fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

36 八乙女神社(やおとめじんじゃ) 静岡県三島市鎮座

a0057057_22354988.jpg

a0057057_5103363.jpga0057057_5105554.jpg
a0057057_5203455.jpga0057057_5222746.jpg

a0057057_22414126.jpga0057057_22423192.jpg鎮座地:静岡県三島市徳倉694
御祭神:天鈿女命

由緒:(境内由緒書き及び田方神社誌)
創建は、古代。
社地は、三島市の北方、箱根山の西斜面の高地に位置する。付近より、縄文・弥生の土器・石器等多く出土し、横穴式古墳群等もあるところより察すると、古き時代より地域の産土神・守護神として信仰されて来た聖地であることが窺われる。天正18(1590)年3月、豊臣秀吉の小田原攻略に際し、この地の徳倉城を攻めたとき、社殿は兵火を蒙り、慶長9(1604)年に再建された。その後、延宝・宝暦・天明・文化・文政・安政等年記の棟札が残る。
a0057057_1191687.jpg現社殿は、昭和15(1940)2月及び昭和51(1976)年12月の二度の社殿炎上の難の後、昭和53(1978)10月、鉄筋コンクリート造銅板葺をもって竣工した。
祭神が女神であるところから、安産の神、芸能の神として深い信仰をあつめている。
近年、近郊に住宅団地が建設され、氏子の戸数は二千を超えている。

境内社:
a0057057_22494937.jpga0057057_22574136.jpg

八幡大神、諏訪明神、稲荷宮、山之神二社、天満天神、牛頭天王(津島社)、宮川社(水神宮)、金毘羅権現

a0057057_10592180.jpga0057057_1059476.jpg文政6(1823)年と刻まれた手水鉢(右)

a0057057_9514021.jpgこの神社最寄の駅・バス停:
JR・伊豆箱根鉄道三島駅(南口)から三島市自主運行バス きたうえ号・「(22)八乙女神社下」

[PR]
by fbox12 | 2016-06-06 21:11 | 神社