fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

10(AB10)形蓄電池機関車

10形蓄電池機関車は、昭和2(1927)年に日本国有鉄道(国鉄)の前身である鐵道省が2両製造した同省唯一の蓄電池機関車である。翌、昭和3(1928)年に実施された車両称号規程の改正により形式がAB10形となり、10→AB101、11→AB102に改番されている。さらに、昭和6(1931)年に直流電気機関車に改造され、EB10形となった。

昭和2(1927)年に東北本線の貨物支線(通称、須賀線)として開業した王子 - 須賀間 2.5km、および王子 - 下十条(現在の北王子)間 1.2kmで使用するために製造された。須賀線は全線が東京市王子區(現在の東京都北区)にあり、須賀駅で大日本人造肥料(後の日産化学工業)などの側線と接続していたが、途中には陸軍の火薬製造工場があり、その側線も接続していた。
蓄電池機関車を導入した理由としては、架線と集電装置の間に生じたスパークによる引火の危険性を考慮したことや、線路が王子電気軌道(のちの東京都電)と平面交差していたためといわれるが、結局、須賀線は昭和6(1931)年には電化され、AB10形も電気機関車に改造された。
新製時の製造所は、機械部分を滊車製造、電気部分を芝浦製作所が担当している。蓄電池は湯淺製作所製造のものを使用した。また充電のため田端機関区構内に安川電機製の電動発電機が設置された。

構造:
中央に運転室、前後のボンネットに機械室を置いた構成で、形状は国鉄の電気機関車としては珍しい凸形である。 前後の機械室部分には蓄電池をそれぞれ72個、計144個置き、一方に空気圧縮機、他方に制御器を置いた。足回りは板ばねの2軸台車で、貨車の台車を強化した様なものである。台車の前後左右に計4個、砂箱が配置されている。
制御器のノッチは1 - 5ノッチが電動機直列・電池並列、6 - 8ノッチが電動機並列・電池並列、9 - 12ノッチが電動機並列・電池直列の順で、電力を有効に用いるため段数を多くとっている。

主要諸元:
全長×全幅×全高:8200×2870×3975 mm
軸配置:Ao-Ao
運転整備重量:30.51t
最大軸重:15.31/15.20t
電気方式:直流300V蓄電池・容量300Ah
1時間定格出力:125kW
1時間定格引張力:2400kg
1時間定格速度:20km/h
主電動機:MT22A×2
動力伝達装置:1段歯車減速、ツリカケ式
歯車比:17:72=1:4.23
最高運転速度:40km/h
制御方式:非重連、単式
制御装置:電磁空気単位スイッチ式
制御回路電圧:100V
ブレーキ装置:入換用空気ブレーキ、電気ブレーキ
連続運転距離: 8.3km

模型:
a0057057_2022100.jpg車両ファイル№002
形式:10
車号:10
仕様:
原メーカー:ワールド工芸(品番: )
改造整備:省略


(以上、記事内容 Wikipedia:平成27年1月15日更新から)
[PR]
by fbox12 | 2015-04-18 20:46 | 鉄道・バス