fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

第貮拾八 東雲神社(静岡東照宮) 静岡県静岡市葵区鎮座

a0057057_2016832.jpg

a0057057_20311311.pnga0057057_2026423.png
a0057057_20191362.png鎮座地:静岡県静岡市葵区丸山町13
祭神:東照公(徳川家康公)、速須佐之男命
社名かな:とううんじんじゃ

由緒:
東雲神社は古くから「丸山の権現さん」として親しまれてきた「東照宮」であります。創建は元和8(1622)年と伝えられ、「駿国雑誌」や「安東村村誌」によれば駿府城内にあった「東照宮」を現在地である府中浅間神社(現静岡浅間神社)の別当、惣持院境内に移したものと伝えられています。
惣持院は明治元(1868)年の神仏分離令により廃寺となりましたが、「東照宮」は明治8(1875)2月18日、村社に列せられ、同33(1900)年、村内にあった「八雲神社」を合祀し「東雲神社」と改称しました。
ほかに、「天神社」「稲荷社」が祀られています。
宝物として寛永20(1643)年三代将軍家光公の武運長久と子孫繁栄を祈願して作られた「東照公御尊像」のほか「慈性親王筆東照宮額」「三十六歌仙額」「駿府城代武田越前守信村奉納釣灯篭」「備前長光作脇差」などがあります。
「丸山」の地名は家康公が大御所として駿府城在城中の慶長年間、鷹狩のためこの地を訪れ、その趣が京の丸山に似ているとして名付けられたものです。
「駿府まちおこし」推進協議会 / 静岡市

社名標の左側は、静岡浅間神社の駐車場。


この神社最寄の駅または停留所:
JR静岡駅または静鉄新静岡駅から、しずてつジャストライン「丸山町」または「浅間神社」下車。


記事:
 投稿:28.5.-2
 調整:29.2.28/29.3.-1
[PR]
by fbox12 | 2017-02-28 15:52 | 神社