fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

第佰六 北海道神宮 北海道札幌市中央区鎮座

a0057057_22593110.pngほっかいどうじんぐう

鎮座地:北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
祭神:大国魂神(おおくにたまのかみ)
   大那牟遅神(おおなむちのかみ)
   少彦名神(すくなひこなのかみ)
   明治天皇(めいじてんのう)
社格等:札幌神社、旧国幣小社、旧官幣小社、旧官幣中社、旧官幣大社、神社本庁別表神社、蝦夷国新一宮
本殿様式:神明造
由緒:(神社由緒書き)
 明治2年、当時「蝦夷地」等と呼ばれていた北海道は、日本の国土としてより明確にする為に、「北海道」と名づけられました。そして同じ年の9月1日に、明治天皇の詔(みことのり)(天皇のおことば)により、東京で「北海道鎮座神祭(ほっかいどうちんざしんさい)」を斎行(お祭を行う事)して、北海道の開拓・発展の守護神として、大国魂神・大那牟遅神・少彦名神の三柱の神々(開拓三神(かいたくさんじん)といいます)が鎮斎(ちんさい)されました。
 その御霊代(みたましろ)(神様が宿った依代。鏡や剣等々…)は東京から函館へ、そして札幌へと移されました。明治3年5月には仮社殿が建てられましたが、それは現在の鎮座地(神様の住まれる神社の建っている所)ではありませんでした。現在の位置に社殿が建てられたのは、明治4年のことで、この年に「札幌神社」と社名が決まりました。
 そして開国を決断され、西洋の文明を取り入れて現在に至る日本の礎を築かれた明治天皇を昭和39年増祀(ぞうし)(その神社にお祀りする神様が増えること)し、社名も「北海道神宮」と改称しました。
 約18万平方メートルの境内地は、桜の名所としても知られ、市民に親しまれていますが、現在の北海道神宮の社殿は、昭和49年放火に遭い、昭和53年に復興されたものです。

境内社:(由緒は、いずれも「神社案内」から)
開拓神社 かいたくじんじゃ
由緒:昭和十三年は北海道開拓七十年にあたり、北海道庁長官・石黒英彦は、記念事業として物故開拓功労者を祭祀するため開拓奉斎殿を建立し、同年八月十五日、開拓功労慰霊祭を執行しました。 続いて全道から奉斎神の申請を求め三十六柱が選考され、同年十二月三日に開拓奉斎殿の社殿を以って開拓神社として鎮座祭がおこなわれました。その後、昭和十五年九月六日に末社に指定され、昭和二十九年九月二十二日には帯広市長・佐藤亀太郎外の請願により、帯広の農聖といわれた依田勉三を合祀して三十七柱の祭神となりました。

札幌鉱霊神社 さっぽろこうれいじんじゃ
由緒:鉱山殉職者を慰霊する神社です。
 昭和十八年、札幌鉱山監督局五十周年記念事業として当時の局長・久保喜八の提唱によって同局の前庭に建立されたのが始まりです。戦後昭和二十四年、北海道神宮の境内に遷座しました。

穂多木神社 ほたきじんじゃ
昭和十三年、北海道拓殖銀行本店の屋上に同行の守護神として札幌神社の祭神を奉斎する神社です。併せて、北海道拓殖銀行の物故功労者の御霊を奉斎しました。昭和二十五年北海道神宮境内に遷座しました。
(「穂多木」とは「ほっかいどう・たくしょく・ぎんこう」の頭文字を清音化して字を当てたもの)。

境外末社:
北海道神宮頓宮 ほっかいどうじんぐうとんぐう
開拓三神を祀る。

この神社最寄りの駅・バス停:
札幌市営地下鉄東西線 円山公園(徒歩15分)
札幌ばんけい(ばんけい観光バス)もしくはジェイ・アール北海道バス 神宮前(停)

参考資料:
北海道神宮ホームページ
 http://www.hokkaidojingu.or.jp/
Wikipedia「北海道神宮」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E7%A5%9E%E5%AE%AE

現地参拝:11.3.13
記事投稿:29.7.23

[PR]
by fbox12 | 2017-07-23 23:01 | 神社