fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

岳南鉄道5000系(旧岳南鉄道株式会社5000系電車)

a0057057_9275378.jpg
岳南鉄道5000系電車は岳南鉄道線で使用されていた旧型車両を置き換えるため、昭和56(1981)年に東急から5000系8両の譲渡を受け、制御電動車モハ5000形(モハ5001 - 5004)+制御車クハ5100形(クハ5101 - 5104)の2両編成4本として導入された。

譲渡に当たっては、東急長津田車両工場で改造工事が実施された。先頭車が不足したため、制御車は中間車(デハ5100形・サハ5350形)の先頭車化改造によりまかなわれたものの、新設された運転台および前面形状は制御電動車に準じたものとなっていた。
その他の前面灯の取り替えや小さな改造が行われ、外装は岳南鉄道に移籍して後、同社の在来車に準じたインターナショナルオレンジ地に細い白帯を窓下に巻いた塗装に変更され、通称「赤ガエル」(写真左側)、と呼ばれた。また、運用末期には引退を記念して、モハ5001・クハ5101が東急時代のライトグリーン(通称「青ガエル」:写真右側)へ塗装変更された。

在来の旧型車を一斉に置き換え、岳南鉄道線の旅客用電車は本形式に統一された。これにより、特に電力消費量が著しく改善され、電力会社の契約電力量をワンランク下げることができたというエピソードがある。

長らく岳南鉄道の主力車両として使用されてきたが、老朽化の進行により元京王電鉄3000系を改造した7000形に置き換えられ、平成8(1996)年に定期運用から離脱し、平成18(2006)年には予備編成も除籍されて形式消滅した。その後も長らく解体されず、比奈駅 - 岳南富士岡駅間の貨物ヤードには5001、5003編成が、岳南富士岡駅構内には5002、5004編成の、4編成全てが留置されていた。しかし、雨風にさらされて塗装剥離や腐食が進み、平成20(2008)年の夏に全て解体された。

なお、岳南鉄道株式会社は、現在、岳南電車株式会社に社名変更している。

(記事内容:Wikipedia- 25.2.12更新から)
(写真:岳南富士岡駅)(31車15)

a0057057_12102869.jpg渋谷駅前の東急5001(カットモデル)
[PR]
by fbox12 | 2014-07-10 09:30 | 鉄道・バス