fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

日本国有鉄道新幹線941形 車両ファイル№(03-)0007/0008

a0057057_2228284.jpg国鉄新幹線941形は、1000形A編成を塗装はそのままで電気試験車とした後、B編成を電気試験車に改造した際、救援車に再改造されたもので、改造の際、1001に付けられたパンタグラフとドームは撤去され、この時、車体塗色が黄色地に青帯を巻いたいわゆるドクターイエローカラーに、また形式変更もこの時に行われたと思われます。(すなわち、架線試験車の頃の形式は1000形のまま。)
その後、ライトが1灯式から縦型2灯式(0系と同じ)、東京方(写真)の運転台窓の曲面ガラスから4枚平面ガラス化、アンテナ変更、パンタ撤去(1基化)などが再度行われています。
昭和50(1975)年922形とともに浜松工場で解体されました。

a0057057_22475686.jpg模型:Micro Ace(品番:A1154)
2両セットで出ています。この製品も個別の品番はなく、セットの品番のようです。


a0057057_22554281.jpg車両ファイル№(03-)0007
形式:新幹線941
車号:941-1
仕様:
製造:Micro Ace(品番:A1154-セット品番)(中古)
改造整備:

旧1000形A編成の1001で新大阪方の車両です。模型ではやはりこちらが動力車です。
これも大量お里帰りには該当しませんでした。
塗色変更後で、ヘッドライト2灯化後の姿。
もちろん点灯、光頭部が点灯しないのは1000形と全く同じ仕様です。
この車両も改造箇所はなく製品のままで、列車番号用のシールも貼り付けはしていません。(写真上)


車両ファイル№(03-)0008
形式:新幹線941
車号:941-2
仕様:
製造:Micro Ace(品番:A1154-セット品番)(中古)
改造整備:

旧1000形A編成の1002で、2基付いていたパンタは1基になっています。
その他、ライトは2灯化され、前面窓も0系タイプの平ガラスになっています。
こちらは併結の必要がないため、カプラーアダプターは付けていません。
ライトの点灯、シールの貼り付けについては941-1と同じです。(写真下)
[PR]
by fbox12 | 2012-08-07 21:54 | 鉄道・バス