fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

20 京急大津(けいきゅうおおつ)駅 (京急)

a0057057_1692463.jpg

a0057057_22150100.jpga0057057_16112364.png
a0057057_20554787.jpg


所在地:神奈川県横須賀市大津町一丁目11-19
所属・路線:京浜急行電鉄株式会社・本線
駅番号:KK62

概要:
駅舎は古い木造で、内部には自動券売機と自動改札機が設置されているほか、窓口と売店、さらに堀ノ内方にトイレがある。その他、駅構内には金沢文庫保線区大津保線班も置かれている。
周辺は住宅街となっている。埋立てで遠ざかってはいるものの海岸も近く、500mほど北へ進むと大津漁港がある。
駅舎の脇には大津・宿守稲荷社が鎮座する。正徳3(1713)年創建と言われ、祭神は宇迦魂命。京急建設や京浜急行電鉄が奉納した鳥居があるほか、毎年初午に執り行われる祭礼には、当駅の職員も参加するという。また駅の南には、坂本龍馬の妻・楢崎龍の墓があることで知られる信楽寺が所在する。

歴史:
昭和5(1930)年4月1日 - 湘南大津駅として開業
昭和16(1941)年11月1日 - 湘南電氣鐵道と京濱電氣鐵道が合併、京濱電氣鐵道の駅となる。
昭和17(1942)年5月1日 - 京濱電氣鐵道が東京横濱電鉄へ合併。東京急行電鐵(大東急)の駅となる。
昭和23(1948)年6月1日 - 京浜急行電鉄が発足、京浜急行電鉄の駅となる。
昭和38(1963)年11月1日 - 京浜大津駅に改称
昭和62(1987)年6月1日 - 京急大津駅に改称

駅構造:
相対式ホーム2面2線を有する地上駅。駅舎と改札口は1番線の馬堀海岸方にあり、ホーム中ほどに両ホームを連絡する跨線橋がある。駅の馬堀海岸方には京急大津第1踏切がある。かつて、跨線橋の竣工前はホーム浦賀方に構内踏切が存在していた。

のりば:
1番線 本線 下り 浦賀方面
2番線 本線 上り 金沢文庫・横浜・品川・新橋方面

バス路線:
駅に乗り入れるバス路線はないが、徒歩3分ほどの場所に「大津」バス停があり、横須賀駅、堀ノ内駅と市内東部を結ぶ路線が発着する(運行:湘南京急バス堀内営業所)。ただし、これらのバス路線は当駅付近で京急本線と並行しており、列車との乗り継ぎはあまり見られない。
 観音崎線
 立野団地線


(参考資料:Wikipedia 平成27(2015)年11月9日更新)
[PR]
by fbox12 | 2015-12-15 14:50 | 鉄道・バス