fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

14 箱根湯本(はこねゆもと)駅 (箱根登山)

a0057057_9432820.png

a0057057_9555637.png所在地:神奈川県足柄下郡箱根町湯本707
所属・路線:箱根登山鉄道株式会社・鉄道線
駅番号:OH51

概要:
日本有数の観光地、箱根の玄関駅の一つである。
小田急電鉄小田原線から特急ロマンスカーおよび通勤電車(20メートル車の4両編成)による各駅停車が当駅まで直通運転を行っている。以前は小田原方面からも箱根登山鉄道の車両が運転されていたが、平成18(2006)年3月18日から営業列車がすべて当駅から強羅方面のみの運行になった。小田原方面は小田急の車両のみの運転となり、当駅を境に運転系統が分かれているために乗り換えが必要である。かつては新宿方面から当駅まで直通する急行が運行されていたが、平成20(2008)年3月15日のダイヤ改正をもって廃止されている。
a0057057_9521510.png平成21(2009)年頃からバリアフリー化および駅周辺の渋滞緩和などを目的に、駅舎の改良工事が行われた。同年3月14日に橋上駅舎の供用が開始され、平成24(2012)年4月、ペデストリアンデッキの設置により全工事が完了した。
なお、箱根登山鉄道の駅名標やパンフレットでは各駅の標高が示されており、当駅はかつて108mと表記されていた(駅名標写真)が、平成25(2013)年の再調査により96mに訂正されている。

歴史:
明治11(1888)年10月1日 - 軌道線(後の小田原市内線)が湯本へ乗り入れ。
大正8(1919)年6月1日 - 鐵道線湯本 - 強羅間開業に伴い箱根湯本驛開業。軌道線の停留所名も箱根湯本に変更。
昭和10(1935)年10月1日 - 鐵道線小田原駅乗り入れに伴い、用地転用のため軌道線停留所を廃止
昭和25(1950)年8月1日 - 小田急車両乗り入れ開始
昭和57(1982)年7月12日 - 小田急の大型(20メートル車)6両編成乗り入れ開始
平成17(2005)年10月1日 - 特急ロマンスカー座席券の販売が開始され、当駅 - 小田原間のみの乗車が可能になる。
平成18(2006)年3月18日 - 当駅 - 小田原間の営業運転が小田急の車両のみとなる。
平成20(2008)年3月15日 - 当駅 - 小田原間での小田急からの直通列車は特急と4両編成の各駅停車のみとなる。
平成21(2009)年3月14日 - 新駅舎使用開始

駅構造:
島式ホーム・相対式ホームを組み合わせた2面4線の地上駅。改札口は橋上駅舎部にあり、トイレはホームと同一階の南西側の改札内にある。
終日社員配置駅。小田急ロマンスカー特急券うりば、出札窓口、自動券売機、自動改札機、小田急トラベル箱根湯本営業所(主に当日の宿泊案内)設置。またホームには売店、ロマンスカー当日分券売機がある(小田原までの座席券は発車前にホーム係員が発売)。一部時間帯の小田原方面行普通列車を除き、駅員が出発指示合図を出してから列車が発車する。
箱根登山鉄道鉄道線は当駅を境に架線電圧が異なるため(強羅方面が750V、小田原方面が1500V)、当駅構内(入生田駅寄りの三線軌が狭軌と標準軌が分岐したあたり)にデッドセクションが設けてある。ここを箱根登山車両が通過すると一瞬車内が停電する現象が起こる(箱根登山の電車は古くから複電圧仕様である)が、現在デッドセクション区間を通過する営業運転列車は設定されていない。
箱根登山車両の散水タンク(車端部床下にあり、急曲線で線路に散水する)への給水設備が3・4番線間に設けられている。
強羅方面へ向かう列車は、当駅を出発するとすぐに80パーミルの上り勾配にかかる。このため、駅前広場の西側にあるガードは、さほど広い道ではないにもかかわらず、左右で高さが異なっている。

プラットホーム:
1番線 特急ロマンスカー 上り 小田原・新宿方面(一部千代田線方面)
2番線 箱根登山電車 上り 小田原・新宿方面(新宿方面へは小田原で乗り換え)
1・2番線とも運行車両は、小田急車のみ。2番線には4両編成の夜間留置がある。

3番線 箱根登山電車 下り 強羅・早雲山方面(早雲山方面は強羅でケーブルカー乗り換え)
4番線 (臨時ホーム)降車専用、降車終了後列車は入生田車両基地へ回送

2番線・3番線は車止めを挟んで同一線上にある。

バス路線:
国道1号上に湯本駅停留所があり、箱根登山バスや伊豆箱根バスなどが発着する。平成23(2011)年4月から7月までは小田急箱根高速バスの新宿駅行も発着していた。

1番乗り場 宮ノ下・小涌園・元箱根経由 関所跡・箱根町行(伊豆箱根)
      (1日1本のみ湯の花ホテル経由あり)
      宮ノ下・小涌園・元箱根経由 箱根園行(伊豆箱根)(1日2本のみ)
      宮ノ下・小涌園・早雲山経由 湖尻・箱根園行(伊豆箱根)(昼間は大涌谷経由)
      PrinceExpress 箱根芦ノ湖行き
              品川プリンスホテル・池袋駅・大宮駅経由 大宮営業所行(西武観光バス)

2番乗り場 旧街道経由 上畑宿・元箱根港行(箱根登山)
      箱根新道・箱根町経由 元箱根港行(箱根登山)(土曜・休日3本のみ)
3番乗り場 宮ノ下・小涌園・元箱根港経由 箱根町行(箱根登山)(平日1本のみ芦の湯旧道経由)
      御殿場プレミアム・アウトレット行(箱根登山)
4番乗り場 宮ノ下・宮城野・仙石経由 仙石案内所・桃源台・湖尻行(箱根登山)
      宮ノ下・宮城野・仙石経由 乙女峠・御殿場駅行(箱根登山)(土曜・休日2本のみ)
      空港連絡バス 横浜駅・羽田空港行(小田急箱根高速バス・京浜急行バス)
5番乗り場 小田原駅東口行(箱根登山・伊豆箱根)


(参考資料:Wikipédia 平成27(2015)年11月23日更新)
[PR]
by fbox12 | 2015-12-10 11:55 | 鉄道・バス