
by fbox12 | 2016-11-30 14:31 | 鉄道・バス

1004 土山サービスエリア (NEXCO中日本)

a0057057_22433064.png

所在地:滋賀県甲賀市土山町南土山1122-74
所属・路線:中日本高速道路株式会社・新名神高速道路
本線標識の表記(よみ):土山(つちやま)
位置:新四日市JCT起点 33.9km
   ◄[3]亀山西JCT(10.5km) - 土山SA - (3.0km)[4] 甲賀土山IC►

概要:
中日本高速道路(NEXCO中日本)管轄路線にあるサービスエリア・パーキングエリアはNEXCO中日本グループのグループ会社である中日本エクシスが管理・運営するが、当SAは甲賀市や近江鉄道(西武グループ)などが出資する第三セクターの「土山ハイウェイサービス株式会社」が管理・運営する。新名神高速道路亀山JCT-草津田上ICの開通に伴い、平成20(2008)年2月23日に開業した。
当SAは日本で2番目の規模になる予定であったが、国土開発幹線自動車道建設会議で新名神高速道路の建設コスト縮減が決定され当初の予定の半分の面積(上下線を併せた総面積は174,600㎡)に縮小されている。もともと下り線専用スペースとなる場所に上下線の駐車場と施設が配置され、上り線専用駐車場になる予定であった用地はアスファルトプラントなどの工事用施設が撤去された後は空き地のままとなった。
施設は東名高速道路浜名湖SA等と同種の上下線集約型の特殊構造となっており、高速道路本線の南側に位置する。下り線側のランプ部は一般的な上下線分離型のSA・PAとほぼ同一の構造であるが、上り線側本線流出ランプは本線から進行方向左側へ分岐したのち、本線と下り線流入ランプを跨道橋(土山ランプ橋)で越え、SA南側へ廻り込み東側から駐車場へ接続する。また、上り線の本線流入は駐車場西側から下り線流入ランプと本線をアンダーパスし上り本線に接続する。
一般道路側には施設利用者とパークアンドバスライド利用者のために来客用駐車場を完備しており、一般道路と施設間に連絡通路を設け歩行者と車椅子利用者の往来が可能となっている。国道1号の蟹が坂交差点には、当駐車場の案内看板が設置されている。
下り線方向に甲賀土山ICがあるためか、当SA名称を「甲賀土山SA」と誤表記される場合がある(また、甲賀土山ICのことを「土山IC」と誤表記される場合もある)。
SA内に設置されているガソリンスタンドは、上下線ともにセルフ式である。また、NEXCO3社管内の高速道路では初のコンビニエンスストアのセブン-イレブンが出店している。
ユニバーサルデザインを基調とした設計がされており、トイレ棟においては外国語案内表記、点字案内、多機能化等の配慮がされ、敷地内に遊歩道やドッグランを整備すると共に「ペット用水飲み場」や「ペット用トイレ」等を設けている。また、遊歩道に太陽光発電照明を導入し、夏季におけるトイレ屋上部の屋上緑化等多種の環境負荷軽減策を取り入れている。
NEXCO中日本が推進する完全分煙化対策に合わせ、トイレ棟西側に新たな喫煙室が平成21(2009)年8月10日に完成した。これにより、開業以来運用してきたセンター棟の喫煙室を同年11月3日に廃止し、廃止後の空きスペースに京都の和雑貨を取り扱う「京都くろちく土山サービスエリア店」が同年11月13日にオープンした。

歴史:
平成20(2008)年2月11日 : 竣工式挙行
 2月23日 : 新名神高速道路亀山JCT-草津田上ICの開通に伴い開業
 3月20日 : 土山バスストップ開設
 11月1日 : 当施設へのアクセスとなる甲賀市コミュニティバス(あいこうかデマンドバス)「土山サービスエリア口」停留所開設、当路線運行開始
平成21(2009)年6月29日 : ソフトバンクモバイルの基地局設置工事開始
 7月17日 : 外部電源式アイドリングストップ給電スタンドの完成式を13時30分より挙行し、15時より使用開始
 7月25日 : トイレ棟西側に館外喫煙室の新設工事開始
 8月10日 : 館外喫煙室完成
 8月12日 : コンシェルジュのカウンターに携帯電話充電器設置
 8月26日 : 郵便ポスト設置
 9月1日 : 郵便ポスト利用開始
 11月3日 : センター棟内喫煙室廃止
 11月13日 : センター棟内喫煙室廃止後の空きスペースに「京都くろちく」オープン
 12月21日 : ソフトバンクモバイル基地局開通
平成22(2010))年1月25日 : NTT基地局設置工事開始

a0057057_22443590.png1004-01 下り 草津・大津京都方面

 GS:昭和シェル(24時間)
 
a0057057_22473885.png1004-02 上り 亀山・伊勢・名古屋方面

 GS:昭和シェル(24時間)
 コンビニ:セブン-イレブン(24時間)

参考資料:Wikipedia(2016年8月6日)
記事:
 取材:28.3.-6/-7
 取材以外利用:28.8.16/9.-7
 投稿:28.11.29
[PR]
by fbox12 | 2016-11-29 23:24 | 鉄道・バス

1004 タギルFX

a0057057_22102257.png販売名:ビタロジャー3000
品名:指定医薬部外品
原材料:タウリン・ロイヤルゼリー・カルニチン塩化物・チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)・リボフラミン(ビタミンB2)・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ニコチン酸アミド・無水カフェイン他添加物
容量:100ml
製造元:金陽製薬(奈良県五條市住川町1420番地)
発売元株式会社新日配薬品(山口県下関市新垢田北町2番16号)
[PR]
by fbox12 | 2016-11-28 22:32 | コレクション

駅舎改築記念・・少し前の熱海駅とその周辺(編集中)

a0057057_21483984.pnga0057057_2212335.png

a0057057_1635432.png
a0057057_225586.pnga0057057_223953.png





a0057057_16343262.png

記事:
 投稿:28.11.26(編集中)
 調整:28.11.30
 
[PR]
by fbox12 | 2016-11-26 22:09 | 鉄道・バス

188 西焼津駅 (JR東海)

a0057057_181179.png

a0057057_200246.pnga0057057_2011672.png
a0057057_2095133.png

a0057057_20193342.png

所在地:静岡県焼津市西焼津112-1
所属・路線:東海旅客鉄道株式会社・東海道本線
駅名読み(電報略号):にしやいづ(ニヤ)

概要:
a0057057_2210485.png東京からちょうど197kmのところにあり、タイトルのように中心部にキロポストがある。
駅の南北を結ぶ簡便な橋上駅舎を備える。同日(民営化の11日前、昭和62(1987)年3月21日)開業した片浜駅と構造が酷似している。
東海交通事業の職員が業務を担当する業務委託駅で、焼津駅が当駅を管理している。駅舎内部にはみどりの窓口や自動改札機などが置かれている。
a0057057_2223176.png





平成18(2006)年に各ホームにエレベーターが設置された。このエレベーターは改札外である「地上と駅舎との間の昇降」と改札内である「駅舎とホームとの間の昇降」とを同じエレベーターで行っており(停止位置やドアの開閉方向でそれぞれの用途に対応する)、変わった構造をしている(写真は、上りホームのもの)。

歴史:
昭和62(1987)年3月21日 - 国鉄東海道本線の焼津 - 藤枝間に新設開業(旅客営業のみ)
 4月1日 - 国鉄の分割民営化により東海旅客鉄道の駅となる。
平成18(2006)年2月 - バリアフリー化(エレベーター設置)
平成20(2008)年3月1日 - TOICAのサービス開始

駅構造:
相対式ホーム2面2線を有する地上駅。

a0057057_22114011.pngのりば:
1番線(写真手前) 東海道本線 上り 静岡・沼津方面
2番線(写真右側) 東海道本線下り 浜松・豊橋方面

バス路線:
西焼津駅南口(タイトル下写真) - しずてつジャストライン、焼津市自主運行バス
五十海大住線
 焼津市立病院行(大住・静岡福祉大学前経由)
 清里行(豊田まわり 六間川・藤枝大手経由)
焼津市自主運行バス

西焼津駅北口(概要欄写真) - しずてつジャストライン
五十海大住線
 清里行(東名焼津西まわり)-朝のみ、西焼津駅北口始発

東名焼津西バス停 - 駅から約500m
東名ハイウェイバス・しずてつジャストライン
高速線

なお駅前には駐車場が多い。

参考資料:Wikipedia(平成28(2016)年7月4日)
記事:
 取材:28.8.-4
 投稿:28.11.18
 調整:28.11.19/22
[PR]
by fbox12 | 2016-11-22 22:08 | 鉄道・バス

1001 NEOPASA 駿河湾沼津 (NEXCO中日本)

a0057057_21321937.png

所属・路線:中日本高速道路株式会社・新東名高速道路
供用開始日:平成24(2012)年4月14日

概要:
[6]長泉沼津IC - [7]新富士ICの間にあり、正式名称は「駿河湾沼津サービスエリア」。新東名高速道路開通とともに設置されたサービスエリアである。
コンセプトは「リゾートマインド」。供用開始前の仮称は「沼津サービスエリア」であった。
上下で場所が異なるが、その名の通り昼間は駿河湾を、夜間は沼津市街や周辺の夜景をそれぞれ一望できるロケーションにあり、上下線ともに東名高速道路 海老名SAの約1.5倍の面積となっている。また、NEOPASAのブランド名が使用される。現在、スマートインターチェンジの設置事業中。

a0057057_2116457.png1001-01 下り(名古屋方面)
所在地:静岡県沼津市根古屋字的場770-1-65
GS:出光興産 / EV急速充電スタンドあり
コンビニエンスストア:ミニストップ

a0057057_14241377.png派手な外観の上りに比べ、こじんまりとした外観の施設。
上り側より東京方に位置し、SAは上り側も含めて一般道(通称、根方街道)からも利用できるが、スマートICが設置準備中のため、高速道路本線への出入りはできない。
(右写真:一般道からのゲート)

a0057057_1551960.png1001-02 上り(東京方面)
所在地:静岡県沼津市井出字銭神1392-7-73
GS:JXエネルギー(ENEOS) / EV急速充電スタンドあり
コンビニエンスストア:ミニストップ
(写真は下り側駐車場から)


a0057057_1020524.pnga0057057_1081771.png


参考資料:Wikipedia(平成27(2015)年12月6日)
取材:28.3.-6他
投稿:28.10.-5
調整:28.11.22
[PR]
by fbox12 | 2016-11-22 21:37 | 鉄道・バス

1003 スパークユンケル

a0057057_21374770.png販売名:
品名:第2類医薬品
原材料:イカリソウエキス・黄精(オウセイ)流エキス・大棗(タイソウ)エキス・ビタミンB1塩酸塩・ビタミンB2リン酸エステル・ビタミンB6・ビタミンB12・ニコチン酸アミド・無水カフェイン他添加物
容量:50ml
製造発売元:佐藤製薬株式会社(東京都港区赤坂一丁目5番27号)
[PR]
by fbox12 | 2016-11-21 22:10 | コレクション

84 津島神社 静岡県焼津市鎮座

a0057057_1575326.png

a0057057_15364171.pnga0057057_15393749.png

a0057057_15421856.png
鎮座地:静岡県焼津市西焼津
祭神:

JR西焼津駅の北東に鎮座する。

取材:28.8.-4
投稿:28.11.20
[PR]
by fbox12 | 2016-11-20 15:45 | 神社

83 魚河岸水神社遥拝所 東京都中央区鎮座

a0057057_22353278.png

a0057057_2238580.pnga0057057_22401242.png

a0057057_22412735.pnga0057057_22442666.png
鎮座地:東京都中央区築地6-27築地魚市場内
祭神:弥都波能売命
社名かな:うおがしすいじんじゃようはいじょ

a0057057_2351263.png由緒:(境内石碑より)
水神社の歴史は古く、天正18(1590)年、徳川家康公の江戸入府とともに移住してきた日本橋魚市場の開祖・森孫右衛門ら摂津国の佃村・大和田村の漁師たちが、大漁・海上安全と子孫繁栄を祈願して「弥都波能売命」を祀った「大市場交易神」がその始まりといわれています。
明治34(1901)年には神田神社(神田明神)の境内に「水神社」本殿が建立され、日本橋魚市場は関東大震災以後に築地に移転し、現在地に遥拝所が建立されました。
以来、築地魚市場の守護神として「水神さま」と及びし、魚河岸会の人々の篤い崇敬によって大切に守られています。
この場所は、江戸時代は松平定信庭園跡で、明治維新後は海軍用地となり、境内にある「旗山」の碑は、日本海軍発祥のゆかりを記す貴重な史跡です。
尚、毎年二月には神田神社境内の水神社拝殿、御参拝が行われています。また遥拝所でも1・5・9月の年3回神事が執り行われています。

この神社最寄の駅・バス停:
 東京メトロ・日比谷線 築地/都営地下鉄・大江戸線 築地市場

取材:28.5.20
投稿:28.9.25
調整:28.11.20
[PR]
by fbox12 | 2016-11-20 15:03 | 神社