fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

23 浅間神社(せんげんじんじゃ) 静岡県三島市鎮座

a0057057_1630773.jpg

a0057057_16573749.jpga0057057_1718286.jpg

a0057057_21123687.jpga0057057_1814897.jpg

鎮座地:静岡県三島市芝本町6-3
御祭神:(主神)木花開耶姫命、波布比売命
 (配祀神)瓊々杵命、火明命、火蘭隆命、彦火々出見命
社殿:本殿流造、拝殿入母屋造

由緒:
古くは、三嶋大社の別宮で、神階正五位を授けられ、三嶋大社に次ぐ名社だった。延喜式に二宮波布比売神社とあり、三嶋大社の祭神大山祇命の妃波布比売命を祀っている。元は、伊豆大島波浮港にあって、郷社波布比咩命神社と称した。
1万4千年前の富士山大噴火の際、この神社の場所で溶岩の流れが止まったことから、岩留(止)浅間とも言われる。
a0057057_21394476.jpgここの場所から湧き出していた水は、富士山の雪解け水で、三島の水源ともなっていたが、現在は湧いていない。
富士講が賑わいを見せていた当時、富士登山をする三島・伊豆地方の人間は必ず立ち寄り安全を祈って富士山へ出発したと伝えられる。大山祇命と波布比売命の姫神木花開耶姫命を主祭神として併せ祀るようになった。

a0057057_1925894.png拝殿階段手前には950×650mmの「溶岩塚の赤ちゃん」と呼ばれる小さな溶岩の塊がある(写真○印)。

a0057057_2158798.jpg



境内社:
a0057057_2142250.jpg23-1 芝岡神社(しばおかじんじゃ)
鎮座地:浅間神社西側
御祭神:高産霊神

由緒:
元本陣世古六太夫の邸内に祀られていたが、明治4(1871)年に芝町の氏神として祀った。
村社の頃、明治10(1877)年3月三嶋宿の大火により類焼し、12(1879)年に復興した。
昭和27(1952)年7月に浅間神社に合併し、社殿とともに現鎮座地に遷座した。

a0057057_20423433.jpga0057057_20115345.jpg

この神社最寄の駅・バス停:
 JR東海道新幹線・東海道線、伊豆箱根鉄道駿豆線三島駅(バス停は、「楽寿園前」)

(記事内容:田方神社誌、浅間神社にあったパンフレット他から)
[PR]
by fbox12 | 2016-02-24 20:25 | 神社