fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

903 北見滝ノ上(きたみたきのうえ)駅 (国鉄) -路線廃止による廃止-

a0057057_21303414.png所在地:北海道紋別郡滝上町栄町
所属・路線:日本国有鉄道・渚滑線(廃線)
電報略号:キタ

概要:
地名の滝ノ上は、市街地が渚滑川の滝の上にあることに由来したものだが、開業時に同名の滝ノ上駅が道内に存在していたことにより、駅名は旧国名の「北見」を冠した。
資料によれば、昭和56(1981)年度1日乗降客数は89人だった。
国鉄渚滑線の廃線に伴い昭和60(1985)年4月1日に廃駅となった。

歴史:
大正12(1923)年11月5日 - 鐡道省渚滑線渚滑驛 - 当駅間開通に伴い開業。一般駅。
昭和24(1949)年6月1日 - 公共企業体である日本国有鉄道に移管。
昭和29(1954)年 - 駅舎一部改築。
昭和45(1970)年 - 駅売店廃止。
昭和53(1978)年12月1日 - 貨物取扱い廃止。
昭和59(1984)年2月1日 - 荷物取扱い廃止。
昭和60(1985)年4月1日 - 渚滑線の廃線に伴い廃止となる。

駅構造:
廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅で、同線の終端駅であった。ホームは線路の北側(北見滝ノ上方面に向かって右手側)に存在した。そのほか渚滑方から駅舎側に分岐し駅舎東側のホーム切欠き部分の貨物ホームへの旧貨物側線を1線と、貨物側線の手前より分岐し構内の南側をめぐり発着線の延長で収束する形の引き上げ線(旧4番線)、およびその途中東側から南西側へ分岐した、転車台が残存する車庫線を1線有していた。かつては貨物列車の運行があった名残で構内は広く取られており、貨物最盛期の昭和30(1955)年頃は5番線まで存在し、貨物線や積卸線も有していたが、昭和58(1983)年時点では大部分の側線が撤去されていた。
職員配置駅となっており、駅舎は構内の北側に位置しホーム中央部分に接していた。開業時からの木造モルタル塗りの比較的大きな駅舎であった。
貨物列車は原木が主体であった。貨物列車廃止後も駅構内は製材所や貯木場に囲まれていた。

駅跡:
旧駅構内は滝上町により「北見滝ノ上駅舎記念館」として整備されている。駅舎は少し南側(山側)に移設され、舎内に当時の時刻表、駅名標、行先標、乗車券、備品などの渚滑線関連資料が保存・展示されている。また舎外には標識や一部の線路が保存され、ロッド式の古典的貨車移動機が静態保存・展示されている。
駅前のロータリーも復元されており、「滝上」停留所が設置され、渚滑線廃止代替バスなど北紋バスの路線バスや、旭川・札幌方面が発着する。
また、平成9(1997)年11月時点で滝上市街を流れている川に架かっていた鉄橋跡を「虹の橋」という観光展望台に整備し、春には名物のシバザクラ観望用に利用されている。


参考資料:Wikipedia 平成27(2015)年12月3日更新
[PR]
by fbox12 | 2016-06-02 21:48 | 鉄道・バス