fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

<   2015年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

EB10形電気機関車

a0057057_18594788.pngEB10形電気機関車は昭和6(1931)年に日本国有鉄道(国鉄)の前身である鐵道省が改造により製作した直流電気機関車である。
昭和2(1927)年に2両製造された国鉄唯一の蓄電池機関車であるAB10形を改造した。AB10形については、以前の記事を参照のこと。

AB10形は1931年、須賀線(東北本線の貨物支線で、王子 - 須賀間2.5km)の電化にともない、芝浦製作所で架線から集電する電気機関車に改造され、形式がEB10形に改められた。
蓄電池の代わりに抵抗器などの機器を搭載して機械室部上面に通風口を新設し、運転室屋根上にはパンタグラフを設置した。これにより前照灯は庇の下に移設している。制御方式は主電動機2個永久直列接続、抵抗制御のみとなった。

運用:
新製時から廃車まで東京機関区、田端機関区に配置され、在籍時は終始、須賀線を往復していた。1両を運用し、もう1両は王子駅に隣接した機関庫で待機していた。昭和46(1971)年に須賀線が廃止になると用途がなくなり、翌47(1972)年に廃車になった。

終戦直後の昭和21(1946)年1月、極端な車両不足に見舞われた東京急行電鉄井ノ頭線(現在の京王井の頭線)に貸し出された。プッシュプル(列車の前後に機関車を配置する方式)で付随車を引く計画であったが、試運転は行われたものの車両限界(車両が建造物等に接触せずに走行できる最大の大きさ)に抵触したため井ノ頭線での使用は断念され、さらに厚木線(現相鉄本線)で試運転が行われたがやはり使用には至らず6月に鐵道省(後の国鉄)へ返還された。

主要諸元:
全長×全幅×全高:8200×2870×3980mm
軸配置:Ao-Ao
運転整備重量:22.64t(AB10のときは、30.51t)
最大軸重:11.32t
電気方式:直流1500V
1時間定格出力:135kW
1時間定格引張力:2700kg
1時間定格速度:19km/h
主電動機:MT22A×2
動力伝達装置:1段歯車減速、ツリカケ式
歯車比:17:72=1:4.23
最高運転速度:40km/h
制御方式:非重連、抵抗制御
制御装置:電磁空気単位スイッチ式
制御回路電圧:100V
ブレーキ装置:入換用空気ブレーキ、手ブレーキ

(以上、記事内容 Wikioedia:平成27(2015)年1月15日更新から / 写真:筆者所蔵)


模型:
a0057057_19272799.png車両ファイル№ (調整中)
形式:EB10
車号:EB10 1(奥:16番)
仕様:
原メーカー:天賞堂(品番: )
改造整備:連結器・・KDカプラー

車号:EB10 2(手前:N)
 - 整備中 -
[PR]
by fbox12 | 2015-05-31 19:00 | 鉄道・バス

128 津田沼(つだぬま)駅 (JR東日本・総武本線)

a0057057_18454789.png所在地:千葉県習志野市津田沼一丁目1-1
所属・路線:東日本旅客鉄道株式会社・総武本線

津田沼駅は、千葉県習志野市にある駅であるが、船橋市(特に東部)の玄関口的存在でもある。
改札は習志野市側にある一方、ホーム西側の一部が船橋市前原西二丁目にまたがっている。
運転系統としては、快速線を走る総武快速線、および緩行線を走る中央・総武線各駅停車の2系統が停車する。

a0057057_13523479.png歴史:
明治28(1895)年9月21日 - 総武鐵道の駅として開業。旅客・貨物扱い開始
明治40(1907)年9月1日 - 鉄道国有法により買収され、官設鉄道の駅となる。
昭和44(1969)年4月8日 - 営団地下鉄(現、東京メトロ)東西線からの平日ラッシュ時直通乗り入れ開始
昭和47(1972)年7月15日 - 両国駅 - 当駅間の複々線化完成。総武快速線の運転開始
昭和49(1974)年10月1日 - 当駅 - 千葉駅間の複々線化完成。貨物扱い廃止
昭和62(1987)年4月1日 - 国鉄分割民営化により、JR東日本の駅となる。
平成13(2001)年11月18日 - ICカードSuica供用開始
平成23(2011)年3月20日 - 駅ナカ『Dila津田沼』リニューアルオープン

戦前は軍郷習志野への玄関口として賑わった。また、明治40(1907)年には駅周辺に陸軍鐵道聯隊が転営し、「津田沼」はその所在地として知られるようになった。戦後、鐵道聯隊の広大な敷地は千葉工業大学などの学校用地とされた他、松戸方面への旧演習線が新京成電鉄新京成線に転用された。また、1960年代には千葉方面への旧演習線施設の一部を利用して陸上自衛隊第101建設隊が設置されている(昭和41(1966)年廃止)。

駅構造:
島式ホーム3面6線を有する地上駅。橋上駅舎を有し、エレベーターとエスカレーターが設置されている。元は2面3線の構造で現在の北口側に駅舎が存在したが(後に南口を開設)、昭和47(1972)年の複々線化に合わせて現在の形に拡張され、橋上駅化された。改札付近にみどりの窓口(営業時間 6:00 - 22:00)と指定席券売機が設置されている。

日中の各駅停車の約半数は当駅で中野方面に折り返す。当駅折り返しの電車は千葉方面直通とホームが異なるため、西隣の東船橋駅での乗り換えを誘導する車内放送が流れる。また、快速も朝夕の通勤時間帯を中心に横須賀線方面への折り返し電車が多数存在する。また、平日ラッシュ時に限り各駅停車ホームから当駅始発として東京メトロ東西線直通列車が運転され、一部は同線を経由して中央線(緩行線)の三鷹駅まで直通する。また、休日を中心に特急「新宿わかしお」「新宿さざなみ」が同駅に停車する。
また、千葉方面からの列車の車掌の交代を行う場合もある。

駅構内には、駅ナカ商業施設のDila津田沼がある。

のりば:
他の総武線各駅とは違い、駅事務所が北側にあるため、西船橋駅などと同様、番号割り当ては逆である。

1番線 総武・横須賀線(快速)下り 稲毛・千葉方面 一部は2番線から発車
2・3番線          上り 錦糸町・東京方面 一部は1番線から発車
4番線 総武線(各駅停車)東行 幕張本郷・稲毛・千葉方面
5・6番線 西行 西船橋・錦糸町・新宿方面5番線は当駅始発専用 地下鉄東西線直通はすべて5番線
当駅の西側に大きく、同じく当駅の東側に1本、それぞれに総武線各駅停車専用の留置線がある。かつては習志野電車区があったものの、現役車両が209系とE231系になってからは三鷹車両センター配置となっている。


(以上、記事内容 Wikipedia:平成26(2015)年5月22日更新から)
[PR]
by fbox12 | 2015-05-30 18:49 | 鉄道・バス

コカ・コーラ 160ml缶

a0057057_1953710.pngミニチュアボトルコレクション900

品名:炭酸飲料
原材料:糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)・カラメル色素・酸味料・香料・カフェイン
容量:160ml
販売者:コカ・コーラ ナショナルセールス株式会社(東京都千代田区有楽町1-7-1)

小さいコカ・コーラ9cm缶。内容量160ml。さらに小さい135ml缶もある。
[PR]
by fbox12 | 2015-05-29 20:25 | コレクション

本場琉球泡盛 宮の華

a0057057_18455893.jpgミニチュアボトルコレクション44

酒類:(酒税法上)単式蒸留しょうちゅう(旧、焼酎乙類)
酒類通称:泡盛
原材料:米麹
度数:30度
容量:100ml
製造所:宮の華酒造所(沖縄県宮古郡伊良部町字仲地158)
ビン詰め:

「宮古島の華麗な華となるように」という気持ちで名づけられらた酒造所名「宮の華」。
酒造所に働く人の8割が女性というだけあって、細かな気配りが隅々まで行き渡り、繊細な泡盛を作り上げている。伊良部島の泡盛。
マイルドタイプの「宮の華 25度」もある。
[PR]
by fbox12 | 2015-05-27 18:55 | コレクション

本格焼酎 さつま白波

a0057057_21313445.pnga0057057_2114932.pngミニチュアボトルコレクション 302・43

酒類:(酒税法上)単式蒸留しょうちゅう(旧、焼酎乙類)
酒類通称:芋焼酎
原材料:さつまいも(鹿児島県産)・米麹(国内産米)
度数:25度
容量:100ml
製造所:薩摩酒造株式会社(鹿児島県枕崎市立神本町26)
詰口:平成24年1月6日(左ボトル) / 平成平成27月3月12日(右ボトル)

a0057057_21325883.png鹿児島県産の焼酎づくりに最も適したさつまいもであるコガネセンガンと米麹を原料に、薩摩に伝わる焼酎製法を継承する黒瀬杜氏が仕込んだ本格薩摩焼酎。濃い甘さと、芋らしい香り。

ミニチュア瓶に関しては、平成24年から25年にかけてラベルが若干変更となった(右写真:左側が現行、右側が24年以前・・右側瓶のラベルは左側瓶の白い部分の原材料名、内容量、アルコール度数などが、銘柄ラベルに印刷されている)。

現在のラインナップ:
 1.8l 1,724円(税抜)
 900ml 924円(税抜)

通常は、25度だが、20度もある。


(以上、記事内容 薩摩酒造のホームページから)
[PR]
by fbox12 | 2015-05-25 21:09 | コレクション

本格焼酎 さくら白波

a0057057_17462073.pngミニチュアボトルコレクション42

酒類:(酒税法上)単式蒸留しょうちゅう(旧、焼酎乙類)
酒類通称:芋焼酎
原材料:さつまいも・米麹
度数:25度
容量:100ml
製造所:薩摩酒造株式会社(鹿児島県枕崎市立神本町26)
ビン詰め:平成26月12月10日

南薩摩産のさつまいもを原料に黄麹で仕込んだ華やかな香りの本格芋焼酎。

現在のラインナップ:
1.8lびん  1,780円(税抜)
1.8lパック 1,760円(税抜)
900mlびん  952円(税抜
900mlパック 930円(税抜)


(以上、記事内容 薩摩酒造のホームページから)
[PR]
by fbox12 | 2015-05-23 18:01 | コレクション

124 白山(はくさん)駅 (都営地下鉄)

a0057057_1853304.jpg

a0057057_18545225.pnga0057057_15544493.pnga0057057_1634610.png

所在地:東京都文京区白山五丁目36-10
所属・路線:東京都交通局(都営地下鉄)・三田線
駅番号:I13

歴史:
昭和47(1972)年6月30日 - 都営6号線の駅として開業。
昭和53(1978)年7月1日 - 都営6号線を三田線に改称。

駅構造:
2面2線の相対式ホームを持つ地下駅。南北行線間に柱がない。

a0057057_15381976.png旧白山通りの薬師坂のほぼ真下に駅がある。改札は春日寄りの出入口A1(右写真)側と千石寄りのA2・A3(上写真)側の2か所に設置されており、それぞれ坂の下部と上部方面に位置することから、改札内の案内標では地域の呼び名に合わせて「白山下」・「白山上」と表記されている。改札外では一度地上に出ないと行き来することはできない。
バリアフリー設備としてホームと改札内コンコースを結ぶエレベーター2基とA3出入口側に地上と連絡するエレベーターが設置されている。改札内にスロープを備えただれでもトイレが設置されている。
他にエスカレーターが、各ホームにホーム→改札内コンコース方向のみ運転が2機づつ、A3出入口改札階→踊り場方向のみ運転が1機設置されている。

のりば:
1番線 I 都営三田線 日比谷・白金高輪・目黒・東急線方面
2番線 I 都営三田線 巣鴨・高島平・西高島平方面

駅構内:
かつては改札の内外に一つずつ売店があったが、改札外の物は平成14(2002)年頃に閉鎖、改札内のものも平成21(2009)年2月に閉鎖し、そのスペースは軽食類の自動販売機が設置されている。
改札内にあった倉庫を有効活用する目的でテナントを募集して、これに板橋区に本店のある不動産業者が落札して不動産仲介店舗を設置していたが、平成25(2013)年3月31日を以て閉店した。その後その場所に平成26(2014)年4月30日、ミニストップ白山駅店が開店。駅構内の売店が5年ぶりに復活したことになる。

バス路線:
白山上(停)
都営バス
<草63> 浅草寿町(西日暮里駅前・三ノ輪駅前経由)
<草63> 池袋駅東口(巣鴨駅前・西巣鴨経由)

向丘二丁目(停)
都営バス
<東43> 江北駅(駒込病院前・田端駅前経由)
<茶51> 駒込駅南口
<東43> 東京駅丸の内北口(本郷三丁目駅前・御茶ノ水駅前経由)
<茶51> 秋葉原駅前(本郷三丁目駅前・御茶ノ水駅前経由)

a0057057_16162774.png白山駅/白山下(停)
 文京区コミュニティバス「Bーぐる」千駄木・駒込ルート(右写真)
  白山駅→日本医大前→千駄木駅(団子坂下)→駒込病院・南北線駒込駅→千石駅→白山下→文京シビックセンター(春日駅前)方面

日本医大前方面へ向かう場合はA3出口より白山駅バス停から、文京シビックセンター方面へ向かう場合はA1出口より白山下バス停から乗車したほうが早く到着する。

*地下鉄が出来てしばらくは、巣鴨車庫 - 一ツ橋間の都営バスが運行されていた。この路線は、その殆どが地下鉄の真上を走るコースであるため、ほどなく廃止されたが、かつて、このコースは、都電35系統(廃止時)が走っていたもので、バスはその代替えであった。
都電の頃は、白山下、白山上の電停があり、白山下はその昔、「指ヶ谷町(さしがやちょう)」の名称だった。
白山駅は、白山神社の最寄り駅である。


(参考資料:Wikipedia 平成27(2015)年4月17日更新)
[PR]
by fbox12 | 2015-05-22 18:58 | 鉄道・バス

薩摩焼酎 黒白波

a0057057_17445036.pngミニチュアボトルコレクション41

酒類:(酒税法上)単式蒸留しょうちゅう(旧、焼酎乙類)
酒類通称:芋焼酎
原材料:さつまいも・米麹
度数:25度
容量:100ml
製造所:薩摩酒造株式会社(鹿児島県枕崎市立神本町26)
ビン詰め:平成27月3月12日

現在のラインナップ
 1.8l 1,724円(税抜)
900ml   924円(税抜)
720ml  1,000円(税抜)
度数25度だが20度もある。
[PR]
by fbox12 | 2015-05-21 17:46 | コレクション

本格焼酎 麦わら帽子

a0057057_18483084.pngミニチュアボトルコレクション40

酒類:(酒税法上)単式蒸留しょうちゅう(旧、焼酎乙類)
酒類通称:麦焼酎
原材料:麦・麦麹
度数:25度
容量:100ml
製造所:薩摩酒造株式会社(鹿児島県枕崎市立神本町26)
ビン詰め:平成26月11月26日

平成22(2010)年7月21日新発売の麦焼酎。
厳選された二条大麦だけを原料にして造られている。
お湯割りやロック、水割りに向いている。

現在発売のラインナップ:(金額は、参考小売価格(税込))
 720ml瓶(1,029円)、1800ml瓶(1,644円)、900ml瓶(903円)、1800mlパック(1,628円)


(以上、記事内容 薩摩酒造のホームページから)
[PR]
by fbox12 | 2015-05-18 18:48 | コレクション

123 さくら夙川(さくらしゅくがわ)駅 (JR西日本・東海道本線)

a0057057_198219.jpg

a0057057_1985723.pnga0057057_1914544.png

所在地:兵庫県西宮市神楽町11-28
所属・路線:西日本旅客鉄道株式会社・東海道本線

さくら夙川駅は、兵庫県西宮市神楽町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。「JR神戸線」の愛称区間に含まれている。
駅名は、駅西方約200mの所を流れる夙川の河川敷にある夙川公園に桜が多く植えられ、ここでの花見が例年名物になっていることに由来している(タイトル写真)。駅の自動改札機が桜をイメージした意匠となっているほか、駅専用のロゴマークが制定されている。

歴史:
当駅は、地元自治体などから働き掛けて設置となる請願駅ではなく、鉄道事業者であるJR西日本の主導により設置が決められており、また設置に至った経緯には特殊な事情がある。
当駅の真下を通る県道大沢西宮線では予てから片側1車線を2車線に拡幅する工事が行われており、駅新設工事は『県道拡幅工事の付帯事業』とみなされるため、国から補助金が出ることになっている。このため、地元自治体である西宮市にとっては多大な費用負担の必要がないことから、JR西日本が単独で新駅設置の方針を固めた後、地元自治体の西宮市側に新駅設置を働き掛け、設置が決まった。
駅名が「さくら夙川」に決まる前には、近隣にある大学の学識者からはえびす宮総本社の西宮神社も近くにある事から「戎前」という候補が挙げられた。実際に十日戎や初詣では多くの乗降客がある。

年表:
平成13(2001)年 - 起工する。仮駅名はJR夙川駅であった。
平成18(2006)年11月22日 - 正式駅名をさくら夙川駅に決定する。
平成19(2007)年3月18日 - 東海道本線の西宮駅(3月17日までは、西ノ宮駅) - 芦屋駅間に新設開業する。

a0057057_1929166.png駅構造:
複々線の内側線(電車線)のみ島式ホーム1面2線(8両編成対応)が設置されている高架駅である。改札口は南側に1箇所設置されている。
(右写真:上り2番のりばと上り通過線)
駅舎のデザインについては、「自然のうるおいを感じられる駅」を基本コンセプトとし、夙川の流れを波状の屋根で、夙川公園の桜を駅舎の壁のイメージカラーとする事で表現していると説明されている。
駅業務はジェイアール西日本交通サービスに委託されており、芦屋駅が当駅を管理している。駅員に女性のみを配置している数少ない駅の一つである。開業当初は駅員の制服は当駅オリジナルであったが、現在は他の同社による業務委託駅と同じものである。始発から6時までの間のみ無人となるため、この時間帯に自動券売機で発券される乗車券には委託・無人駅を示す「ム」マークが印字される。アーバンネットワークエリアに属しており、ICOCAおよび提携ICカードが利用可能である。
開業当初から喫煙コーナーを設置しておらず、終日全面禁煙である。

a0057057_19533830.pngのりば:
1番のりば A JR神戸線 下り 三ノ宮・姫路方面
2番のりば        上り 尼崎・大阪・北新地方面
(左写真:学研都市線 松井山手行き)

駅名に因んだ接近メロディ
開業時から約3年間、列車接近時のメロディとしてコブクロの『桜』のサビの部分をアレンジしたインストルメンタルが流されていたが、駅の認知度向上という目的を達成したとして、平成22(2010)年3月2日からJR神戸線標準メロディの『さざなみ』に変更された。終了時期についてJRは、当初は平成20(2008)年度で終了する予定だったものを観光キャンペーンの関係で1年延長したとしているが、年間数百万円といわれる著作権料の支払いが影響したとの報道もなされた。

ダイヤ:
日中時間帯は1時間あたり8本が停車する。朝ラッシュ時の大阪方面は4分間隔で発車する。

a0057057_1959455.png路線バス:
当駅の開業日から阪急バスと阪神バスの「JRさくら夙川」バス停が設置されている。場所は北行(阪急夙川駅方面)がJRの高架下(駅前)だが、南行(阪神西宮駅方面)は大沢西宮線を数10m北に進んだ所にある(写真は、阪急バス - 阪急夙川駅前)。

阪急バス/阪神バス
 1系統:五ヶ池行(阪急夙川・柏堂町・鷲林寺・西宮甲山高校前・甲山墓園前・甲山大師経由)・西宮甲山高校前 行(阪急夙川・柏堂町・鷲林寺経由)/西宮北口行(西宮戎・JR西宮経由)
 2系統:かぶとやま荘行(阪急夙川・柏堂町・鷲林寺・甲山墓園前・西宮甲山高校前経由)・甲山墓園前行(阪急夙川・柏堂町・鷲林寺経由)/西宮北口行(西宮戎・JR西宮経由)
 3系統:剣谷行(阪急夙川・柏堂町経由)
 7系統:西宮北口 行(西宮戎・江上町・JR西宮駅北経由) ※土曜日1便のみ運行。
 阪神バス(7番):新甲陽方面行(阪急夙川・柏堂町・鷲林寺・西宮甲山高校前・甲山墓園前・甲山大師・県立甲山森林公園前経由)/阪神西宮行

さくらやまなみバス(コミュニティバス) ※阪急バスが運行を受託している。
  有馬系統:名来行(阪急夙川・夙川短大前・西宮甲山高校前・十八丁橋(白水峡霊園前)・有馬温泉・流通センター南・下山口経由)/西宮北口行(JR西宮経由)
 金仙寺系統:山口営業所前行(阪急夙川・夙川短大前・西宮甲山高校前・西宮高原ゴルフ場・金仙寺・下山口・北六甲台センター前・西宮北インター経由)/西宮北口行(JR西宮経由)

近隣の他社路線:
当駅から半径500m圏内には、阪急神戸線の夙川駅と阪神本線の香櫨園駅がある。

当駅開業に先立つ平成18(2006)年10月28日に阪急・阪神の両線同時にダイヤ改正が実施され、阪急では夙川駅に特急と通勤特急が、阪神では朝の区間特急が新たに停車するようになった。
一般的にJRよりも私鉄のほうが運賃が安いとされる当地域だが、当駅から神戸方面については普通運賃で阪神のほうが高くなる「逆転現象」が生じている区間がある。一例として、当駅と三ノ宮駅間及び夙川駅と阪急神戸三宮駅間の普通運賃は220円だが、香櫨園駅と阪神神戸三宮駅間は270円である(いずれも大人運賃)。


(以上、記事内容 Wikioedia:平成27年4月26日更新から)
[PR]
by fbox12 | 2015-05-17 19:22 | 鉄道・バス