fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

154・155 本郷三丁目(ほんごうさんちょうめ)駅(東京メトロ・丸ノ内線/都営・大江戸線)

a0057057_15144246.png所在地:東京都文京区本郷二丁目39-1(東京メトロ)
    東京都文京区本郷二丁目40-8(東京都交通局)
所属・路線:東京地下鉄株式会社・丸ノ内線
      東京都交通局・都営地下鉄大江戸線
駅番号:M21(メトロ)
    E08(都営)

a0057057_15513644.png概要:
駅名は、丸ノ内線の駅開業時の町名(本郷三丁目)に由来するが、ホームの東端のごく一部が弓町二丁目に、西端のごく一部が本郷二丁目にかかっていた。昭和40(1965)年にこの地区で住居表示が実施されたことにより駅の所在地とその周辺は本郷二丁目となった。駅の位置が変わった訳ではなく、町域変更により旧本郷三丁目の一部が本郷二丁目となったことによる。
両社局の駅は地下通路で接続されていないため、乗り換えの際は地上に出る必要がある。そのため両線を接続する通路の設置が検討されている。現段階で両線間を乗り換える場合は、隣の後楽園駅(メトロ)・春日駅(都営)での乗り換えが至便である。

歴史:
昭和29(1954)年1月20日 - 帝都高速度交通営団丸ノ内線の駅が本郷三丁目(当時)に開業。初代駅舎は鉄筋コンクリート造平屋建て。
昭和40(1965)年4月1日 - 住居表示の実施により、駅所在地の町名が本郷二丁目となる。
a0057057_15524863.png平成12(2000)年12月12日 - 都営地下鉄大江戸線の駅が開業
平成14年(2002)11月22日 - 丸ノ内線入口の改良工事が終了(駅舎改築)
平成16(2004)年4月1日 - 帝都高速度交通営団民営化に伴い、丸ノ内線の駅は東京メトロの駅となる。

東京地下鉄・本郷三丁目駅
駅構造:
相対式ホーム2面2線を有する地下駅。平成24(2012)年に改築された鉄骨造2階建ての駅舎で改札口は地上にある。改札口は1か所で、改札階と各ホームの中央付近とを連絡するエスカレーター、階段、エレベーターがそれぞれ設置されている。ホームまではさほど深くない。平成18(2006)年にホームドアが設置された。
駅舎の屋根は、たまねぎの皮のようなアーチ型トラスであり、平成14(2002)年に改築された。エスカレーターとエレベータが設置されたのもこの時期である。トイレは地上1階改札口内にあり、多機能トイレも設置されている。

のりば:
1番線 丸ノ内線 東京・銀座・新宿・荻窪方面
2番線 丸ノ内線 後楽園・池袋方面

都営地下鉄・本郷三丁目駅
駅構造:
島式ホーム1面2線を有する地下駅。改札口は春日寄りに1か所があるのみだが、ホームと連絡するエスカレーター・階段は2か所設置されている。ホームと連絡するエレベーターは中間部に設置されている。
駅舎と改札口は地下にあるが、地上への出口は数か所もあり複雑な上、地上までの距離もある。
かつては、5番出口(上写真)への通路の途中にお忘れ物センターが設置されていたが、春日駅前の交通局春日庁舎1階に移転した。

のりば:
1番線 都営大江戸線 飯田橋・新宿西口・都庁前方面
2番線 都営大江戸線 上野御徒町・両国・大門方面


バス路線:
本郷三丁目駅前(旧:本郷三丁目)
 春日通り上
  都02系統:錦糸町駅/大塚駅行
  上69系統:上野公園行/小滝橋車庫行
 本郷通り上
  東43系統:荒川土手行、江北駅行/東京駅丸の内北口行
  茶51系統:駒込駅南口行/御茶ノ水駅行、秋葉原駅行


(以上、記事内容 Wikipedia:平成27(2015)年9月3日更新から)
[PR]
by fbox12 | 2015-09-09 15:53 | 鉄道・バス