fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

13 (青木)御嶽神社(みたけじんじゃ) 静岡県三島市鎮座

a0057057_14383889.jpg
a0057057_16194255.jpga0057057_16201883.jpg
鎮座地:静岡県三島市青木31
御祭神:大日霊尊(天照大神)、藤代大神他六座、殉国英霊十二柱
社殿:本殿拝殿一宇春日造

由緒:
天正年記の古い石の神像があり、天正18(1590)年縄打帳に「みたたせめん」「正月まつりめん」など御供田を有したほどの神社である。
相殿に藤代大神(藤代神社:字藤之宮)、鎮西八郎為朝(八郎社:字寺畑)、金山彦命(金山社:字青木)、中津少童(なかつわたつみ)命(床浦神社:本社境内)、須佐男尊(八坂神社:本社境内)、倉稲魂命(稲荷社:本社境内)の六柱の神を明治8(1875)年9月合祀した。
大東亜戦争に氏子中より出征し、各方面で散華した英霊を相殿に祀った。
寛永4(1627)年、承応2(1654)年、明治8(1875)年の棟札を伝えている。
a0057057_17495237.jpg昭和40(1965)年2月7日社殿を改築し、その後手水舎、社号標、玉垣等の建設した。
為朝の信仰は八郎様と言って、天下無双の強弓を引き勇神として崇められ、その威力により疱瘡除の願かけする人が多く、祈願と奉賽には小弓を納められた。
沼津市西海岸の漁師層に信仰が厚かった。
a0057057_17502799.jpg境内は青木の森といって広範であったという。県指定天然記念物「親子モッコク」の大木が生えている。
(以上、「田方神社誌」より抜粋)


「増訂豆州志稿」
御嶽明神青木村村社御嶽神社祭神不詳、相殿六座、八郎明神、金山、藤代、床浦、稲荷、八幡
相殿八郎、金山、藤代三座ハ境外ニ、床浦、稲荷、八幡三座ハ境内ニ在リシ共ニ明治八年合祀ス
八郎明神ハ鎮西八郎ノ臣佐野某立ル由祠後ニ石椰ヲ埋ムト云。
[PR]
by fbox12 | 2015-12-21 10:38 | 神社