fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

22 日枝神社(ひえじんじゃ) 静岡県沼津市鎮座

a0057057_21401659.png

a0057057_22274994.pnga0057057_9435038.pnga0057057_22283485.png
a0057057_21271498.png

a0057057_1091677.pnga0057057_1033506.png
a0057057_8283835.png鎮座地:静岡県沼津市平町7-24
御祭神:大山昨神、大己貴神、大歳神
旧社格:県社

a0057057_1850164.pnga0057057_2141020.png
由緒:
平安の昔、嘉保2(1095)年に美濃守「源氏綱」と延暦寺の衆徒並びに山王の神主との間に葛藤を起こし、関白の二条師通に訴えしが、之を拒絶したことにより、山王の神威が現れ関白は病気を患いて亡くなってしまう。母である北政所は恐れをなして領地であった大岡庄に(滋賀県)大津日吉大社日吉山王の御神霊を分祀して八町八反の田をも寄進して供料に充て謝罪の礼を効されたのが起源であり、これを記した「紙本着色山王霊験記」は昭和2(1927)年国宝に指定されたのち昭和25(1950)年重要文化財として現在に至る。
別名「山王さま」と呼ばれる本社は、明治に至るまで近郷近在22か村の総鎮守の神としてあがめられ、9月24日の御輿渡御は10万石の格式による行列で、壮観であったという。明治6(1873)年に郷社となり、大正15(1926)年には県社に昇格した。藤原氏の創建であるが、国守崇敬の社で武将等の崇敬も特に篤く、照憲皇太后皇后、大正天皇東宮の行啓あり。昭和30(1955)年神宮祭主(北白川房子)、昭和51(1976)年の鎮座880年祭には神宮大宮司(徳川宗敬)が参拝した。殖産治水の神にして崇高なる御利益があり、魔除けよけの神としても広く信仰を集めている。

境内社:
日枝天満宮
a0057057_18513261.png

高尾山穂見神社
a0057057_2095017.pnga0057057_21291119.png
a0057057_20151054.png


この神社最寄の駅・バス停:
JR東海道線沼津駅から伊豆箱根バス・東海バス三島駅方面行き「日吉」下車
[PR]
by fbox12 | 2016-02-23 11:20 | 神社