fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

五所神社(ごしょじんじゃ)

a0057057_2042252.jpg

a0057057_2062616.jpg鎮座地:神奈川県足柄下郡湯河原町宮下359‐2
御祭神:天照大神、天忍穂耳尊、瓊瓊杵尊、彦火々出見尊、鸕鷥草葺不合尊、誉田別尊、素盞鳴尊、伊弉諾尊、伊弉冊尊
御由緒:
社伝によれば、今から千三百年前天智天皇の御代、加賀の住人二見加賀之助重行らの手によってこの地方が開拓されたとき土肥郷(吉浜、鍛冶屋、門川、堀ノ内、宮上、宮下)の総鎮守として、天照大神以下五柱の神霊が鎮座されたと伝えられている。
康平三(1060)年源義家 奥羽征討の際、社家荒井刑部実継神霊の加護により軍功をたて、治承四(1180)年八月源頼朝伊豆より挙兵の時、この地方の豪族土肥次郎實平は一族と共にこれを助けて頼朝の軍を土肥の館に導き、石橋山合戦進発の前夜は社前において盛大な戦勝祈願の護摩をたいたといわれている。以来、a0057057_1535528.jpg藩主、領主、庶民の崇敬特に厚く、長寿長命の神、湯の産土神として今日の繁栄をみている。
a0057057_1701130.jpg

手水舎は龍の口に柄杓を近づけると水が出る。

境内社:湯河原頌徳社、山神社(左写真)a0057057_15455523.jpg

a0057057_2084540.jpg壱鳥居(タイトル下写真):貞享元(1684)年8月建立
(高さ、十二尺五寸)
弐鳥居:文化元(1804)年6月建立
(高さ、八尺九寸)

脇の鳥居
a0057057_16404418.jpga0057057_17531656.jpg

a0057057_16103427.jpg(←)本殿:神奈川県指定重要文化財

a0057057_1643338.jpg五所神社のクスノキ(→)

a0057057_17323359.jpga0057057_17325262.jpg明神の楠
昭和54年4月、湯河原町文化財指定
(道路向かい)


a0057057_182536.jpg交通:JR東海道線湯河原駅から箱根登山バス・伊豆箱根バス不動滝・奥湯河原行き「五所神社」下車
[PR]
by fbox12 | 2014-05-19 20:35 | 神社