fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

138 岩原スキー場前駅 (JR東日本)

a0057057_14584147.pnga0057057_2311163.png
a0057057_22535496.png

所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽
所属・路線:東日本旅客鉄道株式会社・上越線
駅名読み(電報略号):いわっぱらスキーじょうまえ(スキ)

概要:
かつては東京競馬場前駅・宇都宮貨物ターミナル駅などと並び、仮名書きの際に国鉄一駅名が長い駅として知られていた(13文字。長音・拗音の小文字=捨て仮名も1文字に数える)。特に東京競馬場前駅廃止後は、旅客扱いをする駅としては単独で最長となるが、「臨時乗降場だから(正式な駅でないから)対象外」とされることもあった。国鉄分割民営化後もJR最長のままであったが、平成9(1997)年開業の上越国際スキー場前駅にその座を明け渡している。

歴史:年表
昭和8(1933)年12月8日 - 鐵道省上越線の岩原(いわはら)スキー場前仮乗降場として開業。
昭和21(1946)年 - スキー場が連合国軍に接収されたため廃止。
昭和27(1952)年12月20日 - 岩原(いわっぱら)スキー場前仮停車場として再開業。
昭和44(1969)年10月1日 - 臨時乗降場に変更。
昭和56(1981)年9月1日 - 列車の通年停車開始。
昭和62(1987)年4月1日 - 国鉄分割民営化により、JR東日本が継承。同時に駅に昇格、岩原スキー場前駅となる。

駅構造:
a0057057_2115433.pnga0057057_22113641.png


単式ホーム2面2線を有する地上駅。駅舎のある北側から見てホーム、線路、ホーム、線路の順に並ぶ配置(上左写真は反対側からの向き)となっており、のりばは北側が高崎方面(上左写真の右側)、南側が長岡方面である(列車が発車)。2つのホームを連絡する通路は構内にはない。高崎方面のホームには駅舎(上右写真)から出入りするが、長岡方面のホームへは地下通路から出入りする(下右写真)。地下通路の出入り口は、駅舎の近くの駅構外にある(下左写真)。

a0057057_22333047.pnga0057057_2223763.png

臨時駅として冬季のみ開設されていたが、駅近くの新潟県立六日町高等学校湯沢分校が独立して新潟県立湯沢高等学校(平成20(2008)年に廃校)ができたことから、昭和56(1981)年9月1日から通年停車駅となった。
a0057057_22462590.png越後湯沢駅管理の無人駅。駅舎内には窓口があるが閉鎖されており、その傍らに簡易自動券売機が設置されている。昭和末期まで冬季のみ駅員が配置され、乗車券を発売していた。少なくとも昭和49(1974)年の冬季までは長距離乗車券や急行券、入場券を発売していた(過去の記録に入場料金収入があることが確認されている)が、昭和50年代初めの冬季からは近距離乗車券の発売のみとなっていた。

のりば:
駅舎側ホーム 上越線 上り 水上・高崎方面
反対側ホーム 上越線 下り 越後湯沢・長岡方面
※案内上の番線番号は設定されていない。
a0057057_20261978.png


(参考資料:Wikipedia 平成27(2015)年10月29日更新)
[PR]
by fbox12 | 2016-11-14 22:47 | 鉄道・バス