fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

133 鶴見小野(つるみおの)駅(JR東日本・鶴見線)

a0057057_2044794.jpg

a0057057_2091486.pnga0057057_209439.png

所在地:神奈川県横浜市鶴見区小野町24
所属・路線:東日本旅客鉄道株式会社・鶴見線

歴史:
昭和11(1936)年12月8日 - 鶴見臨港鐵道の工業学校前停留場として開業(旅客営業のみ)。
昭和18(1943)年7月1日 - 鶴見臨港鐵道線が国有化。同時に駅に昇格、鶴見小野駅に改称。
昭和46(1971)年3月1日 - 無人駅化。
昭和62(1987)年4月1日 - 国鉄分割民営化に伴いJR東日本の駅となる。
平成14(2002)年3月22日 - ICカードSuica供用開始。

駅構造:
a0057057_20201457.png相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。踏切に隣接していて、上りと下りで別の駅舎が使用されており(上写真左:下り側、右:上り側)、構内で互いのホームを行き来することはできない。無人駅となっているが、鶴見線営業所員が不定期に改札業務を行っていることがある。簡易Suica改札機設置駅。
JRの特定都区市内制度における「横浜市内」の駅である。

のりば:
東側 鶴見線下り 扇町・海芝浦・大川方面
西側    上り 鶴見方面


路線バス:
 小野町(徒歩8分)
  川崎鶴見臨港バス <鶴08> 鶴見駅東口(汐鶴橋経由)
           <鶴08> ふれーゆ

駅名の由来:
所在地である小野町から採った名前。小野町の名前の由来は江戸時代末期より明治初期にかけて地元の名主である小野高義・鱗之助親子がこの一帯を埋め立てて新田開発を行い、小野新田と名付けられた事による。当時既に中央本線に小野駅が存在したため、区別として「鶴見」を冠している。

(以上、記事内容 Wikipedia:平成27(2015)年2月17日更新に写真説明等追加)
[PR]
by fbox12 | 2015-06-29 20:04 | 鉄道・バス