fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

95 西岐阜(にしぎふ)駅 (JR東海・東海道本線)

a0057057_18593634.jpg


a0057057_18595320.pnga0057057_1901165.png

所在地:岐阜県岐阜市市橋四丁目14-20
所属・路線:東海旅客鉄道株式会社・東海道本線

歴史:
昭和61(1986)年11月1日 - 国鉄東海道本線に新設開業。
昭和62(1987)年4月1日 - 国鉄分割民営化により東海旅客鉄道(JR東海)が継承。
平成11(1999)年12月4日 - ダイヤ改正によりすべての快速系列の列車が停車(これ以前は殆どの普通列車が大垣駅発着だったため、新快速、快速は停車せず、普通列車と下りの夜行快速ムーンライトながらのみの停車だった)。
平成18(2006)年9月23日 - エレベータ2基設置、供用開始。
 11月25日 - TOICA導入。

駅構造:
島式ホーム1面2線を有する地上駅。橋上駅舎を備え、高架橋(市道薮田精華線)上に出入口があり、南駅前広場・北駅前広場に降りることができる。
東海交通事業の職員が業務を担当する業務委託駅で、岐阜駅が当駅を管理している。駅舎内部にはみどりの窓口や自動改札機、自動券売機などが置かれている。TOICAおよび提携ICカードが利用できる。

のりば:
1番線 東海道本線下り大垣・米原方面
2番線 東海道本線上り岐阜・名古屋方面

他の交通機関:
駅前広場にはタクシー乗り場がある他、かつては各施設を結ぶ無料バス(ふれあいバス)が運行されていたが、平成23(2011)年3月31日をもって営業を終了し、以降は地区内を回るコミュニティバス(西ぎふ・くるくるバス)のみが運行されている(タイトル写真)。なお駅玄関すぐ西の陸橋上に岐阜バスのバス停があったが平成24(2012)年3月31日の路線廃止により、消滅している。駅北側の東口広場から岐阜駅方面のバスが1日数本発車している。
平成19(2007)年5月8日より、西岐阜駅〜岐阜大学・大学病院に岐阜大学スクールバスが運行開始。運賃は学生が120円、大学職員、病院通院者が200円。大学、病院内で発売される10枚綴りの回数券のみでの乗車。現金、バスカード(岐阜バスのICカード乗車券ayucaを含む)等の使用はできない。

(以上、記事内容 Wikipedia:平成27年2月25日更新から)
[PR]
by fbox12 | 2015-03-14 19:01 | 鉄道・バス