fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

2017年 06月 04日 ( 2 )

219 飯田橋駅 (JR東日本/東京メトロ/都営地下鉄)

いいだばし

概要:
飯田橋駅は、東京都千代田区・新宿区・文京区にまたがる、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局(都営地下鉄)の駅である。3社の接続駅となっている。また東京メトロの東西線、南北線が交差する唯一の駅でもある。
JR東日本の駅に乗り入れている路線は中央本線であるが、当駅には緩行線を走る中央・総武線各駅停車のみが停車する。また、特定都区市内制度における「東京都区内」および「東京山手線内」に属しており、各路線ごとに駅番号が付けられている。

歴史:
当駅は、昭和3(1928)年に中央本線の複々線化に伴い、従来設置していた飯田町(いいだまち)驛の近距離電車ホームを分離し、牛込(うしごめ)驛を統合する形で開業した経緯がある。

明治27(1894)年10月9日 - 甲武鐵道 新宿 - 牛込間開通と同時に牛込驛開業
牛込驛は牛込橋(現 飯田橋駅西口に接する跨線橋)からわずかに四ツ谷寄りの位置にあった。出入口は2か所あり、ひとつは外堀通りに面した神楽坂下交差点のたもとで、牛込濠を埋め立てて作った連絡通路の遺構が残る。もうひとつは濠の反対側、旧飯田橋郵便局の向かいにあった。こちらには改札口の位置を左右から挟むようにして、石積みの構造物が残っている。

明治28(1895)年4月3日 - 飯田町 - 牛込間開通
明治37(1904)年8月21日 - 飯田町 - 中野間で電車の運行開始
明治39(1906)年10月1日 - 甲武鐵道の国有化により、牛込驛と飯田町驛は官設鉄道(当時は、逓信省鐵道作業局)の駅となる。
明治42(1909)年10月12日 - 線路名称制定により中央東線(明治44(1911)年から中央本線)の所属となる。
昭和3(1928)年11月15日 - 関東大震災復興により、貨客分離を目的とした複々線化工事が新宿 - 飯田町間で完成。これにより駅間が近い牛込驛と電車線の飯田町驛を統合し、飯田橋驛開業。当初は旅客営業のみだった。
昭和24(1949)年6月1日 - 日本国有鉄道発足
昭和39(1964)年12月23日 - 帝都高速度交通営団(営団地下鉄)東西線の駅開業
昭和49(1974)年10月30日 - 営団地下鉄有楽町線の駅開業
昭和62(1987)年4月1日 - 国鉄分割民営化により、中央本線の駅はJR東日本の駅となる。
平成3(1991)年3月 - 東西線駅改良工事に着手
平成8(1996)年3月26日 - 営団地下鉄南北線の駅開業
平成9(1997)年3月 - 東西線駅改良工事終了。総工費約57億3000万円
平成12(2000)年12月12日 - 都営地下鉄大江戸線の駅開業
平成13(2001)年11月18日 - JR東日本でICカード「Suica」の利用が可能となる。
平成16(2004)年4月1日 - 営団地下鉄民営化により、東西線・有楽町線・南北線の駅は東京地下鉄(東京メトロ)の駅となる。
平成19(2007)年3月18日 - 東京メトロ・東京都交通局でICカード「PASMO」の利用が可能となる。
平成23(2011)年7月15日 - 都営地下鉄大江戸線ホームにて、ホームドア設置に伴う準備工事開始
 10月 - 地下鉄有楽町線ホーム、ホームドア、発車メロディ稼働開始
平成24(2012)年7月1日 - 都営地下鉄大江戸線ホーム、ホームドア設置(非稼働)
平成24(2012)年8月11日 - 都営地下鉄大江戸線ホーム設置のホームドア稼働開始
平成27(2015)年3月29日 - 南北線駅構内に東京メトロお忘れ物総合取扱所開設(日比谷線上野駅構内からの移転)
 5月27日 - 東西線ホームに発車メロディ導入
平成28(2016)年8月7日 - JRの駅移設工事に伴い西口駅舎仮駅舎化

駅構造:
219-1 JR東日本
a0057057_21003780.png
所在地:東京都千代田区飯田橋四丁目10-2
所属・路線:東日本旅客鉄道株式会社・中央・総武線(各駅停車)(正式には、中央本線)
電報略号/駅番号:イイ/JB16
キロ程:(東京起点)4.3km(国土交通省監修『鉄道要覧』では、起点は「神田」)

a0057057_15522349.png、西口側は橋上駅舎となっている。ホームが半径300メートルの急カーブに位置するため、ホームと電車の間には広い隙間ができる。そのため、乗降の際には注意を要する。車内アナウンスでも注意が促されるほか、警報のための回転灯など転落防止のための設備が多く設置されており、ホーム上のスピーカーの数も非常に多い。また、平成13(2001)年1月に山手線新大久保駅で乗客3人が列車の下敷きになり死亡した事故(新大久保駅乗客転落事故)を受けて、ホーム下部の一部に避難スペースが設置された。かつては市ケ谷方面に牛込驛があり、その跡地に千葉方面から折り返し運転をするための引き上げ線が設置されていた。現在、中央緩行線内で大幅なダイヤ乱れが発生した際、当駅に替わり東隣の水道橋駅の折り返し設備が活用されている。平成26(2014)年7月2日、JR東日本はホームを現西口を中心とした新宿方の直線区間へ約200m移設してホームと車両の隙間を解消させるとともに、西口駅舎の建て替えと駅前広場の整備を実施することを発表した。平成28(2016)年8月7日から仮駅舎での営業を開始し、牛込橋に面した旧西口は閉鎖されている。
(写真は、閉鎖された西口・・通路自体が牛込橋)

のりば:
1番線 中央・総武線(各駅停車)東行 御茶ノ水・秋葉原・千葉方面
2番線 中央・総武線(各駅停車)西行 四谷・新宿・三鷹方面

219-2 東京メトロ
a0057057_17024297.pnga0057057_22012692.png

所在地:東京都千代田区飯田橋四丁目10-3(東西線)
    東京都新宿区神楽坂一丁目13(有楽町線・南北線)
所属・路線:東京地下鉄株式会社・東西線/有楽町線/南北線
電報略号/駅番号:イイ/T06(東西線)・Y13(有楽町線)・N10(南北線)
キロ程:東西線(中野起点)8.0km・有楽町線(和光市起点)16.4km・南北線(目黒起点)10.0km

東西線は中柱のある相対式ホーム2面2線、有楽町線と南北線はともに島式ホーム1面2線を有する地下駅である。東西線のホームは目白通り、有楽町線と南北線のホームは外堀通り、それぞれの地下に設置されており、JRの駅を挟んで徒歩5分程の距離がある。そのため、東西線と有楽町線・南北線は改札が別になっており、乗り換えの際は一旦改札を出る必要があり、改札口付近で乗り換えに関する案内放送が流れている。東西線の駅は平成3(1991)年から平成9(1997)年にかけて駅改良工事により中野方約105mにわたってホーム幅を3.8mから7.5mとする拡幅が行われ、拡幅部の上部にコンコースを増設し、ホーム中ほどにも階段を新設して混雑緩和を図った。その際に新設された改札内通路の壁画は写真フィルムをあしらったものになっている。駅務管区所在駅であり、飯田橋駅務管区として飯田橋地域、九段下地域、高田馬場地域を管理する。有料座席指定列車「S-TRAIN」は平日ダイヤのみ有楽町線に入線し、当駅にも停車するが、当駅から東京メトロ線内のみの乗車はできない(乗車専用の石神井公園駅で乗車し、当駅で下車するのは可)。

のりば:
(地下2階)
1番線 東西線 西船橋・(総武線各停)津田沼・(東葉高速)東葉勝田台方面
2番線 東西線 高田馬場・(中央線各停)中野・三鷹方面

(地下3階)
3番線 有楽町線 永田町・有楽町・新木場方面
4番線 有楽町線 池袋・小竹向原(西武有楽町線経由西武池袋線)飯能方面
          和光市・(東武東上線)森林公園方面
5番線 南北線 王子・赤羽岩淵・(埼玉高速)浦和美園方面
6番線 南北線 四谷・白金高輪・目黒・(東急目黒線・東横線)日吉方面

219-3 東京都交通局
a0057057_22154620.png
所在地:東京都文京区後楽一丁目9-5
所属・路線:東京都交通局(都営地下鉄)大江戸線
電報略号(駅名略称)/駅番号:飯/E06
キロ程:(都庁前起点)5.8km

島式ホーム1面2線を有する地下駅。ホームは先に建設された東京メトロ各線を避けるため、地下32.1mと非常に深い位置にある。そのため、改札口からホームまでは徒歩で5分程度かかり、大変不便である。
当駅は都営地下鉄全体・大江戸線内では7番目に深い位置にホームがあり、当駅前後では高低差が激しくなる。車椅子の利用としては、東京メトロおよびJR中央緩行線と大江戸線間との相互の乗り換えは車椅子対応エスカレーターはあるものの、距離もあり時間もかかる。
駅業務は東京都営交通協力会に委託されている。

のりば:
1番線 大江戸線 新宿西口・都庁前・(都庁前のりかえ)光が丘方面
2番線 大江戸線 上野御徒町・両国・大門方面

大江戸線駅のデザイン:
平成12(2000)年に開業した大江戸線飯田橋駅は、変化に富んだデザインとなっている。建築家の渡辺誠が設計し、日本建築学会賞を受賞した。特に階段・エスカレーターの上の天井を走る「ウェブフレーム」と呼ばれる緑色の骨組は、構造的・空間的な条件を与えてコンピュータプログラムによる形態生成を行うという、半ば実験的な建築設計手法を具現化した作品である。そのウェブフレームには照明がはめ込まれている。この手法は九州新幹線新水俣駅前の「新水俣門」(同じく渡辺誠設計)にも用いられている。さらに、C3出入口にある換気塔は、葉っぱをデザインしたものであり、ウェブフレームと合わせて、植物が根を伸ばして花を咲かせるという画期的な設計となっている。

参考資料:Wikipedia(2017年5月28日)
現地取材:16.9.-3/17.4.24/25.8.-8
記事投稿:29.6.-3
  調整:29.6.-4

[PR]
by fbox12 | 2017-06-04 17:06 | 鉄道・バス

220 首里駅(ゆいレール)

a0057057_21300497.png


a0057057_22190987.pnga0057057_22190904.png
しゅり

a0057057_11174871.png
所在地:沖縄県那覇市首里汀良町三丁目19
所属・路線:沖縄都市モノレール株式会社・沖縄都市モノレール線(ゆいレール)
駅番号:15
キロ程:(那覇空港起点)12.84km

概要:
現状で、ゆいレール終点の駅である。計画当時の仮称は「汀良(てら)駅」であった。
a0057057_11344456.pnga0057057_16065732.png当駅から石嶺地区を経由した沖縄自動車道インターチェンジまでの延長計画、および沖縄道より先の地域までの延伸計画が検討されており、建設当初より首里駅から先の車止めは石嶺地区に向かってカーブした形で行き止まりとなっている(左写真及びタイトル写真)。ホームは相対式となっているが、上り線を利用して暫定的に片面のみ使用している。
首里城まではバスで5分位かかる。


(入場券等の右側の黒い線は、自動改札機がQRコード読み取り仕様であり、偽造防止のためのもので、1日乗車券にも印刷される)。

歴史:
2003年(平成15年)8月10日 - 開業

駅構造:
a0057057_23041774.png相対式ホーム2面2線。うち、現在使われているのは2番線ホーム(写真:列車が停車中)のみで、1番線ホームは閉鎖されている。2番線ホームへのみエスカレーター・エレベーターがあり、1番線ホームへは現段階で階段のみとなっている。1番線は将来の延伸に備えて準備されており、エスカレーター・エレベーターや広告掲示、ホームドアの設置が可能な構造となっている。現在、平成31(2019)年春に開業を予定しているてだこ浦西駅までの延伸工事が進行しており、将来は中間駅となる予定。1番線は非常時の訓練などに使用されたことがある。

のりば:
1番線ホーム 閉鎖中
2番線ホーム 沖縄都市モノレール線 那覇空港方面

参考資料:Wikipedia(2017年3月27日)
現地取材:29.5.16
記事投稿:29.6.-4
[PR]
by fbox12 | 2017-06-04 16:34 | 鉄道・バス