fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

北海道拓殖鉄道

a0057057_2113161.png

概要:北海道拓殖鉄道(ほっかいどうたくしょくてつどう)株式会社は、かつて北海道上川郡新得町の国鉄根室本線新得駅から分岐して、河東郡上士幌町の国鉄士幌線上士幌駅までを結んでいた鉄道路線およびその運営鉄道事業者である。通称は「拓鉄」。

路線:
北海道の民営鉄道は、炭鉱からの石炭輸送、または古くから賑わいを見せていた漁港と最寄りの国鉄駅を結ぶ目的で建設された事例が多いが、本鉄道はそれらと性格を異にし、鉄道の開通によって沿線に入植者が集まるだろうという目算の元、道内の商工業者が出資して発足した。社名もその計画を反映したものである。
大正13(1924)年に新得側から工事を始め、足寄郡足寄町の池北線(当時は網走本線)足寄駅までの延伸を見込んでいたが、石北本線の開通で短絡の意義が薄くなったことや凶作続きで入植者が増えなかったことに加え、昭和恐慌で資金が不足したため途中の上士幌までで工事は中断した。
木材輸送で賑わったこともあったが、トラック輸送に切り替えられたことや沿線の人口が伸びなかったため、経営は苦境続きであった。そのため、中古のディーゼル機関車や気動車を導入し運行費用の削減を図ったり、利用の少ない末端区間を廃止している。しかし、設備の老朽化に対して資金を回すことができず、特に屈足 - 瓜幕間にあった熊牛トンネルは変状が進んで危険な状態となった。会社は改修に必要な資金を捻出できず、ついには札幌陸運局より異例の行政指導(老朽施設の改善要求)を受けたことから昭和43(1968)年2月に熊牛トンネルを放棄し、新得 - 屈足間で通学列車を1往復運行するだけとなった。この通学列車の運行も同年7月初旬には停止され、同年10月に全線が廃線となった。7月末にはさよなら列車の運転があったが、この列車は新得 - 鹿追間を運転しており、なぜか放棄したはずの熊牛トンネルを通過している。
なお、国鉄でも改正鉄道敷設法別表142-3に「新得ヨリ上士幌ヲ経テ足寄ニ至ル鉄道(北十勝線)」が計画され、147-2の「釧路国白糠ヨリ十勝国足寄ニ至ル鉄道(一部は白糠線として開通)」と接続させて道東横断鉄道を形成する予定があったが、昭和47(1972)年頃に一部区間の工事が行われただけで未成線・廃線となった。なお、新得 - 士幌間は廃線となった拓鉄の路盤跡を転用する計画であったようである。
会社自身は廃線後も運送業者として存続している。また、バス部門は廃止前の昭和36(1961)年1月に子会社の北海道拓殖バス(昭和35(1960)年12月設立)に譲渡されて存続している。

路線データ:
昭和9(1934)年12月1日時点
路線距離:新得 - 上士幌間 54.3km
電化区間:なし(全線が非電化)
複線区間:なし(全線が単線)

運行概要:
昭和9(1934)年12月1日改正当時
旅客列車本数:新得 - 南新得間2往復半、新得 - 瓜幕間1往復半、新得 - 上士幌間3往復
所要時間:全線1時間50分 - 2時間

沿革:
大正12(1923)年11月22日:鉄道免許状下付(上川郡屈足村-中川郡本別村)
大正14(1925)年4月22日:北海道拓殖鐡道株式会社設立(本社東京)
大正15(1926)年6月26日:鉄道免許失効(1923年11月22日免許 中川郡居邊村-同郡本別村間指定ノ期限マテニ工事施工認可申請ヲ為ササルタメ)
昭和3(1928)年12月15日:新得 - 鹿追間開業。南新得驛、屈足驛、鹿追驛開業
 12月27日:鉄道免許状下付(河東郡鹿追村-同郡音更村間)
昭和4(1929)年8月24日:十勝拓殖鐡道へ鉄道敷設権譲渡(昭和3(1928)年12月27日免許 河東郡鹿追村-同郡音更村間)
 11月26日:鹿追 - 中音更間開業。瓜幕驛、東瓜幕驛、中音更驛開業
昭和6(1931)年11月15日:中音更 - 上士幌間開業
昭和7(1932)年7月20日:瓦斯倫動力併用認可
 11月15日:佐幌驛、新幌内驛、中瓜幕驛開業
昭和10(1935)年9月12日:鉄道免許取消(昭和8(1923)年11月22日免許 河東郡士幌村-中川郡居邊村間 指定ノ期限マテニ工事竣工セサルタメ)
昭和11(1936)年11月25日:北笹川驛開業
昭和18(1943)年:軍令により士幌線十勝三股驛からの原木を上士幌驛経由で新得驛へ輸送開始。臨時貨物列車運行
昭和24(1949)年8月31日:東瓜幕 - 上士幌間運行停止
昭和35(1960)年時期不詳:熊牛駅、自衛隊前駅開業
時期不詳(昭和36(1961)年以前:中鹿追駅開業
昭和37(1962)年8月4日:台風による集中豪雨により佐幌川橋梁流出や築堤崩壊など大きな被害を受ける。戦後復興資金適用にて復旧。
昭和40(1965)年12月20日:瓜幕 - 東瓜幕間休止
昭和42(1967)年10月1日:瓜幕 - 東瓜幕間廃止
昭和43(1968)年2月10日:屈足 - 瓜幕間休止
 10月1日:新得 - 瓜幕間廃止

駅一覧:
括弧内は新得からの累計営業キロ (*は鐡道省 (1937) による) 
新得駅 (0.0) - 南新得駅 (1.4*) - 佐幌駅 (5.8*) - 屈足駅 (10.5*) - 熊牛駅 (14.1) - 新幌内駅 (16.1*) - 中鹿追駅 (19.8) - 鹿追駅 (21.0*) - 北笹川駅 (23.8*) - 自衛隊前駅 (25.1) - 瓜幕駅 (28.7*) - 中瓜幕駅 (33.0*) - 東瓜幕駅 (35.4*) - 中音更駅 (44.7*) - 上士幌駅 (54.3*)

a0057057_21455584.pngエピソード:
タイトル写真の切符など、国鉄の印刷場に依頼をしており、(切符の)地紋は「こくてつ / JNR」となっている。(右写真:タイトル写真右下部のアップ)


(参考資料:Wikipedia 平成27(2015)年12月23日更新)
[PR]
by fbox12 | 2016-05-28 21:34 | 鉄道・バス