fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

130 東静岡(ひがししずおか)駅 (JR東海)

a0057057_17384926.jpg

a0057057_19593188.pnga0057057_19515273.png

所在地:静岡県静岡市葵区長沼584-2
所属・路線:東海旅客鉄道株式会社・東海道本線

概要:
東海道線に並行してすぐ脇を東海道新幹線が通過する。また、駅の傍らに東海道新幹線の柚木留置線及び柚木保守基地、西方に静岡車両区がある。
同地には昭和42(1967)年より貨物駅の日本国有鉄道東静岡駅(平成5(1993)年、静岡貨物駅に改称、約1km東京方に移転)が置かれていた。その移転縮小に伴う跡地再開発「東静岡地区新都市拠点整備事業」の一環として、旅客駅である当駅が開設された。
現在は南口、北口周辺の再開発が進められている。駅西側に架けられる南幹線と国道1号を結ぶ陸橋の建設は、その一環である。空き地が目立っている現状であるが、区画整理による立ち退きが行われたためである。高層(タワー)マンションの建設・宅地分譲ほか、急ピッチで開発が進行中である。平成25(2013)年4月12日、MARK IS 静岡が開業した。
まちづくり三法により郊外への大型店出店が規制される中、駅前かつ道路事情も良い纏まった開発余地が残されている東静岡地区は開発業者の注目を集めており、上記の商業施設計画などにより全国的にも珍しい商業地の地価上昇地区となっている。
ただ、空き地の中には、静岡県が所有する土地と、静岡市が所有する土地とがあり、統一的な開発ができないという、側面もある。

歴史:
平成10(1998)年10月30日 - 東海旅客鉄道(JR東海)により、東海道本線静岡貨物駅と静岡駅の間に新設開業
平成11(1999)年3月13日 - 静岡県コンベンションアーツセンター(グランシップ)オープン。
平成20(2008)年3月1日 - TOICAのサービス開始。


駅構造:
旧東静岡貨物駅の再開発地域に建設されている。操車場を廃して貨物駅としての機能を東側に移し、下り本線を上り本線側に寄せている為、ホームが静岡駅側に向かってすぼまった形状となっている。本屋側のホームは幅が大きく取られており、隣接する静岡県コンベンションアーツセンター(グランシップ)でのイベント等開催時の混雑にも対応できるようになっている。トイレは、改札口を入った先の南側及び、南口、北口の階段下にバリアフリー対応の施設が設けられている。

島式ホーム1面2線を有する地上駅。駅の南北を東海道新幹線を跨いでつなぐ橋上駅舎を備える。構内北口の南北自由通路にオートウォーク(動く歩道)がある。この南北自由通路は深夜は閉鎖され、通行する事は出来ない。また自転車の通行も禁止されている。
東海交通事業の職員が業務を担当する業務委託駅で、静岡駅が当駅を管理している。みどりの窓口・エクスプレス券売機が設置されている。

のりば:
1番線 東海道本線 上り 沼津・熱海方面
2番線 東海道本線 下り 静岡・浜松方面

バス路線:
北口
 高速バス
  富士急山梨バス・近鉄バスフジヤマライナー 京都・大阪行(夜行)
  富士急山梨バス 金沢・小松~河口湖・富士急ハイランド線 金沢駅前行(夜行)※不定期運行
  富士急山梨バス・西日本鉄道 博多・フジヤマExpress 北九州・福岡・博多行(夜行)
 路線バス
  しずてつジャストライン 国道東静岡清水線(東静岡駅ー清水駅)

a0057057_17392596.png南口
 高速バス 
  ジェイアール東海バス・京王バス東 渋谷・新宿ライナー静岡号 渋谷・新宿行
  WILLER EXPRESS西日本 WILLER EXPRESS 京都・大阪行(夜行)
 路線バス
  しずてつジャストライン 東静岡静大線
              県立美術館線
              日本平線


(参考記事:Wikioedia 平成27(2015)年5月12日更新)
[PR]
by fbox12 | 2015-06-05 17:43 | 鉄道・バス