fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

新幹線0系電車

a0057057_146274.jpga0057057_19164772.png新幹線0系電車は、日本国有鉄道(国鉄)が昭和39(1964)年の東海道新幹線開業用に開発した、初代の営業用新幹線電車である。
同年から昭和61(1986)年まで38次にわたり、改良を重ねつつ総計3,216両が製造された(新旧入れ換えがあったため全車が一時期に揃ったことはない)。世界ではじめて200km/hを超える営業運転を達成し、航空機に範をとった丸みを帯びた先頭形状と、青と白に塗り分けた流線形の外観で、初期の新幹線のイメージを確立した。
開業時から、東海道・山陽新幹線用として足かけ44年にわたって運用されたが、平成20(2008)年11月30日に定期営業運転を終了、同年12月14日のさよなら運転をもって営業運転を終えた。

a0057057_185423.png「0系」と呼ばれることが増えたのは東北・上越新幹線用の200系が落成した昭和55(1980)年頃からのことで、1970年代以前は単に「新幹線電車」(しんかんせんでんしゃ)と呼ばれることが多かった。文献によっては「000系」と呼称していたこともあるが、1970年代以前にも鉄道関係の書籍や雑誌で「0系」と記した例は存在する。

a0057057_13461471.png東海道新幹線開業時は12両編成だったが、昭和45(1970)年に日本万国博覧会(大阪万博)が開催された際、輸送力増強のため16両編成化された。
昭和50(1975)年の山陽新幹線博多開業を控えた49(1974)年からは、食堂車が組み込まれた。
昭和60(1985)年に山陽新幹線開業時に増備された0系を置き換えるため、後継車両として100系が開発されたが、0系の増備は日本国有鉄道(国鉄)が民営化する間際の昭和61(1986)年4月まで続けられた。
1986年に開業当初の最高速度210km/hから220km/hに引き上げられ、一部機器に改良が加えられた。

a0057057_1137777.png平成11(1999)年9月18日の「こだま」473号(YK8編成:左写真の22形は別の編成)が東海道区間における最後の定期運用を終え、0系は東海道新幹線から完全に撤退した。
さらに、平成20(2008)年11月30日に岡山発博多行きの「こだま」659号(R68編成)をもって、0系の定期運用を終了。同年12月6日、13日、14日に新大阪 - 博多間にて「ひかり号」として「0系さよなら運転」が行われ、12月14日の臨時「ひかり」347号(R61編成)をもって営業運転を終了した。その後は全車が廃車され、車種としては廃止された。
平成13(2001)年にはイギリス・ヨークの国立鉄道博物館に先頭車1両(22-141)が西日本旅客鉄道(JR西日本)によって寄贈されている。平成19(2007)年8月にはYS-11などとともに機械遺産として認定された。

(以上記事内:Wikipedia-26.8.12更新から)

下り方先頭車21形:
1次車(上模型):
開業前の試作車1000形C編成(6両編成)として予定されていた量産車の16、21、22、25(偶数車)、26(奇数車)、35(偶数車)形の6形式で、2次車は12両化のための中間車15、25(奇数車)、26(偶数車、200番台)、35(奇数車)6両。当初は「ひかり」「こだま」とも編成は同じ。
4次車(モノクロ写真):
昭和41(1966)落成のS9編成:こだま号12両編成。大窓車で、行先票枠有。14次車(昭和48(1973)落成:中間車のみ)を組み込み16両化。

上り方先頭車22形:
33次車(カラー写真):
昭和58(1983)年落成の2000番台小窓車。JR東海で最後まで残ったYK編成。
[PR]
by fbox12 | 2014-09-30 13:52 | 鉄道・バス