fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

93 荒尾(あらお)駅 (JR東海・東海道本線美濃赤坂支線)

a0057057_20555988.jpg


a0057057_20565721.pnga0057057_2057337.png

所在地:岐阜県大垣市荒尾町1468
所属・路線:東海旅客鉄道株式会社・東海道本線(美濃赤坂支線)

この駅の所属する線は、東海道本線であるが、通称、美濃赤坂支線と呼ばれる。インターネットのJR東海・東海道線下り方面の終着となる行き先には米原と共に美濃赤坂と表示される場合がある。

駅構造:
a0057057_2112781.png単式ホーム1面1線を有する地上駅。大垣駅管理の無人駅である(東海道線内の無人駅は、当駅以外に隣の美濃赤坂駅と根府川駅のみ)。駅舎はなく、ホーム上に待合所が設置されている。TOICA利用対象駅からは外されており、特に改良される予定もない。自動券売機・スロープも設置されていない。ワンマン運転を行っていない列車は、当駅に電車が着くと車掌が切符を発券・回収する。ワンマン運転を行っている列車は乗車時に整理券を取る必要がある。当駅で下車する際は乗車券または運賃を運賃箱に入れる必要がある。

利用状況:
通勤客は岐阜・名古屋方面が多く、かつて静岡行きが停車していた(静岡近辺からも美濃赤坂行きがあった)。
昭和45(1960)年ころは、上り7時台の電車は荒尾駅でほぼ満席であった。かつては大垣市西部、当時の不破郡赤坂町近辺の重要な足であったが、車の普及とともに美濃赤坂線の利用は少なくなっている。
当駅終着の乗車券上には(東)荒尾という表示がされる。これは、熊本県荒尾市にある九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線の荒尾駅と区別するためである。

駅周辺:
a0057057_2191182.pngバスの停留所として約100メートル離れた地点に御首神社前停留所がある(右写真が御首神社)が、大垣駅へ行くのには荒尾駅から電車を利用したほうがはるかに早い。周辺の住宅景観は昭和30年代からさほど変化していないが、駅南側のかつての田園地帯には東海環状道大垣西インターチェンジが完成し、大きく景観が変わっている。駅すぐ横には、大垣市立宇留生小学校(タイトル写真左側)がある。

歴史:
昭和5(1930)年12月1日 - 東海道本線の南荒尾信号場(以下参照) - 美濃赤坂駅の間に新設開業。旅客営業のみ。
昭和62(1987)年4月1日 - 国鉄分割民営化により、東海旅客鉄道(JR東海)の駅となる。
平成23(2011)年10月 - ワンマン運転対応のためのミラー、乗車指標などが設置される。
平成24(2012)年3月17日 - 朝や最終列車などを除き、ワンマン運転となる。

(以上、記事内容 Wikipedia:平成27年1月21日更新から)


94 南荒尾(みなみあらお)信号場
a0057057_20563371.png所在地:岐阜県大垣市熊野町
所属・路線:東海旅客鉄道株式会社・東海道本線(大垣 - 垂井・荒尾間)

大垣駅より東海道線下り垂井駅方向約3.1kmにある信号場である。
本信号場から垂井駅方向に、垂井線・下り本線・上り本線・東海道本線支線(通称:美濃赤坂支線)を分岐している(写真は、美濃赤坂発上り電車車内からで、上記の反対方向)。
垂井駅・関ヶ原駅方面は立体交差であるが、美濃赤坂駅方面に向かう列車は、一旦、本線上り線を横断する(写真2つ目のポイントが上り本線、その先に下り線本線から分れるポイントがある)。

路線解説:
下り本線は、本信号場から関ヶ原駅までの間に存在する最大25パーミル(25/1000)の上り勾配を回避するため、昭和19(1944)年に開業した迂回線(新垂井駅(廃止)経由・最大勾配10パーミル)に切り換えられ、旧下り線の線路は第二次大戦中の鋼材確保を理由に撤去された。
垂井線(通称)はその撤去された旧下り線を、昭和21(1946)年に別線(本信号場 - 垂井駅間は下り専用、垂井駅 - 関ヶ原駅間は上下双方向に運転可能な単線)として復活させたものである(写真の右側で外側に分かれている線)。
この区間の下り列車は、普通列車は垂井駅に停車する必要があるため垂井線経由で運転され、垂井駅に停車する必要のない特急列車や勾配緩和が必要な貨物列車は下り本線(迂回線、写真右側で分かれている線で、電車のワイパー側)経由で運転される。また、関ケ原駅始発の上り列車も、大垣車両区から下り本線経由で回送されている。

歴史:
大正8(1918)年4月25日 - 内閣鐵道院東海道本線の大垣 - 垂井間に荒尾聯絡所開設。
 8月1日 - 美濃赤坂(支)線が開通。
大正11(1922)年4月1日 - 荒尾信号場に改称。
昭和5(1930)年12月1日 - 荒尾駅開業に伴い、南荒尾信号場に改称。
昭和19(1944)年10月11日 - 新垂井駅経由の(新)下り本線が開通。
昭和62(1987)年4月1日 - 国鉄分割民営化により、JR東海の施設となる。

(以上、記事内容 Wikipedia:平成26年8月3日更新から)
[PR]
by fbox12 | 2015-03-09 21:17 | 鉄道・バス