fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

C58形蒸気機関車

a0057057_8115072.jpg国鉄C58形蒸気機関車は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鐵道省(昭和18(1943)年11月1日から昭和20(1945)年5月19日までは運輸通信省、それ以降製造終了まで運輸省)が導入した蒸気機関車である。

ローカル線用の客貨兼用過熱式テンダー式蒸気機関車で、8620形の速度9600形の牽引力を兼ね備えた共通の後継機として設計され、昭和13(1938)年から同22(1947)年にかけて、汽車製造と川崎車輛の2社で431両(国鉄向け427両(樺太廰鐵道向け14両含む)、天塩鉄道・三井芦別鉄道向け各2両)が製造された。本形式は、不評だったC50形の代機とされたことと、戦時中9600形が大量(251両)に供出されたこともあって、増備は急ピッチで進められた。愛称はシゴハチ。

国鉄のテンダー式蒸気機関車では唯一の2-6-2(1C1。「プレーリー」)型車軸配置を採用している。形態的には、煙室上部の煙突の前に装備された給水暖め装置(「エコノマイザ」と言われ、ボイラ本体から出る、まだ充分温度の高い燃焼ガスを利用して給水の温度を少しでも上げておく装置)など、D51形量産型に似ている。
国鉄の蒸気機関車としては、初めて密閉型の運転室が採用され、床部後方に延長して炭水車に接する部分に扉を設けている。一番動揺の激しい炭水車との接続部が床になったことで、機関助士の労働環境は大きく改善されたが、温暖な九州では扉を外して使用したものもあった。

太平洋戦争の戦況悪化により、戦前・戦中の製造は昭和18(1943)年発注分で中止された(戦時中は、D51形などのような木製デフレクター(除煙板)やカマボコ型のドームを装備したいわゆる戦時型は製造されなかった)。陸軍からは250両の拠出命令を受け、実際に第一陣として太平洋戦争中の昭和19(1944)年には、50両が軍に供出されることになり、6月から11月にかけて省の工機部(工場)で1m軌間(日本国内は、1,067mm)に改軌され、実際に25両が南方に送られた。使用地はマライといわれるが、定かではない。この時期には、日本軍は既に制海権を失っており、そのほとんどが輸送中に沈没したといわれている。戦後、タイ国有鉄道において、4両が使用されているのが確認されている。当地では、軸重が大きすぎ、構内入換用以外の使途がなかったようである。未発送となった25両は復元され国鉄に復帰した。
戦後は昭和21(1946)年から製造が再開された。戦後製造分(C58 383以降)は、ボイラー径の拡大(1,364mm → 1,396mm)、炭水車を6-17型(石炭6t・水17t)から10-20型(石炭10t・水20t)型に拡大、無台枠の船底型に変更、台車の変更(軸ばね形プレート式 → まくらばね形鋳鋼製)とするなどの設計変更が行われている。
戦後の新造が落ち着いた昭和23(1948)年7月1日時点で本形式は388両が在籍した。鉄道局別の配置は、札幌36両、仙台75両、東京60両、名古屋43両、大阪72両、広島51両、四国32両、門司19両であった。
お召し列車牽引にも何度も抜擢されたことがあり、安定した扱いやすい機関車であったことはここからも読み取れる。ただし、高速性能については難があり、紀勢本線での準急列車牽引時では乗務員が危険性を感じるほどの動揺を生じたといわれている。

保存機:
客貨両用の万能機ゆえに全国各地で活躍していたことから、梅小路蒸気機関車館をはじめ各地で静態保存されており、そのうちの3両が動態保存とされた。平成26(2014)年現在で、動態保存としての運転が行われているのは2両である。

C58 239(JR東日本)
239号機は昭和15(1940)年6月に川崎車輛(現・川崎重工業車両カンパニー)で新製。名古屋鉄道局に配属。その後、奈良機関区→宮古機関区→盛岡機関区と転属し、昭和48(1973)年5月1日に廃車となり、岩手県盛岡市の岩手県営交通公園(県営運動公園南)にて静態保存された。

JR東日本は、東日本大震災からの観光復興を後押しする目的で、2013年度冬以降の営業運転開始を目指して当機を復元させる予定であることを平成24(2012)年10月に発表した。同年12月4日に復元のために大宮総合車両センターへ向けて陸送され約1年に渡る復元工事を実施。平成25(2013)年12月12日に火入れ式が実施され、廃車以来41年ぶりに当機のボイラーに火が灯された後、翌週の12月20日から数日間に渡って構内試運転が行われた。平成26(2014)年1月6日に盛岡車両センター所属として車籍復帰し、翌7日に同所を出場した。

C58 363(秩父鉄道)
363号機は昭和19(1944)年2月19日に川崎車輛(現・川崎重工業車両カンパニー)で新製。釜石機関区(現:釜石線営業所)に配置。その後は仙台機関区(現・仙台総合鉄道部)→長町機関区(現・仙台総合鉄道部)→陸羽東・石巻線管理所(現・小牛田運輸区)→郡山機関区(現・郡山総合車両センター)→新庄機関区(現・新庄運転区)と主に東北地方で運用された。昭和47(1972)年10月2日に累計走行キロ数1,054,826㎞で廃車となり、昭和48(1973)年5月31日から国鉄からの貸与という形で埼玉県北足立郡吹上町(現・鴻巣市)立吹上小学校に展示された。

廃車から15年後、国鉄分割民営化直前の昭和62(1987)年3月6日に、翌年に開催された'88さいたま博覧会の目玉として復活する事が決定し、車籍を復活。同年3月26日に高崎運転所(現・高崎車両センター)に配置され、そのまま東日本旅客鉄道(JR東日本)に承継された。車籍復帰後、大宮工場(現・大宮総合車両センター)や大阪府のサッパボイラでの復元工事を実施し、同年12月26日に工事が完了、同年12月28日付けでJR東日本から除籍され、動態保存を行う秩父鉄道に移籍。昭和63(1988)年3月から同鉄道秩父本線熊谷駅 - 三峰口駅間で「パレオエクスプレス」として運転を開始した。

当初は埼玉県北部観光振興財団の所有であったが、平成12(2000)年に同財団が解散したため一時的に秩父市が所有した後、平成15(2003)年からは秩父鉄道の直接所有となっている。以前はJR東日本の線区でも走行することもあり、上越線ではD51 498との重連運転も実際された。しかし、現在はJR東日本に積極的に貸し出していた先述の財団が解散したことで所有移譲先との使用条件が変わってしまったことやJR線を走行するための最新保安装置が未搭載であることから、近年はJR東日本線区で運転される機会は滅多にない。ただし、定期検査はJR東日本高崎車両センター、重要部検査・全般検査は大宮総合車両センターに委託しており、試運転は上越線高崎 - 渋川・水上間で実施される。
秩父鉄道の所有物ではあるが、同機の区名札はJR東日本高崎車両センターを示す「高」の区名札が使用されている。

C58 1(JR西日本:過去の動態保存機)
梅小路蒸気機関車館にて保存されていた(梅小路蒸気機関車館へ来る前は北見機関区に所属)C58 1が昭和54(1979)年、C57 1とともに山口線にて復活した。時にはC57 1との重連運転も行われた実績もある。昭和55(1980)年6月には、横浜港開港120周年記念事業として、横浜臨港線を走行した。しかし、国鉄末期の財政難や当機のボイラー老朽化による故障の連続発生などの事情から、復活後の最初の全般検査が実施されず昭和59(1984)年正月を最後にSLやまぐち号牽引から撤退した。さらには昭和62(1987)年、梅小路蒸気機関車館保存機整理により車籍も失い、以後静態保存機として現在に至る。静態保存に移行された現在は、お召し列車に指定された際の装飾を施しており、除煙板には金色の鳳凰が描かれた装飾の追加、ランボードに金色の手すりが追加されている。なお、当機は現役時代、一度もお召し列車を牽引した実績を持っていない。よって、当機の場合は、お召し列車の牽引を仮定しての姿(写真)となっている。


樺太廰鐵道C51形:
本形式は、樺太廰鐵道向けに製造された鐵道省C58形の同形機で、昭和16(1941)年から同18(1943)年にかけて14両が製造された。当初はC51形と称したが、後に鐵道省に準じたC58形に改称され、さらに昭和18(1943)年の南樺太の内地化にともなう樺太廰鐵道の鐵道省への編入により、C58 369 - 382となった。昭和18(1943)年製の4両は、樺太廰鐵道が発注したものだが、落成時はすでに鐵道省への移管後となっており、直接鐵道省籍に編入された。形態的には、新製費節減のため給水加熱器を省略しているのが特徴である。
これらは、昭和20(1945)年、日本の敗戦とともにソ連に接収された。その後は、使用中の姿が写真で伝えられるなどしたが、詳細はよくわかっていない。


天塩炭礦鉄道:
天塩鉄道(昭和34(1959)年に天塩炭礦鉄道に改称)開業用として、昭和16(1941)年11月に1, 2の2両が汽車製造で新製(製造番号 2075, 2076)されたものである。樺太廰鐵道向けのものと同様、給水暖め装置は装備していない。それ以外は鐵道省向けのものと同じである。客貨両用として、昭和42(1967)年の廃止まで使用された。

三井芦別鉄道:
三井芦別鉄道が、昭和22(1947)年12月に汽車製造で新製(製造番号 2591, 2592)したもので、C58-1, C58-2の2両が導入された。購入は、同鉄道の地方鉄道移行後の昭和24(1949)年で、汽車製造が見込み生産したものといわれている。形態は、国鉄C58形の戦後製のものと同様であるが、やはり給水暖め装置は装備していない。

(以上、記事内容Wikipedia-26.5.10から)
(34車16)
[PR]
by fbox12 | 2014-07-12 09:44 | 鉄道・バス