fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

ワラ1形貨車

ワラ1形貨車は、日本国有鉄道(国鉄)が昭和37(1962)年から製作した17t積の貨車(有蓋車)である。

1960年代に漸増していた鉄道貨物輸送に対応するために開発され、汎用の二軸有蓋車ワム60000形の設計を基に、車体を最大限度まで大型化した車両である。昭和41(1966)年までに17,367両(ワラ1,ワラ2,ワラ100 - ワラ17464)が製作された。2軸の汎用有蓋車で従来比2tの増積を可能とし、広汎に使用され貨物列車の輸送力向上に寄与したが、昭和59(1984)年2月1日国鉄ダイヤ改正の貨物輸送体系転換で汎用的な運用が停止され、用途を限って使用された一部の車両も昭和62(1987)年の国鉄分割民営化までに除籍されている。
車体の基本構造はワム60000形を踏襲したもので、外部構造は全溶接の鋼製車体である。車体各部の寸法は二軸車の限界まで拡大され、ワム60000形に比し最大長190mm増(8,040mm)最大幅 101mm増(2,840mm)最大高70mm増(3,770mm)として設計された。床面積は1.3m²増の 17.2m²、内容積は5.1 m³増の43.2 m³ である。
増積を可能とするため各部の軽量化を図り、床板は従来の50mm厚木板を4.5mm厚の鋼板に、室内の内張りは20mm厚の木板から8mm厚の合板に変更している。自重はワム60000形の9.7tから 9.0tに軽減された。
台枠はワム60000形の基本構造を踏襲したもので、軸距を230mm拡大した4,130mmとして走行安定性を確保している。軸受は平軸受、軸バネ(重ね板バネ)の支持機構は2段リンク式である。連結器の緩衝装置は従来の輪バネからゴム緩衝器に変更された。
ブレーキ装置は、補助空気溜 ならびにブレーキシリンダと制御弁(K三動弁)とを一体化したKC形自動空気ブレーキで、国鉄貨車が汎用的に搭載するものである。留置ブレーキは片側の側面に足踏み式のブレーキテコを設ける。最高速度は75km/h である。
国鉄在籍車以外にも、東武鉄道ワラ1形、越後交通ワラ1形など同一設計の車両を製作し、国鉄との直通運用認可を得て各方面に運用した事例があった。外観上、社紋の表示があり、車両番号直下に2本の白線を表示する点が国鉄在籍車と異なる。

(以上、記事内容 Wikipedia:平成25年9月27日更新から)

模型:
a0057057_20292631.jpg車両ファイル№34(仮)
形式:ワラ1
車号:ワラ1234
仕様:
製造:KATO(品番:8025)
改造整備:連結器・・KATOカプラーN他車から流用/SHINKYO連結器(黒)新規:側ブレーキ側

この車両には珍しく(片側だけだが)KATOカプラーNを装着している。
種車がKATOの車だからそれに合わせて・・ではなく、少々込み入った理由がある。

当初、SHINKYO連結器を板状のバネ(KATOのナックルカプラーに付いているもの)で装着するつもりでいたのだが、たまたまバネが見当たず連結器本体だけを装着して様子を見た。しかし、この方法では床板にあいている穴を塞いでいないため、カプラーヘッドが下を向いてしまい水平保持が出来ない。
次に、コイルスプリング(カプラー用スプリング)で代用したが、この方法では逆に連結器が上を向いてしまう格好になり連結ができないのと、手動で連結させても自然開放してしまった。
このため、SHINKYO連結器をあきらめ、他の車両から派生したKATOカプラーNを付けて様子を見たが、原因不明の連結器本体崩壊脱落が発生し、その部分(側ブレーキ側)のみは、若干カプラーヘッドが上を向いてしまうのを承知で再びSHINKYO連結器(コイルスプリング付き)に戻した。

a0057057_22244187.jpg車両ファイル№15(仮)
形式:ワラ1
車号:ワラ6542
仕様:
製造:KATO(品番:8025)
改造整備:SHINKYO連結器(黒)新規・・KATOナックル用板バネ使用

上記のKATOカプラーNが空中分解(本体崩壊)したワラ1234とセットのこの車両は、ナックルカプラーの板バネが見つかって、前後とも当初予定していた方法で何とか収まった。SHINKYO連結器をそのままカプラーポケットに入れるとヘッドが出すぎてしまうため、根元のブロックを(左右)カットし、ポケットの奥へセットできるようにしている。
板バネをⅤ字に折り、その後方へずらした連結器のブロックを包み込むように加工する。
これだけの加工で、水平保持、前後の緩衝、左右の動きに対する復元ができ、一番簡便な方法でかつ、利用価値の高いものになる。
連結器上の床板部分の空きは、板バネを使用することにより下側に戻るため、特に塞いではいない。
[PR]
by fbox12 | 2012-07-05 20:49 | 鉄道・バス