fbox12 blog (博物館fbox12 館長の雑記帳)

19 浦賀(うらが)駅 (京急)

a0057057_16565358.jpg


a0057057_22251894.jpga0057057_16595145.png
a0057057_19294660.png


所在地:神奈川県横須賀市浦賀一丁目1-1
所属・路線:京浜急行電鉄株式会社・本線
駅番号:KK64

a0057057_17171540.pnga0057057_1722436.png
概要:
8両編成対応のホーム1面2線を有する駅で、終点のため線路は当駅の構内で途切れている。線路は概ね南北に走り、駅舎はホームの南側に接した高台にあり、通路によって地上と連絡している。昭和32(1957)年以前には地上、つまり現在のバスターミナル部分に設置されていた。 昭和50年代前半まで、駅前の横断歩道を跨ぐコンクリートの鉄橋受跡が存在し、久里浜方面に引込線跡が存在した(現在の駐車場、駐輪場)。 また、現在の京急ストア建設前は有効長の短いホームや留置線が存在し、かつての繁栄時代を残していた。
かつては、当駅より先、久里浜・三崎方面への延伸が計画されていた。しかし、太平洋戦争に際して久里浜への早急な鉄道延伸が求められたとき、その計画は破棄された。浦賀経由ではトンネル掘削に時間を要することなどから堀ノ内駅から別に久里浜線を建設することになった。 尚、地元小学校では当時の住民や商店街が、浦賀駅を途中駅とすると通過する電車が発生する可能性が出るために、猛反対したと社会科の授業等で教えている。
その後本線の堀ノ内駅以南(この浦賀まで)は実質支線扱いとなっており、平日朝ラッシュ時に特急列車が発着する以外、普通列車のみが運行されている。
ホームの列車接近メロディはゴジラが当駅付近の観音崎にある「たたら浜」に上陸したという都市伝説にちなみ、映画『ゴジラ』のメインテーマ(作曲・伊福部昭)を採用している。(実際にはゴジラが上陸したのは北品川駅近くである)

歴史:
昭和5(1930)年4月1日 - 開業
昭和32(1957)年 - 駅舎を築堤上(現在地)に移転

のりば:
1・2番線 本線 横浜・羽田空港・品川・新橋方面

バス路線:
 運行会社:京浜急行バス久里浜営業所・湘南京急バス堀内営業所

駅から通路を降りた所にバスターミナルがある。
1番乗り場(駅出口脇)
 観音崎線(浦2・3、堀25・26系統) - 鴨居・かもめ団地・観音崎方面
2番乗り場(駅出口前の交差点を渡り100m直進)
 浦賀線(久10系統) - 京急久里浜駅・JR久里浜駅方面
 市内線(久19系統) - 長瀬・京急久里浜駅方面
 浦賀丘線(浦5系統) - 高坂小学校上・浦賀丘三丁目公園方面
北方向乗り場(駅出口前の交差点を渡り小学校沿いに300m進む)
 観音崎線(須25、堀25・26系統) - 堀内・横須賀中央駅方面


(参考資料:Wikipédia 平成27(2015)年12月5日更新)
[PR]
by fbox12 | 2016-04-27 16:55 | 鉄道・バス