fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

東京メトロ 05系電車(東京地下鉄株式会社 05系電車)

a0057057_9431586.png概要:
東京メトロ(東京地下鉄)05系電車は、昭和63(1988)年11月16日より当時の帝都高速度交通営団(営団)が東西線用に投入した通勤形電車で、平成16(2004)年4月の営団民営化にともない、東京メトロに継承された。当初投入された東西線だけでなく、平成26(2014)年4月28日からは千代田線北綾瀬支線(綾瀬駅 - 北綾瀬駅間)でも運用されている。

昭和63(1988)年に東西線の輸送力増強及び5000系電車を置き換えるために登場し、幾度の仕様変更を経ながら平成16(2004)年度までに10両編成43本(430両)が製造された。長さ20m・片側4扉のアルミニウム製車体を持つ。車体には東西線用については同線のラインカラーであるスカイブルーの帯をメインに、アクセントとしてホワイトとダークブルーの帯を配している。一方、千代田線北綾瀬支線用については同線本線の16000系に準じたグリーンとホワイトの帯を配する。

05系の車両数は平成6(1994)年を以て5000系を上回っている。当初、東西線の車両冷房化はすべて05系の新製で対応する予定であったが、同線は車両数が多く更新完了までの期間が長くなることが予想された。このため、5000系に対しても冷房化改造をはじめとした延命工事を行い、最終的に同系列の置き換えは平成19(2007)年となった。

また、計画では平成17(2005)年度に最終編成として10両編成4本(40両)を新製し、最後まで残存する5000系をすべて置き換える計画であったが、有楽町線・副都心線用の新型車両10000系の投入による計画の変更で07系が転入することとなり、05系の増備は中止された。また、東西線の混雑緩和・遅延防止を目的として平成22(2010)年度から翌23(2011)年度にかけて導入されたワイドドア車体の新型車両15000系も当初は本系列の第14次車として計画されていたが、10000系の仕様を取り入れたことによる仕様の変更で新系列となる15000系として製造された。
15000系の導入により、本系列の第01 - 13編成は運用を離脱し、置き換えが実施された。このうち一部車両は廃車され、また第01・03・06・13編成の4本については3両編成への短縮などの転籍改造を施工の上で、千代田線北綾瀬支線用へと転用されている。

05系は16年間にわたって製造されており、また途中での仕様の変更も多い(同じ仕様で続けて3年間製造されたことがない)。
(上写真は、通称05N系:9次車第28編成)

初期車の廃車
平成21(2009)年度末から23(2011)年度にかけてワイドドアの15000系を13編成導入し、本系列の第01 - 13編成は順次運用を離脱し、置き換えられた(東西線内での営業運転を終了)。上述の通り、第01・03・06・13編成は東西線での運用終了後、3両編成化改造のうえ千代田線北綾瀬支線に転用した。
第02・04・05・07 - 10・12編成は除籍後に海外事業者へ譲渡されている 。
(第02・07 - 10編成は、平成22(2010)年中にインドネシアのPT KAI Commuter Jabodetabekへと譲渡され、4M4Tの8両で運用されている)。

(以上、記事内容 Wikipédia:平成27(2015)年7月24日更新から)
[PR]
by fbox12 | 2015-08-22 09:43 | 鉄道・バス