fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

8620形蒸気機関車

a0057057_15513817.png8620形蒸気機関車、通称「ハチロク」は、明治末期に急行列車用として各国から輸入された8700形・8800形・8850形などを参考に、日本の蒸気機関車国産化技術の確立を目的として設計、製造された。当時としても、あえて最高の性能を狙わずに、汎用性を追求し、将来輸送量が増加した際には地方線区に転用することを考慮して設計された。
大正時代の標準型として大正3(1914)年から昭和4(1929)年の間に672両(車号:[8620] -[88651])が製造された。この他に樺太廳鐵道向けに15両、台湾総督府鐵道向けに43両、地方鉄道(北海道拓殖鐵道)向けに2両の同形機が製造されている。樺太廳鐵道の15両は、昭和18(1943)年南樺太の内地編入にともない鐡道省籍となり、[88652] -[88666]号機となっている。樺太向けの15両を鐵道省としての製造両数に含め、製造両数を687両と記載している文献もある。

当初は東海道本線、山陽本線などの幹線を中心に配置されたが、より高性能な形式が投入されるにつれて幹線からローカル線へと活躍の場を移していった。平坦で距離の長い路線に向き、客貨両用に効率よく使えるという特徴をもって長く愛用され、「鉄路あるところ、ハチロクの機影見ざるはなし」とも形容された。特に、品川機関区の[28661]号機は、お召列車専用機に指定されたこともある。

昭和30(1955)年3月末には637両が残っていたが、中型ディーゼル機関車の実用化により、昭和35(1960)年3月末には491両、翌36(1961)年3月末には380両、更に37(1962)年3月末には333両とほぼ半減したが、主要幹線や亜幹線の電化もしくは無煙化が優先されたことや、地方ローカル線及び入換用ディーゼル機関車の量産導入が進まなかったこともあり、かなりの数が蒸気機関車の最末期まで残った。特に7kmにわたって33.3‰(1000m行って、33.3m上る坂)の上り勾配が続く花輪線では三重連運用があり、多くのファンの注目を集めたが、これも昭和45(1972)年に消滅した。
さらに、昭和39(1964)年3月末の在籍数は276両であったが、昭和43(1968)年3月末では138両、昭和45(1972)年3月末では41両と漸減し、昭和50(1975)年3月末には人吉に[48679]号機が1両、湯前線用に残るのみとなっていた。

現在、2両が動態保存されている。
写真の[8630]号機は、大正3(1914)年度に製造されて平機関区や弘前運転区に所属した。現在、西日本旅客鉄道(JR西日本)梅小路蒸気機関車館(京都市)に保存されている。
この機は、車籍がないため、営業線上を運行することは不可能であるが、館内の線路上を走行することがある。平成18(2006)年、梅小路の蒸気機関車群と関連施設として、準鉄道記念物に指定された。
あと1両は、九州旅客鉄道(JR九州)の[58654]号機で、「SLあそBOY」として運用されていて、一旦、静態保存となったが、昭和63(1988)年に車籍復活してJR九州肥薩線を運行する「SL人吉」に運用されている。

(以上、記事内容 Wikipedia から)

(8車両2)
[PR]
by fbox12 | 2014-05-31 21:24 | 鉄道・バス

2120形蒸気機関車

a0057057_212719.jpg2120形蒸気機関車は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である官設鉄道(当時は、鐵道作業局)が、明治31(1898)年から明治38(1905)年にかけて、前身の内務省鐵道廳時代に輸入したタンク式蒸気機関車AC形が良好なものであったため、続けてイギリスから輸入したタンク式蒸気機関車である。
鐵道作業局時代は(AC形も含め)B6形と通称された。

B6形には、イギリス製のほか、ドイツ、アメリカ製のもの及び、国産のものがあり、全体では533両が製造された。
明治39(1906)年の鐵道國有法公布により翌年までに主要私鉄が国有化され、私鉄の同形機も官設鉄道に移管された。
後に内閣鐵道院となった際、旧AC形は2100形、それ以外のイギリス製及び国産(旧作業局神戸工場製)のものを2120形、ドイツ製を2400形、アメリカ製を2500形と区分した。2120形は、268両(輸入258両、国産10両)であった。
末期は、入れ替え用などとして残り、国鉄では昭和36(1961)年まで、譲渡先の専用線では昭和48(1973)年まで現役で使用された。

写真の模型は、車号に[2286]が付いているが、この車号の実物を忠実に模型化したものではない。
実物の[2286]号機は、1905年イギリス、ノース・ブリティッシュ・ロコモティブ社(NBL社:それまでのダブス社、シャープ・スチュアート社、ニールソン・レイド社が1903年合併で成立した会社)のハイドパーク工場(旧ニールソン・レイド社)で製造された。

(以上、記事内容Wikipediaから)
[PR]
by fbox12 | 2014-05-28 21:55 | 鉄道・バス

55 見目神社(みるめじんじゃ) 静岡県駿東郡清水町鎮座

a0057057_18382850.jpg

a0057057_104992.jpg鎮座地:静岡県駿東郡清水町畑中49
御祭神:

三嶋大社の周辺(境内も含む)には、この社名の神社が多くある。
大社内の見目神社の祭神は、波布比売命、久爾都比咩命、伊賀牟比咩命、佐伎多麻比咩命、伊波乃比咩命、優波夷命 。以上は三嶋神(事代主神)の后神6柱であるが、この社の祭神は不詳。



a0057057_1063994.jpga0057057_109382.jpg

神社東側に「見目橋」があり(右写真)、この橋の下を流れる境川は、かつて地図にある三島市と駿東郡清水町の境界線の位置を流れていた。すなわち、東側(高橋神社側)に大きく「つ」の字を書くように蛇行し、社地の南側に戻ってくるような形であったのだが、現在は河川改修により地図に描かれたの通り、社地のすぐ東側を流れる形(タイトル写真:上流側から撮影‐-白い橋の下へ直接流れる / 左写真:見目橋から上流側を撮影)となった。
ただ、三島市・駿東郡清水町の境界は以前のままであり、駿東郡清水町域が大きく東側の三島市側へ食い込んでいる(社地の北側の一部は三島市域)。
また、この社に鳥居はない。


a0057057_15473654.pnga0057057_1553166.pngこの神社最寄りの駅・バス停:
沼津登山東海バス 三島駅-新城橋-大平車庫 松本バス停
または、三島エクスプレス 新宿駅西口(35番のりば)-三島駅-大平車庫 松本バス停

静岡県駿東郡清水町(運行事業者:沼津登山東海バス)清水町内循環バス 畑中バス停
[PR]
by fbox12 | 2014-05-24 21:00 | 神社

五所神社(ごしょじんじゃ)

a0057057_2042252.jpg

a0057057_2062616.jpg鎮座地:神奈川県足柄下郡湯河原町宮下359‐2
御祭神:天照大神、天忍穂耳尊、瓊瓊杵尊、彦火々出見尊、鸕鷥草葺不合尊、誉田別尊、素盞鳴尊、伊弉諾尊、伊弉冊尊
御由緒:
社伝によれば、今から千三百年前天智天皇の御代、加賀の住人二見加賀之助重行らの手によってこの地方が開拓されたとき土肥郷(吉浜、鍛冶屋、門川、堀ノ内、宮上、宮下)の総鎮守として、天照大神以下五柱の神霊が鎮座されたと伝えられている。
康平三(1060)年源義家 奥羽征討の際、社家荒井刑部実継神霊の加護により軍功をたて、治承四(1180)年八月源頼朝伊豆より挙兵の時、この地方の豪族土肥次郎實平は一族と共にこれを助けて頼朝の軍を土肥の館に導き、石橋山合戦進発の前夜は社前において盛大な戦勝祈願の護摩をたいたといわれている。以来、a0057057_1535528.jpg藩主、領主、庶民の崇敬特に厚く、長寿長命の神、湯の産土神として今日の繁栄をみている。
a0057057_1701130.jpg

手水舎は龍の口に柄杓を近づけると水が出る。

境内社:湯河原頌徳社、山神社(左写真)a0057057_15455523.jpg

a0057057_2084540.jpg壱鳥居(タイトル下写真):貞享元(1684)年8月建立
(高さ、十二尺五寸)
弐鳥居:文化元(1804)年6月建立
(高さ、八尺九寸)

脇の鳥居
a0057057_16404418.jpga0057057_17531656.jpg

a0057057_16103427.jpg(←)本殿:神奈川県指定重要文化財

a0057057_1643338.jpg五所神社のクスノキ(→)

a0057057_17323359.jpga0057057_17325262.jpg明神の楠
昭和54年4月、湯河原町文化財指定
(道路向かい)


a0057057_182536.jpg交通:JR東海道線湯河原駅から箱根登山バス・伊豆箱根バス不動滝・奥湯河原行き「五所神社」下車
[PR]
by fbox12 | 2014-05-19 20:35 | 神社

ホイールローダー

a0057057_15313850.jpg

a0057057_1535116.jpgホイールローダーは、トラクターショベルのうち、車輪で走行するもので、土砂などをダンプカーに積み込む時に使われる建設機械であり、油圧ショベルより一度に多量の土砂を積み込むことができる。

車輪は、四輪駆動である。操舵は中折れ式であり、軌跡は前輪と後輪が一緒であるため、内輪差や外輪差は発生しない。操舵は油圧駆動であり、ハンドルの切れ角と実際の舵の切れ角は必ずしも一致しない。大型のものは最高速度30-50km/h程度出せるものもある。
(タイトル写真:日立建機ZW220、トミカミニカー / 写真右:TEREX 72-81 LOADER、トミカのコピー)

a0057057_15524278.jpga0057057_15591147.jpg
建設現場以外での使用法:
ホイールローダーは、大型特殊自動車(一部小型特殊自動車)であり、自動車教習所や運転免許試験場において、大型特殊免許の教習車や試験車として使われる。 また、雪国においては、夏季は建設現場で使用し、冬季は除雪車として使用する光景も見られる。
(写真左:KOMATSU WA100、簡易キャブ仕様。自動車学校では、2人乗りにし、教習用に使用。
  写真右:KOMATSU WA70、密閉キャブ仕様、後部に雪かき寄せのためのアタッチメントが付いているが、
  前部のバケットを雪かき用のスノウプラウに取替え、作業する場合もある)。

a0057057_16364375.jpg公道上でのバケット操作は、走行に支障しない程度しか出来ない。また、公道を走行する場合は、自動車としての登録、整備が必要。

a0057057_16493532.png免許・資格:
作業上必要なのは、車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)技能講習修了証。
公道での運転は、自動車運転免許(大型特種自動車一種又は二種)
技能講習の際、大型特殊免許持ちの場合、教習の一部が免除になる(フォークリフトなども同じ)。
[PR]
by fbox12 | 2014-05-19 15:25 | 免許・資格

吉浜稲荷神社(よしはまいなりじんじゃ)

a0057057_101118100.jpga0057057_10244825.jpg

a0057057_2192345.jpg鎮座地:神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜1466ー1
御祭神:宇迦之御魂神
由緒書きから:人皇五十二代嵯峨天皇御宇、福州劉氏大鑒和尚、来朝して相州金隆山多宝院に錫を留め、四民快楽、五穀豊穣を祈らんと本地に尊神を勧請し給ふ。
その後治承四年源頼朝公石橋山の合戦に敗れ、真鶴ヶ崎より乗船総房の方に落ち給うの時、土肥次郎実平、頼朝公に申す様「臣が領する地に往古より鎮座まします稲荷大善神は妙法蓮華経を唱えて祈る時は、如何なる大願と雖も不叶ということなし、特に海上安全を守護し給うなりと、」言上し奉るに頼朝公海上から遙かに拝し給ふ。
心中法華経如来寿量品を誦し祈念し給ふに紫雲俄に靉靆として、棚曳吉瑞ここに現る。時に、三浦和田の一党の頼朝公を捜すに遇い安らかに渡海し給ふ。之に依り頼朝公天下平定の後、土肥次郎実平に堂宇の建立を命じ給い、「吾先年海路無難であったのは、稲荷大善神の妙法功徳によってゞある。」 と頼朝公終生稲荷大善神を尊崇し給う。土肥次郎実平が嫡嗣遠平建久四年命に依りて堂宇建立す。

a0057057_1347621.jpga0057057_22565245.jpg国道135号線(真鶴道路旧道)脇の吉浜郵便局から路地を北側に入った所に鎮座。
参道は途中からYの字に別れ、右側は、千歳山最上寺(日蓮宗)への階段。
弐の鳥居の扁額には、「吉浜稲荷」。参の鳥居(赤鳥居)は、以前はなく最近建立された。

a0057057_17245379.jpga0057057_17253032.jpg湯河原には、神仏混交の名残りが多く、この神社は、神奈川県神社庁包括下の純然たる神社であるが、手水舎(←)の向かい側には梵鐘(→)がある。
また、先の素鵞神社と同じ様に、鳥居前に地蔵尊(写真上右)があり、ここの場合はさらに拝殿(?)の鈴の下には線香立てが置いてある。

a0057057_18515446.jpg奉納額には、東京神田市場の業者の名が並び、左側から「妙法稲荷天王」「妙寶稲荷社」「妙法稲荷社」と3つの社名が。

他の blog にも書かれていたのだが、由緒書きは、平成14年に(おそらく僧侶によって)書かれたものであるが、「妙法蓮華経・・」の件は、鎌倉期以降でなければ辻褄が合わず、おそらくは「法華経」の誤りであると思われる。
また、この神社が祭神を宇迦之御魂神に定め、神社庁の包括下となったのは、明らかに寺より神社の方が立場としては優位な明治以降であり、それまで、現在の最上寺を含めた一体の寺の一部を神社としたような経緯が社殿というより、本堂と見える建物からも伺えるのである。

a0057057_18484563.jpga0057057_20311825.jpg

a0057057_16572344.jpga0057057_2082740.jpgこの神社へは、湯河原駅から箱根登山バス吉浜経由真鶴駅行き等「吉浜郵便局前」。または、湯河原町コミュニティバス「千歳ヶ岡」下車。
[PR]
by fbox12 | 2014-05-17 10:25 | 神社

伊豆急200系(伊豆急行株式会社200系電車)

a0057057_2053122.jpg

伊豆急行の200系電車は、かつて伊豆急行が保有していた近郊形電車。元東日本旅客鉄道(JR東日本)の113系(写真下)および115系である。
a0057057_19023.jpg平成12(2000)年7月1日に営業運転を開始し、平成20(2008)年12月14日のさよなら運転をもって営業運転を終了した。

a0057057_20143144.jpg概要:伊豆急行線で従来使用されていた100系・1000系は、開通時から約40年にわたって使用されており、経年と塩害による老朽化が深刻な問題となっていた。これらの置き換え用に東急8000系などが検討されていたが、導入検討時、同系列に廃車予定はなく、直通相手のJR東日本の提示もあって、同社の113系・115系を伊豆急行仕様に改造・整備の上で導入して東急8000系に譲渡用車両が発生するまでの間をつなぐこととなった。
113系は従来から伊豆急行線に乗り入れており、伊豆急行の乗務員にとっては取り扱いに慣れた車両である。115系は機構的に113系と同系統の車両で、勾配用の抑速ブレーキ(自動車のエンジンブレーキのようなもの)も装備されているので、連続勾配区間が続く伊豆急行線に適した車両である。両系列とも伊豆急行にとって扱いやすい車両だったといえる。
導入にあたっては、各編成とも自力走行で伊豆高原電車区に入線し、改造が行われた。分割・併合運用が多いために前頭部に電気連結器が設置された。一方、編成間は貫通させない前提のため貫通幌は撤去された。全車ともJR東日本在籍時に更新工事が行われており、早期の廃車が見込まれていたことから塗装の変更以外大きな改造は行われていない。車内についても熱海寄り先頭車のトイレの汚物処理装置が燃焼式(日本初)に改造され、運転台背後に座席を撤去した上で車椅子スペースが設置されたほか、ロングシート部のつり革が撤去された程度で、ほぼJR東日本時代そのままの意匠で竣工していた。

形態分類:

タイプI
a0057057_7564022.png平成12(2000)年に国府津電車区(現・国府津車両センター)所属の113系1000番台から改造されたグループである。4両編成2本(写真手前F1編成。奥F2編成)が入線した。
入線時に、車両間に転落防止幌が設置された。本グループは種車の関係で伊豆急下田寄り先頭車にもトイレが設置されていたが、撤去した上で喫煙コーナーに改造された。また、F2編成はJR東日本時代に前面強化工事が施工されており、外観上は下部のアンチクライマーが1本から3本に増設されているのが特徴である。
塗装は湘南色(緑とオレンジの国鉄色)から白と青に変更された。側面のデザインは独特で、先頭車は運転台側が白、残り半分が青で、境目に「E」の文字のような切れ込みが入るというものである。中間車は青色に車体中央付近に2本の白いストライプが2両で対称に入る形状とされた。
(JR-伊豆急:車号対照表)
クハ111-1074+モハ113-1233+モハ112-1233+クハ111-1386→251+201+202+252(F1編成)
クハ111-1085+モハ113-1105+モハ112-1105+クハ111-1406→253+203+204+254(F2編成)

タイプII
a0057057_813392.png平成13(2001)年から翌年にかけて松本運転所(現・松本車両センター)所属の115系0番台・800番台(パンタ部分の屋根を低くした車両)から改造されたグループである。3両編成6本が入線した。このグループの導入で100系は全廃となった。
製造年がタイプIより古い(113系1000番台:昭和47(1972)年、115系0・800番台:昭和41(1966)年)車両が導入された理由は、3両編成を組成することが可能で大量に廃車が発生した近郊形車両がこのグループしかなかったためである。全編成がJR東日本時代に前面強化工事を施工されており、アンチクライマーが3本に、製造時白熱電球であった前照灯がシールドビームになっている。また製造当初は全編成非冷房車であったが、JR東日本時代に(AU712形集約分散式)冷房装置によって冷房改a0057057_19301083.jpga0057057_815975.png造が施工されている。なお、JR東日本ではクモハ115形0番台を含む編成が平成14(2002)年に全廃されている。

塗装はスカ色(横須賀線色)から2編成ごとに異なったものに変更され、F3・4編成はタイプIに準じた白と青で、中間車のストライプのみ1両に太い2本が「V」の文字のように入るようにされたもの、F5・6編成は沿線の「河津バガテル公園」(静岡県賀茂郡河津町に所在するバラ園)のPR用に紺色ベースにバラが描かれ、車内も床などにバラのペイントがなされる「トランバガテル」ラッピング車両(写真上)、F7編成(写真上左)・F8編成(写真上左)はF3・4編成の色違いで、青い部分が赤色になったものとされた。


タイプIII

平成14(2002)年から翌年にかけて松本電車区所属の115系300番台から改造されたグループである。置換え対象の100系はすでに全廃となっていたが、予備車確保や東海旅客鉄道(JR東海)からの113系乗り入れ運用(*JR東海の113系をJR東日本伊東線で借り入れ使用した運用)置換えのため3両編成3本が入線した。このグループの投入を最後に本系列の増備は終了した。
この編成は、パンタグラフの折りたたみ高さを低くしたタイプ(JR時代:PS23形)が搭載されたため低屋根構造ではなく通常の屋根構造である点がタイプIIとの大きな相違である。
転落防止幌や車椅子スペースは平成15(2003)年になって設置された。また、F11編成のみJR東日本時代にLED式列車番号表示器への交換工事が施工済である。
塗装はJR東日本時代はF9・10編成がスカ色、F11編成が長野支社設定の「長野色(信州色)」であったが、すべてタイプIIのF7・8編成と同一の白と赤とされた。
(*実際には、JR東日本の車両をJR東海で使用した分を金銭等でなく実際に車両を使用して精算する方法。JR伊東線の中だけを走る伊豆急車両があるのもこのため)。

平成16(2004)年から東急8000系(一部東急8500系)改造の8000系の投入が進められており、「タイプI・II」は平成19(2007)年までに全車廃車。「タイプIII」も平成20(2008)年7月に定期運用を終了した。
この時点で、F9・11編成の保守部品確保のためにF10編成が廃車となった。残存していたF9・11編成は8000系故障時の予備車扱いとなっていたため定期運用に就くことはなかったが、同年7月26日から8月17日まで臨時列車「ビーチトレイン」に使用され、これがさよなら運転前最後の営業運転となった。12月14日には「伊豆急200系さよなら運転」が往路伊東 - 伊豆急下田間、復路伊豆急下田- 伊豆高原間で実施された。

(以上、記事内容 Wikipedia から)
[PR]
by fbox12 | 2014-05-14 18:12 | 鉄道・バス

真鶴(まなづる)駅

a0057057_2016351.jpg

a0057057_2194070.jpg

所在地:神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴(まなつる)
所属路線:東日本旅客鉄道株式会社・東海道本線
a0057057_2137780.jpg乗り入れバス会社:箱根登山バス(湯河原営業所)、伊豆箱根バス(熱海営業所)、湯河原町コミュニティバス(箱根登山バスに委託)
(写真は、伊豆箱根バス「岩」行き:熱海営業所の車のため伊豆ナンバー)

歴史:東海道本線の開通以前は、人車軌道・軽便鉄道の豆相人車鐵道(のちの熱海鐵道)も明治29(1896)年 ~大正12(1923)年にかけて存在し、この付近に「真鶴驛」を設けていた。

大正11(1922)年12月21日 - 鐵道省熱海線國府津 - 当駅間の開通と同時に開業。旅客・貨物の取扱を開始
大正13(1924)年10月1日 - 熱海線当駅 - 湯河原間が開通
昭和9(1934)年12月1日 - 熱海線所属から東海道本線所属に変更
昭和45(1970)年5月20日 - 貨物取扱の廃止
昭和47(1972)年3月15日 - 荷物取扱の廃止
昭和56(1981)年10月1日 - 特急「踊り子」号の一部列車(上下2本ずつ)が当駅に停車を開始
昭和62(1987)年3月31日 - 貨物取扱を再開。ただし砕石輸送のみで定期の貨物列車発着はなかった。
 (写真:砕石積込設備跡→)a0057057_21304623.jpg
昭和62(1987)年4月1日 - 国鉄分割民営化により、JR東日本と日本貨物鉄道(JR貨物)の駅となる。
平成元(1989)年3月11日 - 快速「アクティー」の停車駅となり、特急「踊り子」は不停車となる。
平成13(2001)年11月18日 - ICカードSuicaの利用が可能となる。
平成15(2003)年5月31日 - 砕石輸送の終了
平成18(2006)年4月1日 - JR貨物の駅が廃止され貨物営業が終了

町名・駅名・字名の読みについて:
「真鶴」の読み方は、駅名、町名(他に真鶴道路など)は、「まなづる」と「つ」が濁るが、字名は正式には「まなつる」と濁らない。
これは、岩村と合併した際の昭和31年9月30日官報で「まなづる」として告示されている。しかし、その後発行されている『全国市町村要覧』等の各種文献では「まなつる」と記載されている。真鶴町ではこの経緯を調査したが、合併告示の処理の際に誤記があった。昭和37年に自治体名の読み方を「まなつる」に変更した。など、いくつかはっきりしない情報があるのみで、確かな事実は判明しなかった。いずれにしても、地元でも「まなつる」と澄んで読む人間はおらず、平成17(2005)年に一般的な発音である「まなづる」に自治体名を変更し、総務省に届け出た。
字名については、昭和31年11月9日神奈川県公報にて「まなつる」と告示され、今に至っている。これについても、湯河原町との合併協議や自治体名変更の際に、「まなづる」に統一することも検討されたが、湯河原町との合併が破談に終わったこと。上記の通り、、告示の経緯が不明であったことなどから、「まなつる」のままである。よって、「真鶴町真鶴」は「まなづるまちまなつる」と読むのが、地名としては正しいのであるが、町名のところでも述べたとおり、字名を含めて「まなつる」とは言わず、「真鶴」はすべて「まなづる」とするのが一般的である。

(以上、記事内容 Wikipedia から)
[PR]
by fbox12 | 2014-05-11 20:54 | 鉄道・バス