fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

191 西鹿島駅 (天浜線←191-92 国鉄 / 遠鉄)

駅名読み(電報略号):にしかじま(ニシ)

概要:
遠州平野の最北端に位置しており、北遠における公共交通の結節点である。 また、浜松市天竜区と北区の玄関口でもある。
最初の鹿島駅は開業時に磐田郡二俣町大字鹿島に設置されたのが由来。その後、二俣町の中心駅として遠州二俣驛と改称されるが、鐵道省二俣線が建設されることになったために現在の場所に移転した。この際、二俣線が二俣町の中心部に遠江二俣驛(現 天竜二俣駅)を設置することになったため、鹿島地区の西側に当たる場所に移転したことにより遠州二俣驛から現在の西鹿島驛に改称された。鹿島地区は元は鹿島村という二俣町に次ぐ一つの大きな集落だったが、その後の地租改正で鹿島、南鹿島、上島、中瀬などと地区が細かく割り振られたため、駅所在地は南鹿島になっている。
「鹿島」の地名は鹿が天竜川の中洲に向かって渡っていったと言う伝説に由来する。

歴史:
明治42(1909)年12月6日 - 大日本軌道浜松支社鹿島線の鹿島驛として開業。管轄は遠州軌道、遠州電氣鐵道を経て、昭和18(1943)年の戦時統合で遠州鐵道となる。
大正12(1923)年4月1日 - 遠州二俣驛に改称
昭和13(1938)年3月1日 - 鐵道省二俣線建設に伴い、約400m南へ移転し西鹿島驛に改称
昭和15(1940)年6月1日 - 鐵道省二俣線開通。両線の接続駅となる。
昭和20(1945)年終戦後? - 遠鉄の本社機能が一時的に移転配置(昭和21(1946)年5月31日まで)
昭和33(1958)年11月1日 - 遠鉄の気動車が国鉄二俣線の遠江二俣駅まで乗り入れ開始
昭和41(1966)年10月1日 - 遠鉄気動車の二俣線乗り入れ廃止
a0057057_1514342.png昭和45(1970)年6月1日 - 国鉄駅での貨物取扱廃止
昭和46(1971)年4月1日 - 国鉄駅部分の敷地・駅舎が遠鉄に譲渡される。国鉄の駅業務も遠鉄に委託(乗車券〇社は社線発行の意)
昭和52(1977)年12月1日 - 駅前バスターミナル完成
 12月23日 - 遠鉄の電車工場・車庫を遠州西ヶ崎駅から移設
昭和54(1979)年4月13日頃 - 駅舎改築。自動列車発車時刻表示器設置
昭和62(1987)年3月15日 - 国鉄二俣線が第三セクター(天竜浜名湖鉄道)に転換され、国鉄の駅は天竜浜名湖鉄道の駅となる。
平成12(2000)年 - 中部の駅百選に選定される。
平成21(2009)年3月30日 - キオスク閉店

駅構造:
遠鉄は相対式ホーム2面2線(2番線は短く、車両2両分の長さしかない)、天竜浜名湖鉄道は単式ホーム1面1線をそれぞれ有する地上駅。
遠鉄と天竜浜名湖鉄道の共同使用駅である。駅構内の東側に駅舎、北寄りに遠鉄の車両基地(西鹿島工場・車庫)がある。遠鉄は直営駅であり、列車別改札である。天竜浜名湖鉄道は無人駅扱いである。
キヨスクがあったが平成21(2009)年3月30日をもって閉店した。

のりば:
a0057057_15393324.png1・2番のりば 遠州鉄道鉄道線 上り 浜北・新浜松方面
3番のりば  天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線 上り 天竜二俣・遠州森・掛川方面
 下り三ヶ日・新所原方面
各ホームは地下道で結ばれている。
地下道には天竜浜名湖鉄道線乗り換え客用に遠鉄線入出場用のナイスパス(右写真)簡易改札機が設置されている。
なお遠州鉄道の車両工場が遠州西ヶ崎駅から移転する以前は、国鉄二俣線のホームは島式2面ホームだった(移転後は一面に改められ、使用されなくなった片面はフェンスで仕切られている)。

-1 遠鉄
所在地:浜松市天竜区二俣町南鹿島67-1
所属・路線:遠州鉄道株式会社・遠州鉄道鉄道線(通称、西鹿島線)
駅番号:18

-2 天浜線
所在地:浜松市天竜区二俣町南鹿島67-4
所属・路線:天竜浜名湖鉄道株式会社・天竜浜名湖線

バス路線:
当駅前はバスターミナルとなっている。停留所名は西鹿島駅
(運行事業者:特記以外遠州鉄道)

遠鉄バス鹿島線
 清竜中学・二俣仲町・天竜区役所経由 山東行き(基本系統)
 清竜中学・天竜病院坂下・天竜病院経由 厚生会行き(北遠本線瀬尻発西鹿島駅経由も設定)

遠鉄バス北遠本線
 清竜中学・二俣仲町・天竜区役所・山東・横山車庫・西川・瀬尻・西渡・相月駅前・城西駅前・水窪駅入口経由 水窪町行き(瀬尻発西鹿島駅経由鹿島線厚生会ゆきも設定)

遠鉄バス秋葉線
 清竜中学・二俣仲町・天竜区役所・山東・スミレックス・下すがり入口・いっぷく処横川・秋葉神社・天竜高校春野校舎・春野車庫経由 春野協働センター行き(春野車庫発着も設定)
 清竜中学・二俣仲町・天竜区役所・山東・スミレックス・下すがり入口・いっぷく処横川・天竜高校春野校舎・春野車庫経由 春野協働センター行き(春野車庫発着も設定) 
 清竜中学・二俣仲町・天竜区役所・山東・スミレックス・下すがり入口・下すがり・下すがり入口・いっぷく処横川経由 おいだいら行き(春野協働センター発西鹿島駅ゆきに乗り継げるおいだいら発下すがりどまりも設定)
 清竜中学・二俣仲町・天竜区役所・山東・スミレックス・下すがり入口・いっぷく処横川経由 おいだいら行き(おいだいら発西鹿島駅ゆきのみの設定)
 清竜中学・天竜病院坂下・天竜病院経由 厚生会行き(鹿島線と同一)
 清竜中学・於呂・芝本・小林・浜名高校・美薗中央公園・貴布祢・中部電力・小松駅・浜名中学・小松八幡・妙蓮寺前経由 啓陽高校行き(通勤通学輸送)

遠鉄バス笠井線
 70 清竜中学・二俣仲町・天竜区役所経由 山東行き(終点まで「70」を表示)
 70 南中瀬・笠井上町・恒武・宮竹・子安経由 浜松駅行き(鹿島の花火の際には西鹿島駅発恒武どまりの臨時系統を運行)
 75 南中瀬・笠井上町・恒武・宮竹・労災病院経由 浜松駅行き(浜松駅発西鹿島駅ゆきのみの設定)

遠鉄バス(季節運行)
 清竜中学・二俣仲町・天竜区役所・山東経由 秋葉神社上社行き(山東から直通運転)

浜松市自主運行バス阿多古線
 清竜中学・天竜病院坂下・不動尊前・石神の里・西橋経由 くんま水車の里行き(西橋発西鹿島駅経由山東ゆきも設定)
 清竜中学・天竜病院坂下・緑恵台・緑恵台上・緑恵台・不動尊前・石神の里・西橋経由 くんま水車の里行き(緑恵台上バス停は申告制)
 清竜中学・二俣仲町・天竜区役所経由 山東行き(西鹿島駅以降も終点まで浜松市自主運行バスを併記)

浜松市自主運行バス浜北コミュニティバス(浜松バス)赤佐中瀬線(いずれも月・木運行)
 岩水寺・泉・尾野公民館・芝本駅・北斗わかば病院・遠江病院・小林駅入口経由 日赤病院行き
 上島経由 上島行き
冬季間の特定日に定期的に運行される秋葉神社上社ゆき以外の、たこ直をはじめとする各種臨時バスは割愛。
西鹿島駅を発着するバスは、西鹿島駅を始終点とするものとしないものがある。特に多くの路線が鹿島線に直通するような形で運行されていることが特筆できる。

参考資料:Wikipedia(2016年10月14日)
記事:
 投稿:28.12.-6
 調整:28.12.12
[PR]
by fbox12 | 2016-12-16 21:45 | 鉄道・バス